You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【大学受験】推薦入試の面接必勝ガイド!

 大学受験関連

推薦で絶対に合格を決めたい受験生のための面接必勝ガイド!

推薦を受けるか迷っている高2生も、これを読んで自分にもできそうかどうか考えてみてください。

 

面接の質問はある程度決まっています

準備をどれだけしたかで勝敗が決まると言っても過言ではありません。

今から何を準備すればよいのか、面接官に良い印象に残すコツを教えます!

 

 

面接でよくある質問集

公募推薦 面接 You-学舎

面接でよくある質問をまとめてみました。

志望理由について
  • なぜ本学を志望したのですか?
  • 本学の取り組みで興味のあるものはありますか?
大学入学後や将来について
  • 入学後は何に力を入れたいですか?
  • どんなことを学びたいと思っていますか?
  • 将来どんな仕事をしたいですか?
高校について
  • あなたの高校はどんなところですか?
  • 高校生活で印象に残っていることは何ですか?
  • 高校では何に力を入れていましたか?
あなた自身について
  • 長所と短所を教えてください?
  • 最近気になっているニュースは何ですか?
  • 尊敬する人物はいますか?
基礎学力の確認

たとえば、理系の学部であれば生物・化学・物理いずれかの質問があるかもしれません。

基礎学力の確認ですから、 教科書レベルの内容がわかっていれば大丈夫 です。

 

習っていなくて答えられない場合は、素直に「まだ習っていない範囲だと思うので分かりません」と答えればいいです。

面接練習でチェックしてもらう点

You-学舎 公募推薦 面接

服装

本番と同じ服装で面接練習に挑みましょう

制服ならきちんとジャケットも着て、ボタンも一番上までとめる。

 

上の写真は、ポケットのフタが半分折れていたのを指摘したところです。

汚れがないか?ボタンがとれていないか?襟が折れていないか?

細部まできちんと見てもらいましょう!

 

学校の制服がなくて私服で面接を受ける場合も、どんな服装が良いか相談しておきましょう。

話し方
声の大きさが適切かどうか?

面接会場の大きさが事前にわかることは少ないですが、 面接官に十分に届くような声の大きさで

 

また、大人は元気のいい学生が好きです。

元気さや明るさもあると印象アップ!

 

敬語を正しく使えているかどうか?

さて、次の言葉は何と言うのが適切でしょうか?

僕→?、お父さん→?、そちらの大学→?、行く→?

 

語尾までしっかり言えているか?

文の最後がモゴモゴしてしまうと自信がないように見えますし、話し終わったのかどうか分かりません。

「〜です!」「〜だと思います!」と言い切ること

態度

面接は極度の緊張状態におかれるので、表情が強張ったり、目線が泳いだり、手元や足元がそわそわしたり、髪を触ったり、つい自分のクセが出てしまいます。

自分では気づきにくいので、人に見てもらって指摘してもらいましょう。

リラックスしていこう

公募推薦 You-学舎 面接

面接官も緊張している

面接官だからって神様ではありません。

限られた時間でどんな生徒なのかを把握するために、案外ドキドキしながら面接をしています。

緊張しているのはお互い様だと思えば、少しは気がラクになりませんか?

面接はコミュニケーション

質問に答えたらさらに突っ込まれて、どんどん話が展開していくこともあります。

一問一答のような面接になることもあります。

いずれにしても、面接はコミュニケーションです。

尋問ではありませんから、落ち着いて会話すればいいです。

言葉がつたなくても大丈夫

17歳や18歳のみなさんに、大学生の就活のような完成度はまだ求められていません

多少言い間違えたとしても気にしすぎず。

言い慣れていないムズカシイ言葉を無理に使おうとしなくてもいいです。

言葉がつたなくても、姿勢や態度であなたの意欲は十分伝わるはずです。

 

 

講師

以上、推薦入試の面接 必勝ガイドでした。

本番を迎えるまでに、必ず面接練習をしておきましょう。それでは健闘を祈ります!

 

この記事は てらおか が書きました。

 

吹田市で面接練習をご希望の方は下のボタンから予約してください。

 

RESERVA予約システムから予約する

 

茨木市・京都市でも可能ですのでご相談ください。

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます


【大学受験】どうなる、私大入試。最新情報!

 大学受験関連

ちょうど半年前に、こんな記事を書きました。

【大学受験】私大入試で合格しにくくなったカラクリ

 

ここ2年間の大学入試は、台風並みの大荒れでした。

 

え、そうやったん??という人は、まず上の記事をざっと読んでみてください。

 

この話の続きで、先週出たばかりの最新情報がありますので、お伝えしておきます。

 

 

今年度もさらに大荒れとなる予想だったが・・・

文部科学省は19日までに、私立大が入学定員を1人でも超えた場合、2019年度から助成金を減額するとした罰則強化を当面見送ることを決めた。同省は16年度以降、都市部の大学への学生集中を緩和するため、段階的に罰則を強化してきた。その結果、大学が合格者数を抑制する傾向が顕著になり、倍率は上昇。追加合格が相次ぐなど混乱の原因になっていた。

(日経新聞 2018年9月19日)

簡単に言うと、今年度は「定員を超えたら助成金をカットする!」という罰則はなくなった、ということです。

 

当初の文科省の予定では、

2016年度入試で定員の117%

2017年度入試で定員の114%

2018年度入試で定員の110%

を超えると、「助成金をカットする!」

2019年度入試では定員を1人でも超えたらアウト、というつもりだったんです。

 

年々、厳格化されていたんです。

 

だから、2019年度入試は本当にこれまで以上に厳しいものになると予想されていました。

 

 

混乱の一因となった"追加合格"とは

私立大学にとって、助成金カットは絶対に避けたいところです。だから定員が超えないように、ある工夫をしました。

 

それが"追加合格"です。

一般入試ではギリギリの人数を合格させておいて、後から人数合わせで追加合格をさせるというもの。

 

ですが悪い連鎖が起こりました。

 

有名A大学で、追加合格で合格者を他大学から吸い上げました。すると合格者を奪われた中堅B大学も追加合格をして定員を埋めることになります。それで慌ててC大学もD大学も追加合格を出さざるをえない…という状況になりました。

 

入学の直前で進学先が変わってしまい、学生はバタバタする羽目に。突然関東の大学に入学が決まったとなっても、一人暮らしの準備なんて即座にできるわけではありません。

 

 

2019年度入試はどうなるのか

罰則は見送られたとはいえ、この2年ほどで大量の浪人生が出ています。彼らと戦うわけですから、やはり厳しいことに変わりありません。

 

受験のプロの手を借りて、乗り越えていきましょう。

 

今日も高3生たちが自習に来ています。いい空間。明日は台風が来るから、申し訳ないけれど自習開放は中止になりそうです…。

 

では今日はこのへんで!(^^)

 

 

この記事は てらおか が書きました。