You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【西院教室】生徒に聞いてみた!紫野高校ってどんなとこ?

投稿者:西院教室

前回の記事では、山城高校の行事にフォーカスして、華の高校生活を紹介しました。

今回紹介するのは、紫野高校!自由な雰囲気に定評があるこの高校、内情はいかがでしょうか?

紫野高校に通うFくんにお話を聞いてみました。

 

・自由な校風らしいですね!

思ってたほど自由ではなかった…。宿題はめちゃくちゃ多いし、なんと体育でプールがない!

(昔プールの検査をしたら、悪い菌だらけで授業どころじゃなくなったらしい…?)

いまは西京高からきた先生が厳しいため、今の3年生だけ置き勉がほとんど禁止されてしまった…。

あと、週に2回以上遅刻すると遅刻指導が入ります。

 

・意外な答えが返ってきましたね笑 逆に、紫野高校のいいところってどんなところですか?

まず、部活は盛んです。ソフトテニス部・女子バスケットボール部・体操部の3つの部が京都市の強化部に指定されました!

体育館が2個もあるから、練習はたくさんできます。なんで2個もあるんだろう…?

ちなみに、紫野高校は端から端までの間にかなり高低差があるので、体育館が4階の高さにあります。体育館に行くだけですでに準備運動(笑

 

それから、基本的に行事は生徒会主体です。先生はあまり関わってきません。

 

・紫野高校では、文化祭が3日連続で行われるらしいですね。

そうなんです。夏休み明けからは、4限まで授業したあと、午後は文化祭練習になります

 

文化祭の初日は「フェスティバル」

島津アリーナを貸し切ってやるはずだったけど、今年は台風で使えなかったのでグランドでやりました。

去年までは、1年生は学校の体育館で劇やダンスをしていたけど、今年からは1〜3年生みんなが島津アリーナでダンスとかやるようになりました!

2日目は有志の発表と模擬店です。

毎年楽しいのは、生徒会主催の下克上クイズ!生徒が考えた問題を先生に解かせるイベントです。

ほかにも、のど自慢大会も盛り上がります!

3日目は軽音楽部、体操部の発表などなど。

 

行事そのものも楽しいけど、行事以外にも、たとえば11月11日は特別です。

 

・11月11日といえば、ポッキーの日ですね。

ポッキーの日は制服の日です!

その日はみんな…特に女子は、制服を着てきます。言うても制服着てくるだけやけど笑

とはいえ、別にいつも通りふつうの服を着てきてもいいし、そのへんは自由です。

 

ほかにも、ハロウィンの日はみんなで仮装します。

これも学校行事とかではなくて、昔、生徒が勝手に始めたのが伝統になって、今も続いています。

 

・画像検索してみたら、結構みんな気合入っていますね。ウォーリーや不思議の国のアリス、Google mapのピンまでいる(笑)

昼休みにみんなで中庭に集まって、集合写真を撮るところまでが紫野のハロウィンです。

 

 

・なんだかみんな、学校生活を心から楽しんでいるように見えます。

そうですね、生徒たちはみんな明るくてにぎやかだけど、やかましいわけではないです。

なんというか、節度ある感じ?笑

 

・常識の範囲内で自由に、でも本気で楽しむ校風なんですね。勉強のほうは、特別に面白いことはありますか?

 

1年生の3月頃に、研修旅行があります。

普通科はマレーシアに3泊5日、アカデミア科は2週間くらいオーストラリアに行きます。

オーストラリアには紫野高校の姉妹校"シュバリエカレッジ"があります。

こちらから研修に行くだけでなく、シュバリエカレッジから紫野高校に勉強しにきた留学生との交流もできます!

 

 

 

学校行事以外にも生徒がどんどん行事を創っていくような、噂通りの自由な校風なんですね!

また、海外との交流も盛んということで、高校生活の楽しみ方は無限大のようです。

 

さて、気になる入試についての情報です。

中期入試の倍率は、昨年は1.11でした。それほど高くない気もしますが、今年は普通科の定員が40人減少するので、もしかしたら倍率が大きく変わるかも?

倍率が上がれば合格ラインも上がるので、注意して見ておく必要があります。

 

入試での偏差値は、アカデミア科で前期62、普通科で前期58中期55と、やはり簡単に行ける高校ではありませんが、

普通科は内申点でオール4までいかなくとも努力次第では十分合格の可能性はあります。

アカデミア科は当日点6割、普通科は当日点7割を目安に勉強していきましょう!

 

 

====

 

 

西院教室からのブログは毎週水曜日に更新しています。

次回は西院中学校のテスト攻略法をお送りします。お楽しみに!

 

 

written by 西院教室室長 木村


【茨木教室】10/14(日)五ツ木模試締切間近!

投稿者:茨木教室

10月は五ツ木模試を受験する人も多いと思います。

 

一般的な教室塾内模試と、

会場模試の大きな違いはズバリ当日さながらの臨場感でしょう。

 

(画像は五ツ木模擬試験のHPより転載しております。)

 

 

本番に強い人・弱い人というような言い方があるかもしれませんが、

当日さながらの模擬試験はそれを十分に試してみる貴重な機会でもあります。

 

 

 

私は試験と聞くと、すぐにお腹が痛くなり、

模擬試験当日は朝から何も食べれずに会場へ向かうということをしていました。

ですが、何度か受けるうちにそれもなくなり、

英検や漢検など外部模試も少しずつ怖くなくなったことを思い出しました。

 

 

 

だれでも最初は緊張するものですから、出来るだけ「場慣れ」できる機会をもって

入試本番で嫌な汗をかかないようにしておきましょう。

 

 

 

さて、塾内申込みは締切が明日に迫っています。

受験希望の皆さんは教室まで申し出てくださいね。

 

 

 

受験会場として主な学校は、

 

金光大阪高校【最寄りは、阪急上牧駅です】

薫英女学院高校(女子のみ)【最寄りは、阪急正雀駅・JR岸部駅です】

梅花高校(女子のみ)【最寄りは、阪急豊中駅・モノレール少路駅です】

大阪学院大学高校【最寄りは、阪急正雀駅・JR岸部駅です】

 

等があります。

 

 

 

会場は広いですが、毎年人気の高校は受験会場が満席になります。

希望の学校(将来的に併願しようと考えている学校の場合は特に!)があれば、早めに申し込んでください。

 

 

 

その際、以前五ツ木模試を今年に入ってすでに受験したことのある人は

「F番号」と呼ばれるものがありますので、当日までに忘れず控えておきましょう。

 

 

 

※塾(団体受験)申し込みが終了すると、個人申込のみとなりますので、

受験希望の場合は、明日までに先生に声をかけてくださいね。

 

 

 


【千里山教室】英検優遇制度の活用術

投稿者:千里山教室

最近の入試の英語に関する「あたりまえ」知っていますか?

 

ここ数年、英検が利用できる入試がどんどん増えています。

 

 

夏にカウンセリングをした高校2年生Kくんに対しても、今年度中に英検準2級をとろうと約束しました。

 

戦略はこんな感じです。

2018.10 3級挑戦

2019.1 準2級挑戦

2019.6 見送り(2級に向けて力をつける)

2019.10 2級挑戦

 

中学のころから英語が超苦手だったので、まずは3級からいってみようということで、高1の終わりから準備していました。(ほんとは6月に受けたかったのに申し込みを忘れるというミス...

 

いまでは3級なら合格できそうなレベルにはなっているので、10月ならおそらく大丈夫でしょう。

 

本命の準2級は1月に受けてもらうのですが、1月の英検は一年のうちでもっともチャンスだと踏んでいます。なぜなら、直前に冬休みがあってしっかり勉強時間がとれるから!

6月や10月は学校の試験と時期が近くて、勉強がどっちつかずになってしまいます。

 

 

そもそも、なんでK君が英検を受ける流れになったのかと言えば、大学入試のことがあるからです。

 

理由その1>>最近の大学入試では、「英検○級以上は当日の入試点数80%に読み替え」「英検○級以上は当日の英語試験を免除」といった、お得なことがあるんです!

これが使えるなら、入試当日は英語のことは考えなくていいわけです。他の科目に専念できるなら良いですよね!

ただし、上の条件に使えるのはだいたい2級以上。つまり最低でも2級は必要だということです。

http://search.eiken.or.jp/qualification/result_university.html# このページで、自分の受けたい大学で優遇があるか調べられます。

 

理由その2>>大学入試問題の出題形式と、英検の出題形式は意外と似ています。入試過去問に手をつけるには早いけど、そろそろ慣れておきたいという場合には英検の問題はとても良い練習台になります。

仮に英検を受けなかったとしても、そのための勉強をしていれば、入試にも直結するんです。回り道だと思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

理由その3>>英検に挑戦しておくことは、入試までのモチベーション維持につながります。高校1・2年生にとっては、大学受験なんてまだ先のことなのであまり実感がわきません。よって、「受験のための勉強」に身が入りません。せめて英語だけでも入試で戦えるレベルにしようとしたときに、英検が良いきっかけになります。

 

 

 

つづいて

中学2年Sちゃんのケース。

 

英検にははじめから興味をもってくれていたこともあり、中2になってすぐに3級の勉強を始めました。

3級は中学卒業レベルということもあり、中3までの内容が範囲です。急いで文法の予習をして、単語・熟語の暗記をしてもらいました。

 

結果、3級は危なげなく合格してくれました。

その後の戦略はこんな感じ。

2018.10 見送り(中間試験が近いため)

2019.1   準2級挑戦

2019.6   見送りor2級挑戦

2019.10 2級本命挑戦

 

彼女は学校のテストでも90点以上をとれる実力を持っているので、中3の間に2級をとることを目標にしています。もちろん高校受験を見据えてのことです。

 

理由その1>>最近の高校入試でも、「英検○級以上は当日の入試点数80%に読み替え」「英検○級以上は当日の英語試験を免除」といった、優遇があります。

大阪府公立高校入試の場合、2級⇒80%読み替え 準1級⇒90%読み替え

 

TOEFL iBT

IELTS

英検

読み替え率

※大阪府立高校入学者選抜 教科「英語」

60点

6

準1級

100%

50点

5.5

(対応無し)

90%

40点

5

2級

80%

http://search.eiken.or.jp/qualification/result_high-school.html このページで私立高校の優遇校を調べられます。

ね、受けておいて損はないでしょう。

 

理由その2>>高校入試の英語は、今後もどんどんレベルが上がっていきます。正直、学校の授業を素直に受けているだけで、入試に対応できる実力がつくとは思えません。

だから、自分で英語力を上げていくために英検を利用するんです。学校で英語が80点近くとれているのであれば、どんどん予習して、単語も覚えて、実力をつけていきましょう。

 

理由その3>>英検に挑戦しておくことは、やはり入試までのモチベーション維持につながります。中学1・2年生にとっては、高校受験なんてまだ先のことなのであまり実感がわきません。テストの前しか勉強しない、という人にとっても英検が良いきっかけになります。

 

 

うちに通っている中高生で、英検の勉強をする余裕がありそうな場合は「英検受けてみようよ」と声掛けをしています。

勉強時間が増えるにもかかわらず、以外に拒否反応は少ないですヽ(゚∀゚)ノ イイネ

こんな感じで、より有利に受験できるように戦略を立ててプロデュースしていくのも私たちの仕事の一つです。

 

 

さて、今週末9/29は英検テストキャンプです。目標数覚えられるまで帰れませんので(* ̄ω ̄)ノ

 

 

合格者写真をもっと増やしていくぞ!

 

 

英検の関連記事はこちら

 

 

質問や問い合わせはここから!

友だち追加

 

ご相談の予約はここから!

RESERVA予約システムから予約する

 

この記事は てらおか が書きました。


【太秦教室】太秦中2年英語 中間テストで80点とる方法

投稿者:太秦教室

9月27日、28日は太秦中の2学期中間テストです。

勉強は進んでいますか?

今日は、試験勉強の方法をいくつかお伝えしましょう!

 

1.教科書の音読&和訳

何はともあれ、教科書の音読と訳は最低条件です。

学校の授業はプリント中心ですが、テストに出題される文法や表現は教科書にたくさんつまっています。

意味や読み方のわからない単語は教科書の後ろに載っている[Word list]を使って調べて、自力で読んで訳してみましょう。

 

 

 

 

 

2.文法や熟語のチェック

教科書中で今回のテストのポイントとなる文法や熟語・表現をチェックしましょう。

 

*本当は、この時赤ペンや色ペンで線を引くよりも蛍光ペンを使うと目立ちやすいのでお勧めです。

 

3.セクションスタディ 1周目

教科書の内容が頭に入ったら、セクションスタディに挑戦しましょう。

間違えた問題は、赤ペンで書き直さずにバツ×だけつけましょう。

 

4.セクションスタディ 2周目

1周目で間違えた問題をノートに解き直します。

前回はどうして間違えたのか理由も確認しましょう。

 

5.英文暗記

プリントの英文を暗記しましょう。

まず、英文を読んで訳す練習をします。

それが出来たら、次は自分の訳を見て英作できるように練習します。

意味がわからない英文を覚えるのはとても大変なので、必ず、和訳、英作をセットで練習して覚えましょう!

 

6.英作練習

今までのパターンを考えると、おそらく絵や表などを与えられて状況に合わせた英作をする問題が出ると思います。

Unit2、3の教科書右ページに載っている絵を見て英作する練習をしましょう。

 

 

ここまで準備できたら、筆記は8割いけます!

当日は、文中の間違いを探して正す問題にあまり時間をかけすぎないように注意してくださいね!


【茨木教室】10月の英検にむけて

投稿者:茨木教室

はやいもので10月1週目に試験を向かえます。

 

2018年第2回英検

(画像は公式HPからの引用です。http://www.eiken.or.jp/eiken/)

 

夏期講習中に英検対策に一生懸命頑張ってくれていたみんなは

いよいよその力を発揮する時が来たというわけですね。

 

茨木教室では、中学3年で英検2級を取って、

公立入試で英語の得点80%のみなし得点措置があるのをふまえて

コツコツと勉強を頑張ってくれていた子たちがいました。

 

英検2級といえば、通常高校卒業程度といわれているので、

それほど簡単に取れる資格ではないと思いますが、それでも単語をしっかり覚え

中学の基礎をしっかりと身に付けて訓練すれば達成することが証明されたと思います。

 

もちろん、全員が挑戦できるレベルの級ではありませんが、

まずは英検3級を頑張って取得することを目標に中学校生活を過ごすのは

とても有意義であると思います。(是非チャレンジしてみてくださいね!)

 

また、旧式の英検の方が馴染みがある方は、

英作文が手紙形式だったのを覚えていることと思います。

 

現在は、手紙返信形式から、社会問題等に対して意見を述べることが求められています。

ですので、日頃から話題になっていることに対して興味を持ち続けることが

大切ですね。

 

例えば…

 

「スマホは何歳から持ってよいか(子どもがスマホを持つことの問題点について)」

 

「外国人観光客が年々増えている。そのために様々なトラブルも起こっている。それについてどう思うか(観光によって経済的には潤うかもしれないが、地元住民の迷惑などがないがしろにされていないだろうか。)」

 

「夏休みは何のためにあるのか(机に向かって勉強すること以外に、学びの場はきっとあるはず)」

 

など、こういったことに具体的な意見を述べていくことに

慣れていきましょう。

 

本日は以上です。

次回更新をお楽しみに!