You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

満点の重み

 茨木教室

中間テストの結果が続々と返ってきています。
中1生にとっては始めての定期テストだったわけですが、今年の中1生は全員が小学校から来ている人たちなので、テスト前の中学生の勉強の様子を今までずっと見てきています。そのせいか、テスト前の対策は初めてにもかかわらず当たり前のようにそれぞれが授業と自習を増やしてがんばりました。
結果を見てみると、満点まであと1点、2点というものが目立ちました。小学校の時は毎回のように100点の答案を持ってきてスタンプをガッポリ稼いだものですが、中学に入るとそうそう簡単には取れないことがわかったようです。でもだからこそ満点の重みが増すのです。取った時の喜びも大きいと思います。
「その喜びを是非味わってほしいな。」と言うと「ぼくも早く味わいたい!」と元気に言ってくれた生徒がいます。あと1ヵ月後に一緒に味わおうぜ!

自習のプロ?

 茨木教室

今週は中学、高校の中間試験週間でした。
高校1年生にとっては始めての高校の定期テストです。連日ぞろぞろとやってきては自習をしていました。慣れたもので、何もいわなくても空き席を探して作業を始め、授業で満席になるとすみやかに自習用の長机に移動してくれます。プロですね拍手
私が座っている目の前に長机があるのですが、そこに高校生の姉さんたちがズラッと6〜7人並んでいるのを見ると、つい3ヶ月ほど前の入試直前と同じように見えてでもちょっと落ち着いた姿に、「少しは成長したんだな」と感慨深くなります。…が、そのあと誰ともなしにしゃべりだして止まらなくなり怒られるのは相変わらずです。

しかし!それぞれの勉強の様子を見ていて一番感じるのは「中学校の勉強スタイルそのまま」だということです。これは他の講師たちも指摘しています。まあ無理もないんですけどね、ついこの前まで中学生だったんだから。
高校の授業のスピード、覚える内容の多さは中学の勉強の比ではありません。時間の使い方に無駄がありすぎます。範囲内の内容をざっと見て、優先順位、時間をかけるべきもの、かけるべきではないものを選別する必要があります。
また、中学のテストは学校から与えられたものをきちんとやっていれば点が取れますが、高校の先生はそこまで面倒は見てくれません。与えられるのをじっと待っていてはいけません。テスト範囲に指定された問題集を見ながら「こんな問題授業でやってない!」とムクれてもダメ。範囲ならばやっていようがいまいが出題されるのが高校のテストです。
この違いに早く気付き意識を変えることの出来た者が成果を出せるのではないでしょうか?
テストが返って来たら大反省会をするゾ!

イベント授業

 茨木教室

今日は日曜日ですが、今週木曜日から中間テストが始まるので教室を開けました。
今回は春の暗記トレーニングに続イベント授業第2弾!「テスト対策授業」を実施しました。集団形式だったので日ごろ個別の授業になれている生徒たちがどんな反応を示すか興味もあり不安もありでしたが、おおむねよかったのではと自画自賛。
1年生の理科は今回のテスト範囲が植物の分野で覚えることばかりだったので、ただ説明するだけではつまらないと思い、答えのついていない問題を渡し「過去問の模範解答を作ろう!」という趣向でやってみました。「模範解答として使えるようだったらスタンプ15個」をねだられましたが、モノがかかると真剣みがちがいますね。そういう現金さがかわいいよな〜。
2年生は理科で濃度の計算をやろうとしたら、まず「%がわからない」ということになりそこから説明することに。不思議と消費税の話を持ち出すと%に実感が湧くんですよね。やはり勉強は生活に密着させないとね。
3年生は…にぎやかでした。普段の学校の授業がしのばれますポロリ
それでも理科の化学反応の計算問題はみな必死でした。
それぞれの学年、間に10分休憩を入れて3時間理科と社会の授業をしましたが、「いつもより時間が速く過ぎたみたい。」「またやりたい。」とうれしいお言葉を残して帰っていきました。
お疲れ様〜。でもテスト勉強はこれからがヤマ場ですよ!

種をまく (その2)

 茨木教室

GW中に小学校4年生の時の学級通信の束を見つけました。
その時の担任の先生は印象深く、今でも母と話している時に名前が出てくることがあります。
とても熱心な先生で男性の、確か50代だったと思います。
学級通信はかなりまめに出されていたようで、時には連日のこともありました。
書かれていることは、学級の取り組みや、行事もありましたが、半分は生徒を見ていて感じていること、保護者への協力のお願いです。今のこのブログみたいですね。
子どもの頃の私は、「○○さんが何係になった」とか「××君がコンクールに入選した」にしか目がいってなかったのですが、自分が種類は違うにしても「先生」と呼ばれる立場になってその先生のその時の思いに目を向けることが出来ました。生徒のことを真剣にお考えになり、努力されていたかを知ることが出来ました。
以前も書いた覚えがあるのですが、子どもの時に言われたり、やらされたことはその場ですぐに活かせるものばかりではありません。子どもの時に周りの大人に蒔かれた種が時を越え芽をだすことだってあります。
正直言って、生徒に教えていても「ちゃんと身に付くのかな?」と気弱になることもありますが、今の私には担任の先生にもらった種がちゃんと芽を出し育っていたのだと思いました。
大人になるまではたくさん身に付けなければならないことがあります。そのためにはどうしても大人の手助けが必要です。私がしてもらったように、ほんの微力ではあったとしても、生徒の皆さんの手助けをしていこうと思ったこの連休でした。

ジャスコさん、ありがとう

 茨木教室

茨木教室のまん前にはジャスコがあります。
生徒はテスト前など長時間教室に詰めているときに食べ物を買いにいったり、文房具を買いに行ったりと色々とお世話になっています。
ですが、それ以外にも結構ジャスコは活躍します。特に算数、数学の時間。
割引などものの値段の問題になった時、「じゃあ○○君がジャスコで100円のノートを買ったとしよう…」てな具合に自分の生活に置き換えて考えさせると実感がわくのかスンナリ聞き入れるよう。
昨日もリットルとミリリットルの単位の変換が面倒くさくて「わからん!」と投げてしまっていた生徒に
「じゃあ、ジャスコの牛乳売り場に行ってきてみ。牛乳パックになんて書いてあるか。1000mlって書いてあるで。あれが1リットルや。」
と言うと途端に納得して上機嫌で進みだします。実際見に行かなくても牛乳売り場と牛乳パックは今まで何度も見ているはずなので「あれか!」と思うんですね。これで彼はしばらくは1000ml=1Lを忘れないでしょう。この身近な実感が勉強には大事だと思います。
教える側もいかに実感をわかせるかいろいろ工夫が必要です。これからもジャスコさん、使わせてもらいます!

あらたな気持ちで

 茨木教室

みなさま、進学、進級おめでとうございます。
桜、きれいでしたね〜桜
春だというのになかなか暖かくならないので、なんかイマイチ「春!」って気分にはならないのですが…
とは言うものの、生徒の皆さんは新しい生活が始まりました。感想を聞いてみると「だるい」とか「別に」など気のない返事が返ってきますが、それでもどこかちょっぴりあらたまった感じが出ているものです。
これから1年、それぞれにどんなことがあるんでしょうね。実りある1年に致しましょう!(正月にも言ったような…?)

祈る

 茨木教室

明日は公立高校後期入試です。今日は教室を開放し、最後の自習をして、一人一人明日の注意事項を言って送り出しました。
毎年のことなので慣れそうなものですが、毎回毎回最後の一人を送り出した後には表現しがたい感慨がこみ上げてきます。
まあ、私が何を思ったところで主役は受験生一人一人です。後は今までやってきたことを信じて明日を乗り切って欲しいと思います!
全員が笑って帰ってくることを祈っています。

ホーム・ストレッチ

 茨木教室

公立前期が終わり、定期テストも終わり、今教室で深刻な顔をしているのは後期受験組のみとなりました。学校でも半分近くがもう受験が終わっているはずですから、周りの開放感あふれる空気に包まれて後期受験生はなかなか辛い思いをしていることでしょう。
でももうゴールが見えるところまで来ています。最後の直線コース、ホーム・ストレッチを今走っていることを忘れないで下さい。ここで全力を尽くさないと確実に順位は落ちます!…よっぽど独走状態なら別ですけどね。…そんなこと受験にはありえないでしょ。
スタミナ切れも気にする必要ありません。だってもうあとわずかな距離、いえ期間しかないのですから。
苦しみが多い分、つかみとった合格の喜びは大きくなります。最後まで一緒に走りきりましょう!!

春はもうすぐなのに…

 茨木教室

今年は暖冬だと聞いたような気がするのですが、さぶ〜ムニョムニョですね。雪も舞っていました。
明日は公立高校前期試験。今日は教室を開けて自習をしてもらいました。後期入試受験の子達も昨日プレテストを受けたこともあって何人か今日の自習に参加していました。
入試前日っていうのは確かに落ち着きませんね。こういうときは最後のアガキで暗記事項の整理がおすすめです。今日も暗記ををメインでやりました。「全然覚えてない〜悲しい」という声もちらほらありましたが、今日のうちならまだ覚えることができるので落ち込むことはありません。確実に昨日より知識を増やして明日に臨めるのですから。
最後に作文を書いてフィニッシュです。最初の頃に書いたものと比べるとみんな腕を上げました。練習の甲斐があったよね。時間も短縮できたし。最初は200字を書くのに30〜40分かかったのもいたもんな〜。

明日、そして3/17の後期入試で今年の入試は全部終わります。春は近いぞ!

いざ出陣!

 茨木教室

明日はいよいよ私立高校の入学試験です。
たいていの中3生にとって始めての受験となるわけですが、それぞれの顔を見てちょっと感心しました。さすがに顔が引き締まり、戦いの前の凛々しさが漂っています。今もそれぞれが淡々と授業や自習に励んでいます。
…と誉めたよこから、「heavyって何?」と聞いてくるヤツが。唖然青筋立てながら、ガマンガマン。今日ぐらいはニッコリ笑って送り出したい。
まあ、今更あわてても仕方ありません。後は今までやってきたことを信じ、持てる力を100%出してきて下さい。…といっているよこで「先生、gotて何?」…健闘を祈る!悲しい