You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

模様替え

 茨木教室

教室の模様替えをしました!10月末から1週間休講だったので、みんな久しぶりに来てみたら、「あれれ?」とビックリ。その反応を見てニヤニヤ楽しんでます。
みんなのご意見としては「なんで変えたん?」「前の方がよかった」というのが多いのですが、まあ当然といえば当然の反応かもしれませんね。
誰しも変化を受け入れるのに、それなりのストレスがかかるものです。でもそのストレスが緊張感を生みます。模様替えをした張本人の私も違和感を感じてます。でも、いつもとは違う緊張感のある新鮮な気持ちになりましたよ。
なんだかこの模様替え、クセになりそうですイヒヒ…メイワクか…

第1号!!

 You-学舎本部

太秦教室から、嬉しい嬉しい合格第1号祝が出ました!!
夏期講習から来ていた生徒ですが、今日の夕方、電話で「合格しましたてれちゃう」と。
本当に本当におめでとう!!!
「ホッとして気を抜きすぎて、風邪ひかないようにね」と伝えると、「もうひきましたたらーっ」との返答が。
改まって「いろいろありがとうございました」と言われると、ジンとくるものがあります。
この調子で、中3生も受験モードに入ってくれればいいんですけどねぇ。

祝合格!

 西院教室

今日が合格発表だった高3の生徒から
夕方になっても連絡がないので心配しいたら、さっき
「合格しました!
の電話が入りました。
第1志望の大学なので本当によかったですラッキー
合格は決まりましたが来月も通塾して数学の勉強を続けるとのこと。
来年の4月から自分の夢に向かって新しい学習がはじまりますが、
順調なスタートがきれるようにサポートしていきますグッド



ノートを持ってこ〜い!

 茨木教室

11月からまたまたノート強化月間を始めます。
だいたいいつも年度始めにやり始め、途中でうやむやになってしまいますが、今回は懲りずにやります!
講師の先生たちと「どうやったら生徒のみんなに理解してもらえるか」ということを話し合う毎日ですが、必ず出てくるのは“ノートの活用をもっと有効にできないか”ということ。
例えば、英語の授業でわからない単語が出てきたらどうするか?ひどいのになると先生に「これどういう意味?」と人を使う。これは論外。普通は辞書を使って調べる…まではいいですが、そのまま終わってしまったらすぐ忘れてしまうでしょう。その日の授業で自分がわからなかった単語は全部ノートに書き出して意味も書いておけば、今日覚えるべきこともはっきりします。
勉強はただただ人の話を聞いて「なるほどね〜」では身に付きません。自分が何を理解し、何が理解不十分かを書き出すことはとても有効な勉強法です。
ってなわけで、本気でノートを定着させるべく、講師、室長こぞってまなじり吊り上げ「ノート」を連呼する日々が続いています。とりあえず10月は予告期間。11月からは書き方から教えていきます。
…こんなあたりまえのことをリキんでやること自体トホホなんですけどね…
でも必要が有るかぎり、どんなことでもしつこくやりますよ〜!

卒塾

 西院教室

指定校推薦の校内選考が決まってからも学習を続けてきた
高3生の1人が無事合格祝通知をもらい、昨日が遊学舎での
最後の授業となりました。
今回の中間テストも
「ずっと風邪で全然勉強してないねん、ヤバイ」
と言いつつ、きちんと得点できていました。
力がつきましたねニコニコ
彼女とは中学生の時からのお付き合いです。
生徒が合格を決めて卒塾していくのは
嬉しくもあり寂しくもあり・・・ですが
「期末の前にまた自習に来てもいい?」
と言ってましたから、きっと来月末頃、いつものように
「全然勉強できてへんねん、今回は絶対ダメや〜汗
などと言いながら顔を見せてくれるでしょうおはな

体調管理

 You-学舎本部

週明けの昨日から、ずいぶんと風邪をひいている人が増えたように思います。
教室には、鼻をすする音があちこちから聞こえてきます・・・悲しい
これからどんどん風邪が流行ってきます。
恐怖のインフルエンザもひかえていますよ!!
生徒はもちろん、講師も全員、
帰ったらまず、手洗い・うがいをしましょう!!!
これを習慣づけて、予防してください。
地味な手段ですが、意外と効果的です。

それから特に受験生諸君。
これから体調管理はきちんきちんと出来るようにしておきましょう。
受験当日に体調不良、なんて洒落になりませんよ!悲しい
また、インフルエンザが流行る前に、予防接種を受けることをオススメします。

虫5

 千里山教室

今日は秋の虫について。

この時期になると、コオロギやスズムシの声が聞こえます。
それらの虫もセミと同じようにオスだけが鳴くのですが、
メスが近くにいるときと、いないときでは鳴き方が違います。
一般にメスが近くにいないとき、それも、ライバルのオスが
近くにいるときほど、大きな声で鳴きます。

昔の人は、マツムシなどの小さな虫は、ミノムシが鳴いていると
思っていたようです。
その鳴き声も「父よ、父よ。」と親を呼んでいるように聞こえた
そうです。すごく情緒がありますね。

秋になると、多くの雁(カリ)が北の海を渡って日本にやってきます。
ある土地の言い伝えでは、渡ってくる雁たちは、小枝を一本ずつ
口にくわえて飛び、疲れるとその小枝を海に浮かべて、その上で
休みます。
陸に着いた雁たちは、砂浜に小枝を置いて、内陸に向かって行きます。
そして春になって北に帰るとき、自分が置いた小枝をくわえて、北国に
帰ります。

砂浜には、帰れなかった雁の数だけの小枝が残されます。
土地の人たちはその小枝を集めて帰れなかった雁たちの供養をします。

なんか日本人の感性の奥深さを感じる話ですね。

テスト期間になると・・・

 南茨木教室

いろいろな中学・高校の2学期中間テストが続いています鉛筆
テスト直前の授業はいいですね。みんな気合入りまくりですグッド
今週は卒業生がたくさん顔を出しに来てくれました。
いつもテスト前になると、なぜかみんな「先生〜〜イヒヒ」と言いながら現れます。
きっと試験前で部活がお休みになって、勉強しているうちに
「そういえば中学のときは、毎日塾で勉強してたよなぁ。」などと思い出して、
顔を見せに来てくれるんでしょうね。
みんな高校生活、お友達、家族のことを話したいだけ話して、
嵐のように去っていきますたらーっ
試験前は私も大忙しで大変ですが、またこのテスト期間もみんな来るかなぁ、
と思うと、少し楽しくなるテスト前ですポッ



秋ですが教室内は熱気ムンムン

 茨木教室

先週の8日(祝日)につづき、日曜日の今日もテスト対策の為教室を開放しました。
定期テストを今週控えている人、定期テストは終わったけれど実力テストが近い人などそれぞれ真剣に勉強ができましたね。
中1生もだいぶテスト勉強慣れしてきていて、貫禄(?)ある勉強っぷりにホレボレします。
テスト前の意気込みはみなヒートアップしているのですが、やはり気になるのは普段の学校の授業の聞き方です。以前何度か書いていますが、テスト直前にもかかわらずイチから知識を入れなおさなければならない人が多いのに驚きます。テスト前は今までやってきたことの最終確認ができる状態にしておくべきでしょう!

テスト前の日曜日

 西院教室

昨日何人かの生徒に
「明日教室を開けたら自習に来る??」
ときいてみました。
(実はあまり生後が集まらなかったら、月曜からのテスト対策に
備えてゆっくり休もうかなぁ、なんて思っていたのです・・・)
でも、ほとんどの生徒が「来ます!」と答えたのでお休みは返上になりました。

今日は自習に来ている生徒の7〜8割が高校生です。
ほとんどの生徒が中学生の頃から定期テスト毎に遊学舎で自習鉛筆をしてきたので、
テスト前の今どんな勉強すをべきか自分でしっかり分かっています。
みんな黙々と英語の教科書読書の例文を覚えたり、学校のプリントをしたり。
中学生がたくさんいる日は、的外れな勉強をしている子の軌道修正を
してやらなくちゃいけないし質問もすごく多いので忙しいのですが
高校生の場合は質問もほとんどありません。
(まあ、化学や物理なんかを質問されても答えられないですし、、汗
それでもみんな自習に来るのは「勉強する空間」が必要なんでしょうね。
おかげで今日は、明日の授業準備がはかどりましたチョキ