You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

姉妹はライバル?

 西院教室

中3のYさんはこの春から中1の妹が入塾しました。
来週は妹にとっては中学生になって初めての定期テストがあります。
試験範囲の用紙も発表されたらすぐに持ってきてくれましたし、
毎日早い時間から自習にも来てテスト勉強をしています。

お姉さんの方は、
「試験範囲の紙持って来た?」ときくと、
「あっ・・・。」と、私の顔を見て
「明日持って来ます」
次の日にまた
「試験範囲の紙は?」ときくと、
「あっ・・・。」といつもの調子、、ノーノー

でも、緊張感いっぱいに頑張っている妹を見て少し刺激を受けたようで、
「明日は塾開いてますか?」と尋ねてきました。
残念ながら明日はお休みなので、休み中の課題をたっぷり持って帰って
もらいました。
持って帰っただけで満足せずに、必ずやってくださいねイケテル

中間テストだよー。

 千里山教室

G・Wも終わって普段の生活にもどりましたが、ぼちぼち中間試験です。

この中間試験は高校生になって、中学生になって、新学年になってはじめての試験です。この試験の出来がこの一年を決めるのだという意気込みで取り組んでください。

いつもこのブログでは虫だの犬だの勉強に関係ないことを書いていますが、
今日は戦闘モードでいきます。

おまえら、さあ気合いれろ!!」


連休

 千里山教室

ご存知のように遊学舎はゴールデンウイークの間、授業はありません。

学校も連休を控えて校外学習や修学旅行の説明会などの新学期の行事の仕上げをしているところが多いようです。
週末からの連休はみなさんお出かけや部活の試合や旅行などなど予定がたくさんあると思いますが、怪我や事故に気をつけて過ごしてください。

郊外に出かける予定がある人もいるかと思いますが、今日のニュースで観たのですが、去年、国内で新種のクワガタムシが発見されていてしかもそれが捕まえられてオークションで売買されているということらしいです。

日本の国内でも、まだ、発見されていなかった虫がいることも驚きましたが、そんな貴重な生き物を売り買いするなよ、と思いますね。

普通の山などでも、貴重な高山植物が生えていたりするので、動植物を持ち帰るときは注意が必要ですね。
昔、虫捕りが大好きだった私が言うのもアレですが。

ジャスコさん、ありがとう

 茨木教室

茨木教室のまん前にはジャスコがあります。
生徒はテスト前など長時間教室に詰めているときに食べ物を買いにいったり、文房具を買いに行ったりと色々とお世話になっています。
ですが、それ以外にも結構ジャスコは活躍します。特に算数、数学の時間。
割引などものの値段の問題になった時、「じゃあ○○君がジャスコで100円のノートを買ったとしよう…」てな具合に自分の生活に置き換えて考えさせると実感がわくのかスンナリ聞き入れるよう。
昨日もリットルとミリリットルの単位の変換が面倒くさくて「わからん!」と投げてしまっていた生徒に
「じゃあ、ジャスコの牛乳売り場に行ってきてみ。牛乳パックになんて書いてあるか。1000mlって書いてあるで。あれが1リットルや。」
と言うと途端に納得して上機嫌で進みだします。実際見に行かなくても牛乳売り場と牛乳パックは今まで何度も見ているはずなので「あれか!」と思うんですね。これで彼はしばらくは1000ml=1Lを忘れないでしょう。この身近な実感が勉強には大事だと思います。
教える側もいかに実感をわかせるかいろいろ工夫が必要です。これからもジャスコさん、使わせてもらいます!

うれしい来塾者

 西院教室

今日は卒業生とそのお母さんが一緒に教室に来てくれましたニコニコ
仲良し母娘で嵐山に出かけた帰りだったようです。
この時期の嵐山は、観光客の数も落ち着いてゆっくりできるようですね。
ソメイヨシノは終わっていますが、違う種類のものはまだ楽しめたそうです。
卒業してからの1年の様子を母娘で色々とお話してくれました。
充実した学校生活をおくっていることが生徒の表情からも、
お母さんの表情からも伝わってきます。こういう時は本当にうれしいです。
今年もみんなに志望校に合格してもらうぞ!と
あらためて気合が入りました。
おまけに差し入れケーキまでいただいてしまいました。
講師ミーティングの時にみんなでいただきますラッキー

気持ちと姿勢

 You-学舎本部

新年度が始まって半月。
そろそろ学校の授業も本格的に始まりだした頃かと思います。
ちょっとずつ、気持ちの緩みも見え出したかな??
勉強に対する気持ちが、生徒一人一人の姿勢によく表れています。
4月になって、気持ちも新たに「頑張るねん!!」と意気込んでいた生徒も、そろそろ緊張が保てなくなっています。
この春から通いだした生徒もだんだん慣れてきて、だんだん姿勢も悪くなる・・・。
本当に、姿勢って大事だなぁ・・・と実感させられます。
遊びと勉強の切り替えが出来る生徒は授業中は姿勢が崩れません。
切り替えが上手くいかない生徒は、姿勢が崩れてくる。
勉強をしに来ているという自覚を持って、姿勢正しく授業を受けてくださいね!!

勉強してます

 西院教室

今月、1ヶ月限定でドイツ語の学習鉛筆をしています。
ラジオ講座を聞いているのですが、初めて学ぶ言語なので
「こんにちは」「よいお天気ですね」「さようなら」
のような挨拶程度の学習でも結構難しく、覚えたつもりでも
すぐに忘れてしまいますたらーっ
私も英語を教える時に、「決まり文句だから覚えてしまおうね」と
よく言っているのですが、実際に自分で学習していると
「決まり文句だからってそう簡単には覚えられへんしノーノー」と思ったりして、
中学1年生で初めて英語を学習する生徒の気持ちや、なかなか単語のつづり
が覚えられない生徒の気持ちがよく分かるな〜と思っています。

でも今回学習してみて、語学の基本は「音読ワッ!だな」と再確認しました。
10回書く練習をするよりも、10回声を出して読む方が早く楽に頭に入りますし、つづりの確認も音読練習の後でする方が効果的です。

中学生が英語の教科書を音読するのが大切なのはもちろんですが、
高校2年生のライティングのテスト勉強の時や、大学受験生が即ゼミや
Next Stage 速読英単語を覚えたりする時も音読は有効です。
英語を学習する時は出来るだけ声に出して読んでみてくださいね!


賢さ

 千里山教室

よく言われることで、犬と猫ではどちらの方が賢いのか?ということがあります。

社会的なことに関しては完全に犬のほうが賢いと言えるでしょう。犬はだれが自分の主人なのかを理解し、その人の言葉なら100語以上聞き分け、それに忠実に従うことができます。また、状況判断が的確で、人のために貢献することに喜びを感じる習性があります。その社会的な能力は人間の3〜6才児に匹敵すると言われています。
ところが、数・時間・量、この三つの概念は全くなくて、いつもより長く「待て」を命じられても、ご飯を減らされても、自分の子供の何匹か隠されても、気がつかないそうです。

それに対して猫はどうでしょうか。
まず、非常に器用だ、ということがいえます。たとえば、箱を開けたり、ドアノブに飛びついてドアを開けたりする事が出来ます。それだけでなく、開け方を他の猫に教えることが出来ます。
また、犬と違い、ある程度の数量の概念があるみたいで、子供が一匹でもいなくなれば必死で探しますし、おやつの数が違う皿を2つ用意すれば、迷うことなくおやつの数が多いほうから食べようとします。

つまり犬の賢さと猫の賢さは、基本的に性質の違うものなのです。

私は人間の賢さも同じだと思います。学校の勉強が出来る人もいれば、社会性に優れた人もいます。

ところが人間の賢さが動物の賢さと違う点があります。それは努力してその賢さを伸ばすことが出来る点です。
人はそれぞれの賢さがあるので、それを自覚して伸ばす努力が大切なのです。

あらたな気持ちで

 茨木教室

みなさま、進学、進級おめでとうございます。
桜、きれいでしたね〜桜
春だというのになかなか暖かくならないので、なんかイマイチ「春!」って気分にはならないのですが…
とは言うものの、生徒の皆さんは新しい生活が始まりました。感想を聞いてみると「だるい」とか「別に」など気のない返事が返ってきますが、それでもどこかちょっぴりあらたまった感じが出ているものです。
これから1年、それぞれにどんなことがあるんでしょうね。実りある1年に致しましょう!(正月にも言ったような…?)

幸せ

 千里山教室

猫は狭い場所や高いところが大好きです。また、自分の縄張りを大切にして、そこから離れることを好みません。また、基本的に集団生活をしないので、ひとりでいることが苦になりません。

それを家の中だけでは息苦しいだろう、たまには気分転換を、とか考えて、お花見などに連れて行くと、見知らぬ世界は猫にとっては不安と危険しかないので、パニックになります。

つまり、敵がいなくて上下の運動が出来る家の中にずっといることが猫にとっては幸せなのです。

犬は群れで行動する動物ですので、飼い主などの自分より上位の存在に命令されたり、服従したりすることに喜びを感じます。
ときには叱られても、それはご主人が自分より強い存在だから自分を叱るわけで、その強い人の命令に従うことは犬にとっての幸せなのです。
それを、犬の自由にさせておくと、犬は自分がリーダーにならなければいけないと思い、人間に対して攻撃的になります。

どちらも人間の視点からだと「それでいいのか?」と感じますが、犬や猫の幸せは、必ずしも人間の基準とは一致しないということです。
もっとも人間に飼われている以上、十分な愛情を注がれているという前提の話ですが。


人間も同じで、それぞれ幸せの基準というものは違いますので、その人にとっての幸せや充実を求めるべきなのですね。