You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【茨木教室】本年度大学合格実績

投稿者:茨木教室

本年度も受験が終わり、春を迎えることができました。

 

茨木教室からは、8つの大学と1つの専門学校へ進学を果たしました。

みなさん本当におめでとうございました。

 

大谷大 文学部

千里金蘭大 看護学部

京都ノートルダム女子大 人間文化学部 英語英文学科

大手前大学 現代社会学部 経営コース

京都外国語大 外国語学部 英米語学科

関西大 法学部

大阪経済大 経済学部

神戸学院大 経済学部

東洋医療専門学校 歯科技工士学科

 

今回より、定期シリーズとして、大学を紹介していきたいと思います。

 

 

【大谷大学】

文学部は、建学の理念にもとづいて、多様な価値観によって構成される現代社会において主体的に生き、また、人間・人間社会・人間社会をとりまく自然環境に関する人文諸学科の知識・知見によって、広く社会や文化の発展に貢献することのできる人物を育成します。(HPより抜粋)

 

 

 

つまり、文学部の中に、

歴史学、日本文化学、教養学、社会学、国際文化学、語学(英語)、日本文学、文芸学、哲学・宗教学、人間科学という、他の大学であれば色々な学部に分かれていくところを、ひとつの学部で幅を持たせながら柔軟に勉強できるところが大谷大学の特徴です。

 

 

また、2018年より学部が再編成され、

以前は文学部の中に教育学・心理学が組み込まれていたものが、

教育学部として誕生しました。

 

 

子どもとともに育つ「こころ先生」へ。子どものこころに寄りそい、豊かな育ちと学びを支える。そんな「こころ先生」を育てるために、教育学部では、初等教育コースにおいて、これまで文学部 教育・心理学科で培った教員養成のノウハウを活かし、子どもたちと実際にふれあう学習機会を豊富に設けます。また、幼児教育コースを設置することで、保育士資格の取得が可能に。学生一人ひとりが「こころ先生」に向けて成長していける環境を整えています。(HPより抜粋)

 

 

ぜひ、今後の受験大学選びの参考にしてみてくださいね。

 

 

 


【千里山教室】花粉症で勉強に集中できないとき。

投稿者:千里山教室

4月になりたてというのを忘れてしまうほど暖かい日が続いていますね。うれしい反面、「花粉とんでそうやなぁ」と思ってしまいます。

 

何が困るかと言えば、集中できない!!!ということ。

 

鼻水が止まらなくて、ペンを持ってる時間より鼻をかんでる時間のほうが長かったり・・・

鼻が詰まっていると頭がボーっとして、気づいたら同じ文章を何度も読んでいたり・・・

目がかゆくて文字がぼやけてしまったり・・・

 

教室内にも、花粉症でつらそうな生徒がけっこういます。しかも年々増えている気がする。

 

何度もティッシュをとりにきたり、鼻声で話しづらそうだったり、目薬をさしたり、めっちゃ大変そう。

 

わたしも花粉症なので、みんなが集中できなくてイライラしてしまう気持ちがよーーーくわかりますふふっ。

 

少しでも勉強に集中できるように、対処法をいくつか紹介しますね。

 

 

じゅうぶんな睡眠をとる

花粉症に勝つためには、免疫を高めることが大事みたいです。

 

しっかりと睡眠をとって、体を休ませるようにしましょう。

 


病院に行く
中高生に関しては、部活が忙しくて病院に行くヒマがないという人が多いようですね。

 

薬局の薬は飲んでいるようですが、それでは効かないぐらい症状が重い人も見受けられます。(ここまでになると見ているほうがツライ…)

 

部活は一日だけ休ませてもらって、なんとか病院いきましょ!

 

集中したいときだけ点鼻薬をさす

鼻づまりがひどすぎて呼吸できない、頭が重い。机に向かう気も失せるレベルのときもありますよね。

 

そのときは点鼻薬をシュシュッとさせば、鼻の通りがめっちゃよくなります。数時間は快適に過ごせます。

 

ただし「薬も過ぎれば毒となる」ですからやりすぎは禁物です。集中したいときに、直前にシュシュッとしましょう。

 

 

いかがでしたか?

ときどき「塾のティッシュを消費しすぎてごめんなさい」と言って、新品のティッシュ1箱を寄付してくれる人がいます。(お気遣いありがとうございますティッシュ) でも全く気にしなくて大丈夫です!!

 

もし気になるなら、マイティッシュを持ってきて教室に置いておいてもいいですよ(笑)

 

 

 

では今日はこのへんでバイバイ

 

<お問い合わせ>

電話 06-6380-3135

メール senriyama@yougakusya.com

LINE 下の友だち追加ボタンから

友だち追加


【太秦教室】ロードバイクの旅〜沖縄編 Part1

投稿者:太秦教室

こんにちは!

数学科担当の金澤です!

 

以前のブログでも書いた通り、ロードバイクが趣味なのですが最近は寒くて乗る気分になれません...。

運動不足なので頑張って乗りたいと思います!

 

前回に引き続き、今回もロードバイクの旅についてご紹介していきたいと思います!

今回ご紹介するロードバイクの旅先は沖縄です!

ロードバイクを飛行機に積み込み行ってきました。

 

 

冬に沖縄に行ったのですが、さすが沖縄暖かい!

半袖半ズボンでも充分快適に走ることが出来ました。

透き通った海を横目に走り、目的地の海鮮丼屋さんに...。

 

言うまでもなく美味しい!

人間本当に美味しいものを食べると無口になるんですね(笑)

黙々と海鮮丼を口に運びました(笑)

 

他にも沖縄で有名なソーキそば、タコライスなどもいただきました。

走っている時間よりも何か食べている時間の方が長いような...。

 

 

沖縄の旅ではテントは持ち運ばず、ゲストハウスを転々としました。

テント泊に慣れてくると、屋根、壁があるだけで有難みを感じます...(笑)

 

 

沖縄に来ると走ることより食べることがメインになってしまいますね(笑)

今回のブログも旅のほんの一部です!

沖縄の旅後半には伊江島にも向かったので沖縄編Part2ではそのことについてご紹介したいと思います。

 

 

みなさんも、是非自転車で色々を場所を巡ってみてください!

新たな発見があるかもしれませんよ?

 

 

 


【西院教室】熾烈なポイント争い

投稿者:西院教室

暖かくなってきましたね!

 

最近は生徒たちも春休みに入って、自習に積極的に来るようになっていて良い感じです!

毎日1コマずつ、自習と授業をしている生徒もちらほらいて、そういう子たちこそこれから成績が伸びていく子なんだなあと思います。

 

先週から、西院教室ではポイントラリーを実施しています。

自習や遅刻をしないこと、授業後に消しカスを捨てて帰ることなど、ことあるごとにポイントがたまるシステムで、

スタートから1週間たった今はポイント1位をめぐって、学校・学年を越えて熾烈な争いが行われています!

 

 

こんな感じで、特に上位3人はぶっ飛んでいます!

 

 

現在2位と3位の生徒が、授業後に西院教室のイケメン講師の似顔絵を書いてくれました。

絵心も素晴らしい(笑)

 

 

最近は花粉がひどいですね。スギに続いてヒノキも本気を出してきたようです。教室のティッシュ消費量がすさまじいです。

身体には気を付けて、明日も元気に教室で会いましょう!自習1コマで50ポイントつきますよ!


【大学受験】私大入試で合格しにくくなったカラクリ

投稿者:千里山教室

教育関係の方なら「そうそう」と言っていただけると思いますが、2017年度入試、そして今回の2018年度入試、どちらも厳しい戦いだったのではないでしょうか?

 

つまり、

あらゆる高校で合格実績が全体的に落ちてしまった。

 

おそらく最大の理由は、

入学定員の厳格化です。

 

今からこのカラクリを受験生目線で丁寧に解説していきます。大学受験予定の人、大学受験が終わって悔しい思いをした人、このカラクリを知っておいて損はありませんよ。

 

時間がない方は見出しだけでも読んでいってください。

 

入学定員を超過すると、国の助成金がカットされることに

大学というところは、学生からの入学金・授業料・受験料などが大事な収入源になっています。

 

そのため大学は定員よりも多くの学生に合格を出し、入学させている実態があります。

 

ところが、定員超過しすぎると、国から大学への助成金がカットされてしまうことになりました。

 

国からの助成金は、収入全体の10%程にもなるので、カットされては困ります。

 

 

定員を超過しないように、合格者を大幅に減らした

助成金をもらうために、大学は合格者数を絞ることにしました。

 

ちなみに最も多く減らしたのは立命館大学で3841人。関関同立でまとめると7090人減りました。

 

関東だと、早稲田大学で2049人減、法政大2011人減・・・と1000人規模の合格者減が都市圏のあちこちで起きました。

 

これでとんでもない事態になっているのがわかりますよね!!!!

 

 

難関大が合格者を減らすので中堅大の受験生にシワ寄せ

例年ならば合格していたはずの人たちが、つぎつぎに不合格になっていきます。

 

すると、その人たちは1ランク下の大学を受験することになります。

 

例えば関関同立がダメだった人が産近甲龍に流れてくる、という構図ができます。

 

もともと産近甲龍を第一志望にしていた人にとってみれば「ええ迷惑」です。

 

そして産近甲龍がダメだった人がさらに下へ・・・どんどん玉突きで下に押し出される状態になりました。

 

 

だから今回は入試が難化した

志願者数は多いのに合格者数は減った、つまり倍率が上がったので入試が難化したと言えます。

 

実はこの出来事は、前の年から分かっていたことでした。

 

分かっていた人や、分かっている人のアドバイスをちゃんと聞いた人は、指定校推薦や公募推薦などで早々に合格をもらえていたかもしれませんね。

 

一般入試が本当に厳しい時代になったんです。(一昔前の難しさに戻ったという意見も。)

 

「大学全入時代」だとか「私大文系ならどこかにいける」とか、そんな考えは今すぐ捨てたほうがいいです。

 

私立大学に合格しにくくなったカラクリ

今後、指定校推薦を狙わない理由がない

私大入学者数の割合のイメージを、たった今からこのように変えましょう!

 

指定校・内部・公募・AO > 一般

 

大学は推薦系入試で多くの学生を秋までに確保し、冬の一般入試で少し確保するようなイメージです。考えが変わりましたか?

 

指定校推薦なら、どんな高校に通っていても誰にでもチャンスがあります。

 

仕組み上、高1の最初のテストから頑張って勉強している人は断然有利です! 大学だって、真面目にコツコツ頑張れる人が欲しいですしね。

 

「高3で部活引退したら本気出す」という人はマズイです。中堅私大のために浪人することになるかも。

 

 

「学校生活を楽しもー!!」な雰囲気の高校は要注意

「この高校に入れてんから、あとはなんとかなるやろ☆」「周りのみんなも勉強してる様子ないし☆」みたいな考えを持っていると、高3になってから本当に痛い目に合う…。

 

もっと勉強しとけばよかった〜と、本気で後悔する高3をたくさん見てきたから言えるんです!!!!

 

高校受験と違って、みんなでせーの、で動くのではありません。友だちと動くのでもありません。自分で動いてください。私たちも手伝います。

 

 

 

ちょっと後半は説教くさくなってしまいましたが、私自身、大学受験において後悔することがたくさんあり、みなさんに同じ失敗や後悔を味わってほしくないので、つい いろいろ書いてしまいましたショック

 

 

最近の入試関連記事もよければ読んでみてください。

2018.3.19 受験生の鑑

2018.3.1 関大後期合格!大学合格者の王道とは?

2018.2.25 告知です!大学入試改革セミナー

 

ではこのへんで〜バイバイ

 

 

<お問い合わせ>

電話 06-6380-3135

メール senriyama@yougakusya.com

LINE 下の友だち追加ボタンから

友だち追加