You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【大学受験情報】共通テスト(国語)

 大学受験関連

皆さん、ご存知の通り、今年から従来の【センター試験】が【共通テスト】に変更されます。

 

そこで、今回は共通テストの【国語についてお話していきたいと思います。

 

今年の受験生は過去問がないため、どのような勉強をするべきなのか戸惑っている方も多いと思います。

 

少しでも、そのモヤモヤが解消されたら良いなと思います。

 

では、見ていきましょう!

 

 

 

 

1.全体的な特徴

 

共通テストの問題の最大の特徴は

 

処理すべきことが多い

 

事です。

 

どういうことなのかと言うと、これまでの【センター試験】では大問ごとに1つの文章があり、それに対する問題を解く形式でした。

 

しかし、共通テストでは、文章の他にも、表やグラフ、写真、大問1つに2つの文章が含まれているなど

 

文章を読みながら、他の資料のことも考えていかないといけないという事です。

 

つまり、ただ文章を読むだけでは不十分で、

 

何のために文章を読んでいるのか

 

について意識することが必要になってきます。

 

例えば

・今はこの情報を見つける

・今はグラフにも注目しながら読む

・今は全体像を掴むために読んでいる

などです

 

また、時間についても特徴があります。

 

これまでの【センター試験】でも、時間配分は重要視されていました。

 

しかし、上記に書いている通り【共通テスト】では、処理する量が多いため、これまで以上に時間配分が重要になってきます。

 

ここでポイントなのが、大問3・4の古文と漢文です。

 

この2問は【センター試験】と大きく異なった点は見受けられません。

 

なので、徹底的に対策をし、この2問を先に終わらせることが有効なのではないでしょうか。

 

これは1例ですが、時間配分が厳しくなったのは事実です。

 

自分なりの時間配分を設定することが一つのカギになってくるようです。

 

2.大問ごとのポイント

 

]斥的文章

 

論理的文章に関して【センター試験】と大きく異なる点は

 

傍線部が圧倒的に少ない

 

という事です。

 

これが何を意味しているのか。

 

これまでは傍線部についての問題だったため、その付近の箇所を重点的に読むことでクリアでき、傍線部のない問題は1〜2問程度でした。

 

しかし、傍線部がないという事は、自分で問題に対する箇所を見つけ、考えることが必要になってくるという事です。

 

そのために最重要なポイントがあります。

 

それは

 

文章の全体像を理解する事

 

です。

 

当然のようで、簡単ではないことです。

 

そして、その上で、重要な箇所に注目し、比較したり、対比構造を把握したりする力が求められているのです。

 

∧験愿文章

 

まず、基本的には【センター試験】と同様で

 

登場人物や筆者の心情、文章内容、主題を把握する事が重要です。

 

それに加えて、【共通テスト】では

 

・ある童話とそれに基づいた小説を読み、共通点と相違点を理解する

・同じ作者による、詩と随筆文を読み、根底にある共通のテーマを読み取る

 

などといった、これまで以上に文章の全体像を理解する力が必要になる問題が出題されるようです。

 

その上で、比較することが問題を解くカギになっています。

 

じ妬検Υ訴

 

古文と漢文に関しては、大きな相違点はないようです。

 

試行調査では、これまでより易しくなった問題も出題されました。

 

そのため、対策は【センター試験】の過去問等で、文章を読解する演習で十分とされています。

 

しかし、最終的にどのような問題が出題されるかは分からないので、´△汎瑛諭多くの処理をこなす訓練をしておいて損はありません。

 

3.まとめ

 

ここまで、特徴や大問ごとのポイントを見てきました。

 

やはり、【センター試験】の時よりも、文章を全体的に把握する事や、比較することが重要だという事が分かったと思います。

 

しかし、過去問はなく、予想問題も数少ないです。

 

そんな中でも、出来ることはたくさんあると思います。

 

例えば、【センター試験】の過去問を、解くだけでなく、文章の構造(対比など)を意識したり、要約をしてみたり

 

などと、対策は可能です。

 

受験生全員が初めての試験です。

 

どれだけ、的確に対策をするかがカギになってくるのではないでしょうか。

 

これを機に、自分の勉強法や対策を見つめ直し、本番に向けてしっかり準備していきましょう!