You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【英検】2次試験のポイント解説!!〜準2級〜

 茨木教室

こんにちは!

 

今日は英検準2級の2次試験のポイント解説をしていきます!

 

まずは、2次試験の特徴を見ていきましょう。

 

英検準級の2次試験は面接の形で行われます。

 

 

 

 

 

イメージしやすくするために、実際の問題を見てみましょう。

 

 

                        (出典:成美堂出版、2018年度版 英検準2級 過去6回問題集)

 

 

                             

さて、どんなイメージを持ったでしょうか?

 

ここで、いくつかのポイントをお話しします。

 

 

ポイント

音読は落ち着いて、丁寧に発音をするべし!

 

英検準2級の2次試験では音読があります。

英文の長さは短くないですが、早く読む必要はありません。

ゆっくりで問題ないので、落ち着いて読みましょう。

 

丁寧な発音については「s」の発音に注意しましょう。

 

面接官に聞こえるような「s」の発音を心がけましょう。

 

 

 

ポイント

Howで質問されたら、byで答えるべし!

 

まずは、No.1の問題を見てみましょう。

 

How do many schools help students think about their future?

 

多くの学校は学生が自分の将来について考えるのをどのように手伝っていますか?

 

どのように?と聞かれれば、〜することによって、と答えましょう。

 

それこそが「by」です!

 

解答例は

 

By inventing people to talk about their jobs to students.

 

Byは前置詞なので、後ろは〜ing形で書きましょう。

 

 

ポイント

行動を書く時は〜ingで書くべし!

 

No.2の問題を見てみましょう。

 

問題はイラストを見て、人物の動作について答える問題です。

 

人物が動作をしているということは、〜しているという日本語になりますね。

 

では解答例を見てみましょう。

 

A boy is feeding a rabbit.(男の子はウサギを飼育している)

Two girls are waving to each other.(2人の女の子はお互いに手を振っている)

A woman is planting some flowers.(女性が花を植えている)

 

このように、〜しているという特は、必ず〜ing形で答えるようにしましょう。

 

ポイント

難しい表現は避けて、正しい文章を発話すべし!

 

No.4.5の問題を見てみましょう。

 

どちらも、自分の意見を述べる問題なので、これといった正解はありません。

 

つまり、内容よりも、正しい英文を発話できているかどうかが重要だということです。

 

例を見てみましょう

 

Do you think students today have enough time to relax?

 

(あなたは今日の学生がリラックスする時間を十分に持っていると思いますか?)

 

Yes →Why

No →Why not

 

Yesの場合

Most sutudens enjoy playing with their friends after school.

Also,they have enough free time on weekends.

 

(ほとんどの学生は放課後に友達と遊んでいます。また、彼らは週末に自由な時間があります。)

 

この文章の単語を見てみましょう。難しい単語は使われていませんね。

 

自分が自信のある単語を中心に英文を読みましょう。

 

 

 

茨木教室には今回の英検の一次試験を突破し、2次試験を控えている生徒が数名います。

 

みんな、頑張って対策をしています!全力を出して頑張ってください!応援しています!