You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【算数】小学生が言う「文章題が苦手」の原因を考えられるだけ書き出してみた。

 小学生の勉強法

JUGEMテーマ:教育

 

一口に文章題が苦手と良く聞きますが、文章題が苦手とはどういうことなのでしょうか?

出来ないことには必ず理由があるはず。

そのできない理由を見つけ、克服できれば文章題を解くことが出来るようになる

算数特有の原因

数字だけを追うのはNG

意外と多いのが、数字だけを目で追ってしまうタイプです。

算数の文章題、例えば、簡単な足し算の文章題だと、でてきた数字を全て足せば答えになる。ということがあります。この考え方で正解になってしまった場合、文章題は出てきた数字を全て足せばよい。と思ってしまう場合があるわけです。当然ですが、この解き方では複雑な問題は解けません。

これは足し算に限った話ではありません。引き算なら、出てきた数字の大きい方から小さい方を引いたり、かけ算は出てきたものをかけたり、割り算は出てきた数字の順番で割ったりするだけで良いと思ってしまう場合があります。

しっかりと、二つの出てきた数字の関係性を考えることが大切です。

 

計算記号と日本語の関係を正しく理解できているか

言葉の繋げ方、「てにをは」と算数の計算記号はある程度、対応しています。

このときは絶対これ!というわけではないので、あくまで文章を細かく分解して、四則演算のどの計算を使えば良いのかを考えましょう。慣れてきたら、時間を使わずにできるようになるでしょう。

もう一度言いますが、計算記号と「てにをは」の対応は、ある程度決まっているので、言葉の関係性まで考えるのが大切です。

まずは計算式を日本語に直すのが良いかもしれません。

英語に例えるなら、英作よりも日本語訳の方がやりやすいですよね。

日本語の文章的原因

複雑な文章の構造

算数の文章はそんなに難しくないと思っていませんか?実は少し変わった文章が多く出てきます。それが、複文と呼ばれるような文章です。複文という言い方だと聞き覚えがないかと思います。これは英語で言うところの関係代名詞を使った文章のことです。関係代名詞は中学生で習う最も難しい英文法の一つですね。

日本語でも、主語と述語が複数出てくるため、読み方を知らないと、読むのに苦戦することは必至です。

 

複文の例

自転車で駅に向かった太郎君は、公園で、5分前に家を出発した弟に追い付き、弟より10分早く駅についた。

 

この一文の中に複数の文章が入っていますね。今この中に含まれている文章は4つあります。

太郎君は自転車で駅に向かいました。

弟は、太郎君より5分早く家を出発しました。

太郎君は、公園で、弟に追い付きました。

太郎君は弟より10分早く駅につきました。

 

この4つの文章が含まれているということを、しっかりと理解できているかが大切です。

もちろん、問題と直接関係ない文章もありますが、正しく読めているかどうかは、今後の文章題の理解に大きく関わります。

文章を読み飛ばしてしまう癖がある

複雑な文章でもないのに、間違えてしまう場合は、読み飛ばしていることが考えられます。

文章を飛ばして読むということは、実はごく当たり前のことで、私たちもやっています。

一言一句理解しながら読むということを行う意味があまりないからです。

 

この ぶしんょうは だたしくあまりせんが よるめことも あでるしょう。

 

私たちは、書かれている内容を推測しながら読むということを無意識に行っています。実際上の文章は、順番を入れ変え、むちゃくちゃに書いていますが、元々の文章は容易に想像できますよね。

多少、並びがおかしくても、すんなり読めてしまうことがあるのは、一字一字をそれぞれ把握しているのではなく、ある程度塊として認識しているからです。これは、単語にも言えることで、ある程度の内容が分かれば、遡って一言一句を把握しながらよむということを行わなくなります。

これは悪いことだけではありません。そういうことを行うのは、ある程度文章を読んでいるので、見たことのある文章構造だと思い込んでしまうから起こることなのです。こういうミスを良くする人は文章をある程度は読んだことがあると言えそうです。

単純に単語が分からなくて、何を聞かれているか分からない

意外と小学生の文章題には意外と難しい単語も出てきます。

単語の意味が分からずに、何についての数字なのか把握できずに間違えるということもたまにですが、出てきます。

特に帰国子女の子どもの授業をしていると、理解できていそうなのに、間違えている場合は、このパターンが多いです。何か分からずに、混乱して、式までは何となく作るけど、答えまでは求められないということが多いですね。

 

ただ国語と違って、あたり前に隠喩のような表現技法が入ることは少ないので、書かれている単語そのものの意味は分かるのに、解けないということはあまり起こりません。

解決方法

音読をさせると色々なことが分かる

音読は非常に有効です。読み飛ばしに気付けるだけでなく、複文に対する理解度も計れます。

文章を読む際に、意味が切れるところで息継ぎをしたり、単語が分かりやすいように読んだりということを行えば、文章を理解して読めているかが分かるからです。

音読を聞いていると、いかに、文章を読み飛ばしてしまうか、文章の構造の理解を出来ていないかが分かります。また、意味の分かっていない単語はぎこちなく聞こえますから、分かっていない単語もすぐに分かります。音読させるだけで、色々なことがわかりますので、文章題が分からなくて困っている場合は、音読をさせて、それを真剣に聞いてみてください。意外なところで躓いているかもしれませんよ。

慣れるまでは、ゆっくりと読むことを意識しましょう。

 

図示をする

図示しようと表すには、文章を理解しなければ正しい図は書けません。

図示するために、理解しようとしっかりと読むだけでも今後に繋がっていくので、文章題を解くときは、絵や表を必ず書くようにしましょう。

特に絵の場合は、出て来るものを書かせて、それがどのようになるのかを書けば良いので、意外と書きやすかったりします。

 

 

この記事はたきもとが書きました。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます