You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【オンライン授業】オンライン授業を上手に受けるコツ

 西院教室

こんにちは!You学舎西院教室のなかじまです。

 

休校が長引き、多くの塾でオンライン授業が始まっています。

オンラインでの授業をすでに何回か受けているという中学生・高校生のお子様もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

かく言うYou-学舎でもオンライン授業に切り替わって約1か月が経とうとしています。

最初はソフトの使い方に戸惑っていた生徒も、今ではすっかり使いこなしています。

 

しかし、ソフトの使い方とオンライン授業の受け方、オンライン自習の仕方はまた別です。

今日は、オンライン授業を上手に受けるコツをお話したいと思います。

オンライン授業では先生がノートをのぞきこめない!

オンライン授業を受けていてしんどいのは、分からないところがあった時です。

普段の授業ならすぐ隣で先生が見ているので、手が止まっていれば先生から声をかけてくれます。

どこをどう間違えているのか、先生が自動的に説明してくれます。

 

ところが、オンライン授業ではそうはいきません。

先生が画面越しにノートをのぞき込むのは、難しいですよね…。

 

分からないことを先生に伝える

そこでポイントとなるのが、説明してもらいたいことを先生に伝えることです。伝える方法はいくつかあります。

解決法,修両譴埜てもらう

カメラでノートを映しましょう。

 

授業を受けているときは、自分の顔や手もとを映していることが多いと思います。

しかし、分からないところがあったときは思い切ってノートを映してください。

 

スマホやタブレットであれば、アウトカメラに切り換えてノートを映すときれいに映ります。

インカメラにノートを近づけると、手ぶれしたり、アップになりすぎて中々上手に映すことができません。

 

アウトカメラを上手に使いこなせるようになると、オンライン授業の煩わしさを1つ解決できます。

解決法⊆命燭埜てもらう

スマホやタブレットと違ってPCにはアウトカメラがありません。

PCのカメラにノートを近づけるのは、結構難しいんです。

 

ノートPCの場合は傾けて映せるので、まずはそれを試してみてください。

 

それでもだめなら、分からなかったところを前もって写真に撮って送っておく!というのが有効です。

2年間、このスタイルでオンライン授業をし続けましたが、生徒も私も一切ストレスなく授業することができました(^^)

写真があれば、計算ミスなのか、理解不足なのかの判断もすぐできますからね!

 

LINEやSkypeなど画像が遅れるソフトを使っていないとできないんですが…。

解決法説明する力をつける

高校生や、上位高校を目指す中学生にはチャレンジしてもらいたいのが、自分の間違いの言語化です。

何が理解できなかったのか、どうしてわからなかったのか、言葉で説明してみましょう

 

自分が間違えたことを言葉で説明しようとすることで、その単元の理解が深まるのはもちろんのこと、思考力、表現力もつくので一石二鳥です。

 

説明しようと思って、あれこれ考えているうちに自己解決してしまうなんてこともよくあります。

 

最初から言葉だけで説明するのは難しいと思うので、画像を使いつつ言葉でも伝える練習をしていきましょう。

ひとりで勉強しているときにも、間違えた問題をきちんと自分の言葉で説明する習慣をつけて本質理解を目指してくださいね。

 

 

いかがでしたか?

オンライン授業のもどかしさを解決できるひとつのご提案でした。

他にも気が付いたことがあったら、またオンライン授業を上手に受けるコツを記事にしていきたいと思います。

 

今日のポイント!

オンライン授業がいつもの授業と一番違うのは…

先生がノートをのぞき込めない!

 

解決法

.好泪曚筌織屮譽奪箸離▲Ε肇メラでノートを映す

⊆命燭忙って送る

8斥佞農睫世垢詢呂鬚弔韻

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

安全な自宅でオンライン授業を受けられる!

 

地域オンライン