You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

9月入学がささやかれるが、はたしてそれは本当に必要なことなのだろうか。

 保護者様向け情報

JUGEMテーマ:教育

 

9月入学になったときのメリットデメリットを紹介。というわけではありません。そういうのはもうネットにあふれていますし。

正直に言えば、9月入学に関してはどちらでも構いません。どうでもよいですが、どっちか選べと言われれば否定的かもしれません。学校の負担が尋常ではないので(あくまでこれは千里山の瀧本個人の感想。)

どっちでもいい理由は、別に入学時期が子供たちにとって肝要だとは思っていないからです。

「グローバル化の障害だ」ていう人もいるようですが、それって今必要なことですか?どの国も鎖国化傾向どころか都市封鎖も辞さない非常時にグローバル化を議題にするって正気なんですかね?

 

今一番大事なことを再確認

私の基本的な考え方は一つ。こどもにとって最善な場を用意できるのか。ということです。

これは子供だけでなく、家庭や学校教育全体の話だと思ったほうが良いと思います。

必要なのは学習ではなく、環境

今は、子供たちに学びの場を、コミュニケーションの取れる環境を、確保しましょう。

例え、どのような決定がなされたとしても、振り回されないで対応できる準備をしておく必要があります。

9月入学となった場合の学校教育の負担

そもそも、教科書のつくりから変えないと対応できません。教科書が変わると、教員は指導計画を作り直す必要があります。その研修、勉強会もできません。そんな練りこまれていない教育を受けることが果たして最善なんでしょうか?

これは学校だけの責任を押し付けるものではありません。地域一丸となって、こどもの学びを守る必要があります。

オンラインも作りこまれていないのでは?

学校再開の目途をたてるにしても、オンラインということは避けられないでしょう。

オンラインだって急造だと思うかもしれませんが、少なくとも、今までの勉強の流れは使えます。ツールの研修もオンラインで行えるので、負担は少ないです。要は慣れの問題です。教材研究が少ないだけマシです。

 

今私たちがやるべきこと、できること

国の対応はこれ以上はないと思って行動するしかない

国の対応を待つことはできません。というのも、国には現状をすぐに解決する手段なんて用意できないのです。

私たちよりはるかにかしこい人々が見つけられていない以上、少なくとも私には見つけられる気がしません。1億人を超える人たち全員に現状調査をし、ネット環境を整え、デバイスを作成、購入、手配し、配る。デバイスを用意するだけでも容易ではありません。今春配布予定だったデバイスの準備ができていない学校もありますからね。

物理的な手段よりも、制度的なフォローを考えてほしいです。

自治体クラスであればまだ対応可能な市もあるかもしれませんが、大阪、京都のような都市部では人口的にも難しいでしょう。

 

オンライン授業の選択肢

これに関しては、ほぼ二択です。

各所が展開する動画授業か、オンライン個別。

オンライン集団を受けるなら動画でよいと思います。直接見てもらえない以上、オンラインで生の集団授業を受ける必要がほぼありません。一人で学習できるのであれば動画授業も悪くないと思います。

オンライン個別

普段となるべく変わらない形でオンライン授業を実施しています。

オンラインは今までも実施ていましたので経験もあります。詳しくは下の画像から詳細記事へ。

地域オンライン

増やそう、家族のコミュニケーション

家族が子供に与える影響は、学校、塾、習い事とは比べ物になりません。

テレワークが増えていると思いますが、きっちり仕事をしている姿を見せることは大切です。

通勤時間が無くなったことによる時間の余裕はこどもとのコミュニケーションに使ってほしいと思います。もちろん、こどもにも都合はあるので、嫌がられない程度ではありますが(苦笑)

 

 

この記事はたきもとが書きました