You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【英検】5/31(日)英検試験実施延期!申し込みは本日24時まで!

 英検準1級攻略法

英検関連の記事は久しぶりの更新となりました。

 

 

今回の新型コロナ肺炎の影響を受け、

タイトルに書きましたように、英検実施が延期されました。

 

 

申し込みは本日24時まで!(23時59分まで!)

 

 

 

当初は5/31(日)に開催予定でしたが、

6/28(日)に延期されました。

(※準会場については、上の詳細を確認ください。)

 

 

TOEICも中止になったり、色々とコロナの影響は出ていますが、

これを逆手にとって、さらに合格へ近づく学習が継続できる!と前向きに取り組みましょう。

 

 

 

英検合格のために用意すべきもの

 

 

1.でる単シリーズ

 

 

 

英検の語彙をなめてはいけません。

出だし大問1の単語や熟語を問う問題は、ひとつのバロメータです。

 

試験で使われる語彙のほとんどが

このレベルから出題されるといっているようなものです。

 

つまり、単語や熟語をきちんとマスターしておけば

長文になっても十分耐えうる語彙を身に着けていることになり、

結果的に合格に近づくことができます。

 

準1レベルだと、1850語とハードルは高そうですが、

本書のABCランクのうち、Bまでを完璧にして試験に臨みましょう。

 

きっと、エッセイを書くときにも役立ちます。

 

 

 

 

2.過去問6回シリーズ

 

 

過去6回全問題集は過去およそ2年分の試験が

詳しい解説をつけて掲載されています。

 

便利な世の中になり、無料のアプリや、音声のダウンロードなどを

きちんと活用して準備すれば合格へ限りなく近づけます。

 

必ず2周してください。

1周したくらいでは、まだ完全ではありません。

1回目よりも2回目の方が早く解け、早く読める状態を意識してください。

そのためにも、1回目に取り組む際は、時間を測っておきましょう。

 

最新の問題については、

本家の英検サイトに掲載がありますが解説がないので、

丸付けだけでもよいなら、そちらを使うのもよいでしょう。

 

 

 

3.7日間完成・予想問題集シリーズ

 

 

 

過去問6回分はもうやりつくした。

2回以上解いて答えも覚えてしまった。という人のためにある教材です。

 

過去問を2回繰り返すのは、上でも述べましたが大切です。

答えを覚えてしまうまでやり込んだなら、このシリーズがおすすめです。

過去問とほぼ同じレベルで問題を作ってくれていますので、使い勝手が抜群です。

 

 

 

 

 

こちらも7日間完成とほぼ同じです。

問題の中身はもちろん違いますので、新しい問題が解きたくて仕方がない時にお使いください。

 

そのレベルになっていたら、おそらくその級は合格圏内に入ったも同然なので、

2次試験対策をすることをお勧めします。

 

 

 

 

まとめ

 

コロナのせいで(おかげで)延期された試験日程を

自分の味方につけるもキミ次第です。

 

 

3〜4週間ありますので、毎日計画的に学習に取り組めるように

お祈りしています・・・

 

 

この記事は、 おおたが書きました。

 

地域オンライン