You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【京都公立高校】国立?府立?市立?何が違うの?

 太秦教室

京都市から通学できる公立高校には、「京都府立」、「京都市立」、そして「国立」の3種類あります。高校を受験するときに「国立」はさておき、「府立」と「市立」を意識することはあまりないと思います。しかし、コロナウィルス流行の際に対応に差があったように、「府立」「市立」「国立」では、細かな差があります。

今回は、その違いに注目したいと思います。

その前に、府立高校の通学圏について簡単に説明します。

 

府立高校通学圏とは?

専門学科

京都府の場合、専門性の高い学校は自宅から離れていても通学することができます。例えば、宮津市にある海洋高校や、京田辺市にある田辺高校の自動車科は、京都府内のどこからでも受験できます。自宅近辺に希望の専門学科がないお子様にとってはうれしい制度ですよね。

普通科

一方、普通科の高校は通学圏が定められていて住んでいる場所によって決められた高校にしか通うことができません。例えば、京都市近辺は、京都市、向日市、長岡京市、大山崎町、八幡市の一部、久御山町の一部が「京都市乙訓通学圏」というひとつのグループになっています。

学校の数は?

京都府立高校一覧

京都市乙訓通学圏の京都府立高校は全部で18校あります。

・山城高校

・鴨沂高校

・洛北高校

・北稜高校

・朱雀高校

・嵯峨野高校

・北嵯峨高校

・桂高校

・洛西高校

・洛東高校

・鳥羽高校

・桃山高校

・東陵高校

・洛水高校

・向陽高校

・乙訓高校

・西乙訓高校

・清明高校

・京都すばる高校

京都市立高校一覧

京都市内の京都市立高校は全部で9校あります。

・堀川高校

・西京高校

・紫野高校

・日吉ヶ丘高校

・塔南高校

・銅駝美術工芸高校

・堀川音楽高校

・伏見工業高校(定時制のみ)

・京都工学院高校

国立高校

京都市内の国立高校は1校しかありません。

・京都教育大学附属高校

どんなところが違うの?

国立高校は…

全国各地にある国立高校は、国立大学の付属校です。京都の京都教育大附属もそうですね。大学の教育学部の研究機関という意味合いも持っているので、基本的には各学校の裁量で学習指導が行われます。

 

今回のコロナウィルス流行に伴う対応に関しても、京都教育大附属は府立とも市立とも異なる休校期間を定め、春休み中の部活動も柔軟に対応しています。

 

教科書の採用や授業のカリキュラムについても独自の判断に任されているので、授業で京都教育大附属高校の先生が書いた教科書を使うことも。実験的な学習も取り入れられているので学校の教育方針に合えば、満足した学校生活を送れること間違いありません。

 

府立高校は…

京都市以外の地域も含め50校以上ある府立高校は、普通科だけでなく工業や商業、林業など多様な学科があります。普通科の中にも、専門的な勉強ができるコースを持つ学校もありレベルも豊富なのでひとりひとりの志望に合った学校を選ぶことができます。

 

門戸が広いのは府立高校の良い特徴ですが、一方で動きが鈍い…というのはデメリットの一つですね。コロナウィルス流行に伴う休校についても府立高校は学校数が多く地域も広いため、安全を最大限考慮した対応がとられました。結果、京都市内の公立高校のなかで府立高校だけが部活を再開できていません。(2020.3.27現在)

 

市立高校

市立高校は、各校のコンセプトがはっきりしていることが特徴です。進学校の堀川、西京、国際教育が盛んな紫野、日吉ヶ丘、幼児教育コースのある塔南、芸術系の銅駝、堀川音楽、先端工学の工学院。どの学校も自分の志望に合っている人にとっては魅力的な学校です。

 

学校設備も整っている学校が多く、魅力を感じる人は多いと思います。新しくてきれいな校舎やエレベーター、実験設備に惹かれてしまいますよね。しかし数が少なくレベルが限られているのが残念なところです。倍率が高い学校も多いですね。

 

コロナウィルスの流行に関しては、市内の小中学校と同じ対応がとられています。府立高校が多数派を占める中、若干対応が異なることがありどうしても少数派になってしまうこともデメリットといえばデメリットかもしれません。

 

講師
市立か府立か、それとも国立か、ということよりも各高校を見て判断することの方が重要です。あくまで参考までに、特徴を語ってみました。志望校選びの決め手にはなりませんが、知ったら納得いくことが色々あると思いますよ。

 

この文は尾花が書きました。