You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【立命館宇治高校】2020年度入試結果速報

 立命館宇治中学・高校

立命館宇治高校 2020年度入試結果まとめ

 

帰国生に人気の立命館宇治中学・高校の入試センターの先生が、2020年度入試結果が出そろったからと、教室に報告にいらっしゃいました。

今年受験した生徒たちについても、「〇〇君は小論文の評価が高かったです。◇◇君は面接の評価が高いです。よく研究されたのですね!」などと教えてくださいました。それでは、早速2020年度入試の結果を2019年度入試と見比べながら、入試方式ごとに来年度入試に向けてのアドバイスを書いていきますね。

 

志願者数60人増加

国内生と国際生を合わせた志願者合計は2019年度入試402人から2020年度入試は462人へ、60人増加しました!合格者合計人数は内部進学者を除くと2019年度入試250人に対して2020年度入試は213人と37人減少しています。厳しい入試になったようです。

 

国内生の志願者増加

入試区分で見ていくと、国内生の志願者は30人増加。私立大学入試の定員が厳しくなっているので、 大学の附属校は人気が高まっていますね。 推薦入試での合格者も増えました。安定志向になってきています。2019年度入試130人に対して2020年度入試は159人。その中でもIGコースの推薦が増えているようです。

留学後にイマージョン教育をする立命館宇治高校独特のIMコース志願者は例年通りでした。「IMコースを志願する子は立命館附属校のうち、通いやすいからうちを選ばれているだけなんですよ。」とちょっと複雑な表情で教えてくださいました。

 

国際入試IM・IGコースの志願者数はB方式併願で増加

国際入試(帰国生入試)の志願者数は

A方式(作文・面接) 2020年度 12人 2019年度 17人 

B方式(国・数・英・面接)2020年度 49人 2019年度 40人

B方式併願(国・数・英)2020年度 63人 2019年度 42人 

ほぼ例年通りとのことですが、B方式併願が増えています。63人受験して合格者は28人、決して簡単な入試ではありませんが、11月入試で立命館宇治高校を併願で抑えられると、安心して本命の受験ができますからね。志願者が増えるのも理解できます。

A方式のポイントは?

2020年度入試 A方式の志願者は12人、合格者は6人でした。 2倍の倍率です。

A方式は作文と過去の成績(学校の成績)と面接での評価です。今は「作文」となっていますが、「小論文」になるかもしれないとのこと。説得力のある、論理的な文章が書けるように準備しなくてはいけませんね。今年の受験生の結果について教えてもらったときに、「○○君は小論文の評価が高かったです」と仰っていたので、すでに小論文として評価されているのでしょう。

A方式は学校の成績も重要です!現地校・インターナショナルスクールの成績もしっかりと取っておきたいです。受験前に慌てても取り返しがつきませんからね。現地校やインター校の在学期間が短い場合は、その間の成績向上分を加算して評価してくれます。

B方式のポイントは?

2020年度入試 B方式の志願者は49人、合格者は23人でした。 2.1倍の倍率です。B方式の試験問題は帰国生用に配慮がされています。国語には古文の出題がありません。数学は国内生入試に比べると基本問題の配点が高くなっています。また英語はリスニング重視の問題です。帰国生にとっては嬉しいですね。過去3年間に現地校・インター校の経歴があれば、最大45点の加点が受けられます。現地校やインター校出身で作文が苦手、しかも英数国の力があるなら、B方式にチャレンジする手もありそうです。

 

推薦入試には何が必要?

IGコースとIMコースには推薦入試があります。推薦入試に出願するには一定の推薦基準を満たさなければいけません。推薦基準は毎年調整をするのでホームページには載せていないそうですが、説明会などに出席すれば資料を入手できます。日本人学校の生徒の場合は中学校3年生の5段階評定、中学1〜3年生の評定の合計で判断されます。詳しくは書けませんが毎年オール4では基準を満たしません。

現地校・インター校の生徒は英語力の証明(英検, TOEFL ibT, TOEIC, IELTSなど)それぞれの語学資格に基準があります。また、現地校・インター校の成績も重視されています。語学資格は積極的に取っておきたいですし、学校の成績も大切です。

 

IBコースの入試は?

立命館宇治高校のIBコースは、すべて英語で授業を受けます。先日授業を見学しましたが、本当に楽しそうで活気のある授業でした。2020年度入試の志願者は16人で合格者数は7人です。2.3倍の倍率です。

IBのポイントは?

IB入試は英語小論文、数学、過去の成績、英語力、面接で評価されます。IB方式の難易度の目安は英語小論文については英検準1級を取得し、小論文作成の準備をしていること。数学は中学3年生の普通の力でOK。IB教育について理解があること。

とされています。

IBコースの子たちは本当に課題が多く、毎日学校に遅くまで残って何とか課題をこなしている生徒がたくさんいるそうです。部活との両立ができる子は過去に数人いたかなあというくらい、大変なようです。面接ではIB教育について理解できているのか、その大変な学習を3年間続けられるかどうかを問われます。

 

英語小論文は何を見られる?

英語小論文では「自分の意見」を述べられるかどうかが重視されるそうです。知識よりも自分の考え、オリジナリティーのある文章が書けるかどうかが大切なのです。〇〇教授によると、というような分析をするのではなく、与えられたテーマについて自分の考えをもとに説得力のある文章を書かなければいけません。もちろん、文章の構成も大切です。

日頃から色々な文章や情報に触れて、それについての自分はどう考えるか、家族や友達と意見を出し合うのもいいですよ!

国際入試のサンプル問題が変わるかも

立命館宇治中学校、国際入試の過去問題は非公開です。ホームページに国際入試のサンプル問題が載っていますが、今の傾向とは少し変わってきているので、今年はサンプル問題が変更されるかもしれません。時々ホームページをチェックしてみてください。

 

本帰国が決まったら

キリよく日本の学期初めから通わせたいと思うかもしれませんが、海外滞在期間は受験資格をみたしていますか?国際入試が受けられるかどうか、またA方式で受けられるかどうか、海外現地校やインターナショナルスクーでの履修期間はきちんと調べてくださいね。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

【立命館宇治高校】WWL 研究発表会に行ってきました

【立命館宇治高校】2020年度帰国生入試情報

 

この記事は、なみまつが書きました。