You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【2020年大阪高校入試】令和2年度公立高校一般選抜入試 英語C問題解説・全訳

 高校受験情報(大阪府)

JUGEMテーマ:教育

 

今年のC問題のポイント

今回英語のC問題での大きな変更点が一つありました。

大問3にあった4つの文章を、正しい順番でつなげる問題がなくなりました。

その分、表と文章から読み取る大問2の問題が2問から3問に変更され、問題数自体の変更はありませんでした。

問題数の変更がないので、今まで通り、時間が一番のネックとなることは間違いなかったでしょう。

全訳を書きますが、英文を英文のまま理解する訓練は必要です。

 

大問1 正解しておきたい文法問題

(1)関係代名詞の目的格の問題です。thatが省略されているのに気付けるかがポイントです。

(2)間接疑問文の問題です。語順に注意しましょう。

(3)分詞の問題です。主語がどこまでか分かれば簡単に解けます。

(4)動名詞と前置詞の関係に注意しましょう。

(5)関係代名詞の主格の問題です。先行詞と後に続く文に上手くつなげるようにするのがポイントです。

(6)分詞と不定詞の関係に注意しましょう。

大問2 表、文章からの読み取り問題。両方に注意しよう。

今回のテーマは、4か国での留学に対する意識調査でした。3問とも全て空欄補充問題でその空欄は文の後半に固まっていました。

単刀直入に言うと、前半部分を読まなくても表と空欄の前後部分さえ読めていればどれもすぐに解ける問題でした。表の読み取り問題では文の前半は結果に進めるための前振りのようなものが多いので先に空欄の前後を読んでみることをオススメします。

大問3〜6 長文問題全訳
大問3「失われていく言語」

■マオリ人はニュージーランド固有の民族です。現在、ニュージーランドの約15%の人々がマオリ人です。彼らは、彼らの言語が文化の中で最も大切なものの一つであると考えます。彼らはマオリ語を使って、彼らの伝統、歴史、その他たくさんの物を受け継いできました。19世紀に入って、ニュージーランドでは英語が主要な言語になり、マオリ語を話す人の数はとても少なくなりました。人々はマオリ語は絶滅危惧言語だと思っていました。

■しかし、マオリ語はまだ残っています。1970年代からマオリの人々の多くがマオリのアイデンティティを取り戻そうと試み始めました。彼らは「我々の言語は我々のアイデンティティの大切な一部だ」と言いました。ニュージーランドの多くの人々がその意見に賛同し、マオリ人を支持しました。なぜなら、彼らは多様性がニュージーランドの大切な要素の一つだと考えていたからです。マオリ語を再活性化する努力が始まり、状況が変わり始めました。1987年、ニュージーランドの政府はマオリ語を国の公用言語にすることを決めました。現在いくつかの学校で子供たちがマオリ語を学ぶ機会を手に入れています。ニュージーランドの政府は2025年までにすべての小学校でマオリ語を学ぶ機会を与えようと試みることを決めました。それらの努力が状況を良い方向に変えたのにも関わらず、マオリ語はユネスコの絶滅危惧言語のリストに残っています。ユネスコによると今日、世界で話されている言語は6700あり、そのうちの40%が絶滅の危機に瀕しています。もし絶滅危惧言語のために何も手を打たないと、それらの多くは失われてしまうでしょう。

■2019年は固有言語の年でした。人々のそれらの言語に対する意識を向上させるためにいろいろなことが行われました。例えば、オーストリアでは新しい50セント硬貨が生産されました。オーストリアの政府は、その50セント硬貨によって人々がオーストラリアにある言語の多様性の大切さを思い出すことを願っています。その50セント硬貨には14の固有言語がありその下は空白となっています。その14語はオーストラリアの違った言語で”お金”を意味し、その言語の多くは、絶滅の危機に瀕しています。オーストリアではすでに130の固有言語が絶滅しており、50セント硬貨の空白は二度と戻って来ないそれらの失われた言語を表現しています。言語が失われた時、何がなくなるか想像してみてください。我々は、手遅れになる前に危機に瀕している言語に注意を払うべきです。

大問4「知らない単語」

■あなたが本を読んでいるときに、文の中で知らない単語に出くわしたら、あなたはどうしますか。おそらくその単語の意味を推測しようと試みるときに文脈が助けになるでしょう。それは、その単語が含まれている文の前後の文があなたの助けになると意味します。しかし、あなたの知らない単語の一部分もあなたの助けになるかもしれないことを知っていますか。あなたが知らない単語の意味を推測するとき、接頭辞と接尾辞を学ぶことがあなたの助けになるかもしれません。

■あなたは”remember、reuse、 repair”の意味を知っているでしょう。これらはすべて「re」という同じ2文字から始まっています。このreが接頭辞です。接頭辞は単語の前に追加してまた別の単語をつくる文字や文字群のことです。reは接頭辞で”再び”や、”何度も何度も”、”戻る”という意味になります。

■この接頭辞reを知ることがあなたの助けになります。これは一例になりますが、あなたが"A boy put many books on the desk to use for studying. He removed all the books from the desk before he left the room."という文を読んでいて”remove”の意味が分からないと仮定します。あなたが2文目の”remove”の意味が分からないとしても、”move”の意味は知っていて、その前に接頭辞reを見つけることができます。なので、これら2部分の意味から”remove”の意味が何かを再び動かすことだと推測できます。これらの方法で意味を推測した後に再び2文目を読むと、あなたは、彼が部屋を出る前に全ての本を机からどこかへ運んだということが想像できます。

■次に、接尾辞とは何でしょうか。あなたは”action、collection、communication”の意味を知っているでしょう。これらはすべて「tion」という4文字で終わっています。このtionが接尾辞です。接尾辞は単語の終わりに追加して別の単語をつくる文字や文字群のことです。この接尾辞tionは、名詞をつくるときに使われます。

■【本文では何も書かれていないが問題(3)の答えからこの段落には接尾辞tionを使って単語の意味を推測することができる一例が書かれている】

■これらの方法により、接頭辞や接尾辞が、あなたの英語の語彙力を向上させるのにとても役に立ちます。英語には様々な接頭辞や接尾辞があり、あなたが既に知っている多くの単語からそれらを見つけることができます。もしそれらにreやtionがあれば、あなたがすでに知っている単語の意味を調べることができるかもしれない。

大問5「持続可能社会」

■あなたは東京オリンピックパラリンピックのメダルがとても特別な方法で作られることを知っていましたか。それらは、携帯電話やパソコンのような小型電子機器から集められ、リサイクルされた金属から作られます。リサイクルされた金属からメダルを作ることは私たちに環境についての大切なメッセージを与えてくれます。

■例えばあなたが新しい携帯電話を買い、古い方を使わなくなったら、あなたはどうしますか。大半の人はおそらく家に古い携帯電話を保管します。2017年に行われた調査によると、日本人は一年に約65万トンの小型電子機器を、新しいものを買ったという理由で使うのをやめています。それらの機器の中で、リサイクルできる金属は約28万トンあります。日本は生産のために多くの鉱物資源を他の国から輸入します。それらの資源はたいてい地面から採取できますが、永遠に採取し続けることはできないでしょう。

■もしあなたが使った電子機器をリサイクルすれば、地面の資源を節約でき、地球の問題を解決することができます。しかしあなたが電子機器をリサイクルするときには、その方法に注意するべきです。なぜなら、その廃棄物の中に環境に有害なものが含まれているからです。小型電子機器を集めている表示を見つけてください。いくつかの都市でこの表示のあるボックスを見つけることができます。そのボックスに入れられた古い機器が特別な工場で適切にリサイクルされます。もしあなたの住んでいる都市でそれが見つからなかったらどこでその機器を買ったか思い出し、そこで働いている人に尋ねてください。あなたの古い電子機器を”適切に”リサイクルすることが、環境を守るための鍵です。

■物を適切にリサイクルすることは環境に良いですが、より良い方法があることを覚えておいてください。新しいものを買う前に2度考えること。それは、あなたが必要ないものを買うことを拒み、長い間使うことによって、廃棄物を減らすことができるということを意味します。あなたがこの夏の東京オリンピックパラリンピックの試合のメダルを見るときに、それらがどうやって作られているのかを思い出し、私たちの未来を持続可能にするためにあなたが出来ることを考えてみてください。

大問6「水」

■多くの人は水が独特な物質だとは考えないかもしれないが、水は実際とても独特である。水にはいくつかの独特な性質がある。続く文はそれらの内の2つを説明する。

■1つ目は密度についてである。ほとんどの自然物質は温まると膨張し、密度は低くなる。冷やされると収縮し、密度は高くなる。しかし、水は密度に関してそのような変化は見せない。水の密度は3.98℃で最高点に達する。水の温度が3.98℃から0℃に近づくにつれ密度は低くなる。そして、氷の密度は水の密度より低い。だから氷は水に浮くのだ。密度でこのような変化を見せる自然物質はまれである。

■もう1つの性質は熱である。他の液体と比較すると水はすぐに熱くなったり冷たくなったりしない。この性質は、海や湖の近くにある地域の気温の変化に影響を与える。例えば、それらの地域は海や湖がない地域に比べて気温の変化がゆっくりである。季節が変わる時、日本で海の近くに住んでいる人はこの性質の効果を感じるかもしれない。夏が始まる時、海水はすぐに温かくはならない。なので、その水の影響によってその地域の気温はすぐに暑くはならない。季節が秋から冬に変わるときは、それとは反対の効果が感じられる。海の水はすぐには冷たくならず、その地域の気温はすぐに寒くはならない。