You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【2020年高校入試】令和2年度公立高校中期入試 英語 長文全訳

 高校受験情報(京都府)

2020年度の公立高校中期入試の英語は例年通り大問が2題出題されました。スピーチと図表を含む長文という、いつも通りの形式でした。第1問は数年に一度登場する京都の文化を絡めた話でした。タルト・タタンの起源を知っていたら圧倒的に読みやすかったかもしれません。第2問は、広告に関する問題でした。中期入試で広告が出題されるのはおそらく初めてだったのではないでしょうか。一瞬不安になった人もいるかもしれませんね。

【第1問】高校生の俊のスピーチ

本文和訳
美しくておいしいお菓子

「なんて美しいんだ!私はそれらの全てが大好きだ。」家の近くのお店で初めて美しいお菓子をみたとき、私はとても興奮しました。それから私はしばしばその店を訪れ、お菓子を見たり買ったりすることを楽しみました。多くの人は甘いお菓子を食べることが好きです。例えば誕生日などの特別な日には、家族や友達と素敵な時間を共有するために食べます。私は疲れた時やすこし悲しいと感じたときに甘いお菓子を食べます。すると、力が湧いてきて幸せになれます。将来、私の作ったお菓子で多くの人々を幸せにしたりワクワクさせたりしたいと思っています。私の夢はパティシエになることです。

タルトタタンの起源

ある日、私がよく行くお店で働いているパティシエが私に面白い話をしてくれました。それはタルト・タタンと名付けられたフランスのお菓子についてでした。それはアップルパイの一種です。タルトは英語でパイという意味で、タタンは19世紀にホテルを経営していた2人の姉妹の名字です。話してくれたパティシエによると、タルト・タタンはその姉妹の手違いによって作られたというのです。ある日、姉妹の一人が、いつも作っているアップルパイを焼こうとしました。それ(普段作っているアップルパイ)を作るには切ったリンゴをのせたパイを焼かなくてはなりませんでしたが、彼女はパイなしでリンゴだけで焼き始めてしまったのです。それから、もう一人がリンゴの上にパイをのせてそれらを一緒に焼きました。彼女たちはそれをひっくり返して提供しました。これは彼女たちが普段作るアップルパイの正しい作り方ではありませんでしたが、それを食べた人たちはそれをとても気に入りました。のちに、それはタルト・タタンと呼ばれました。あの街に住む人々は今でもタルト・タタンを愛しているし、誇りに思っています。彼らは彼らの街で毎年開かれるタルト・タタン祭りで伝統的なお菓子としてそれを食べることを楽しんでいます。

お菓子に興味を持つ

私がこの話を聞いたとき、私はとてもワクワクしました。時々タルト・タタンを食べていますが、その(タルト・タタン)の話を聞いたのはこれが初めてでした。私たちの食べるお菓子はそれぞれタルト・タタンのような興味深い物語をもっているのかもしれないし、私たちはしばしばそれがどのようにして作られたのかをその物語から学びます。私はそれに興味をもつようになり、別の人気のお菓子の物語を探してみたいと思いました。すると、ある日本のお菓子のそれを見つけました。

水無月の話

日本には、「水無月」と呼ばれる和菓子があり、多くの人々、特に京都では6月にそれを食べます。それは三角形で私たちはしばしば白いものを目にします(白いものが一般的です)。私は人々がなぜんそれをその月に食べるのかを知りませんでした。祖母に尋ねると彼女はそれについて教えてくれました。彼女がいうには、大昔、水無月は1年のなかで6番目の月の伝統的な呼び名だったのです。そしてそれは最も暑い季節の一部でした。熱い日々に涼しく感じたかったので京都の貴族たちは氷を食べていました。町の人々もこれをしたいと思いましたが、彼らにとって氷を入手することはとても難しいことでした。だから彼らは氷に似たお菓子を作って食べました。今ではそれを水無月と呼んでいます。この話を聞いたとき、私はとても気に入りました。京都の人々は暑い季節の間も健康でいたいと願っていたのでそれを長い間食べてきたのだと祖母は言っていました。京都の人々は水無月を彼らの文化の一部として誇りに思っていると私は確信しています。

まとめ

今では、私はタルト・タタンのように手違いから生まれたお菓子があることを知っています。同じように、水無月のように人々の願いから生まれたお菓子があることも知っています。お菓子にはそれぞれの物語があるのだと私は信じているし、それは往々にして人々の生活から生まれたのだと考えています。美しいお菓子をみることを楽しみ、それらの物語を知ってお菓子を作ることにより興味をもつようになりました。もし将来私がつくったお菓子について物語を話すことが出来たら、人々はそれらに興味をもち食べることを楽しんでくれると思います。私はそのような経験を多くの人に与えられるパティシエになりたいと思います。私は人々が長い間、彼らの文化の中でお菓子にまつわる物語を語り継いできたことを学びました。私は彼らの文化を尊重しそのような物語についてさらに学んでいこうと思います。

【第2問】みなとエリ―の会話

全文和訳

みな「今度の週末は何をする予定なの?」

エリー「土曜日に新しい水筒を買いに行こうと思っているよ。今月は寒いから学校に温かいスープとサンドイッチをもっていきたいと思っているの。」

みな「へぇ、私も欲しいな。一緒に行ってもいい?」

エリー「もちろん。でもどこで買えるのか分からないの。なにか考えはある?」

みな「あるよ。時々母とまろもーるというショッピングモールに行くんだけど、そこにはお店がたくさんあるよ。バスで行けるよ。今週まろもーるで特売があると思うんだけど、どうだったかな。ウェブサイトを見てみよう。」

エリー「何が書いてある?」

みな「今週は特売を楽しめるみたい。特売は全店で12月9日から15日までだよ。水筒を探しに行こう。」

エリー「いいね!」

みな「あと、今週は移動動物園があって動物たちと遊べるみたい。」

エリー「本当?行きたいな。動物園に入るのにお金はいるのかな。」

みな「要るんじゃないかな。みて。300円が必要みたい。」

エリー「なるほど。このウェブサイトは知りたいことをチェックするのに便利だね。」

みな「うん、私もそう思う。電話番号の下のボックスをクリックすると、お店の名前を探すことができるよ。右側の最初のボックスのことね。ショッピングモールが何時に開いて何時に閉まるのかを知りたかったら、右から二番目のボックスをクリックするといいけど、私はいまその隣のボックスをクリックしたいな。」

エリー「ショッピングモールの名前のボックスと特売についてのボックスの間のボックスでいい?」

みな「そう。毎週末のイベントを探すことができるよ。クリックしてみよう。見て!今週の土曜日にはコンサートがあるよ。」

エリー「わぁ!コンサートに行きたいな、15日だよね?」

みな「そう。私も行きたいな。500円が必要だよ。」

エリー「分かった。ほかにおもしろいイベントはある?」

みな「えっと……みて!テレビでこのかばんを観たことがあるよ。人気のカバンに関するイベントがある予定だよ。イベントで新色が買えるんだ。買いたいけどこのイベントは12月21日と22日だ。」

エリー「来週末?」

みな「そう。もしそれを買いたかったら、来週末に行かなくてはいけないね。」

エリー「うーん、私はコンサートに行きたいから、今週末にショッピングモールに行こう。」

みな「分かった。楽しもうね。」

講師
気になっていたところは、確認できましたか?

この文は尾花が書きました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【2020京都高校入試】令和2年度公立高校中期入試 国語解説速報!

【2020京都高校入試】令和2年度公立高校中期入試 数学解説速報!

【2020京都高校入試】令和2年度公立高校中期入試 理科解説速報!

【2020京都高校入試】令和2年度公立高校中期入試 社会解説速報!

【京都高校入試】嵯峨野こすもす、桂、鳥羽、前期入試合格!