You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【京都高校入試】もし、公立高校の入試当日に体調不良で入試を欠席することになったら?

 高校受験情報(京都府)

インフルエンザに加えコロナウイルスの話題が世間を賑わせています。入試を控えて受験生や受験生ご家族にとっては、とにかくインフルエンザや新型コロナに感染しないように気が張る時期だと思います。なるべく人ごみに行かないようにしたり、マスクを着用したり、手洗いの徹底など、感染予防に気を遣うのが何より大事なことだと思います。しかしどれだけ予防をしていても、まさかというところで感染してしまうこともあります。そこで、今日は京都府公立高校の追試制度についてお話しておきたいと思います。

追試のしくみは?
欠席

当日、やむを得ない理由で朝から欠席した場合は全科目を追試日に受検することができます。当然、本来の試験日の問題とは違う問題が出題されます。過去問の公開がないために難易度は判明していませんが通常の試験と同じ難易度だと思っていいのではないかと思います。

早退

当日の試験中にやむを得ない理由で途中退室をした場合、受検できなかった科目のみを追試日に受検することができます。

届け出方法は

欠席した当日…つまり本来の入試当日の夕方4時までに、診断書などの休んだ理由を証明する書類と追検査受験願を中学校長を通じて高校に提出してください。当日の夕方4時までに間に合わなかったときも、あきらめずに中学校の先生に相談して高校に連絡をとっていただいてくださいね。

 

前期入試の追試日

令和2年2月20日(木)

中期入試の追試日

令和2年3月9日(月)

 

まとめ

京都の公立入試には追試日があります。ただし、追試を受検するためにはやむを得ない理由とその証明が必要です。試験当日、試験会場に行けないくらい体調が悪いなら、すぐに中学校の先生に追試を希望するという連絡を入れて医療機関の診察を受けて診断書をもらってください。中学校の校長先生から高校に追試の希望を出すタイムリミットは当日夕方4時です。もしものことが起こらないのが一番ですが、もし何かあっても慌てず焦らず対応すれば大丈夫です。

 

この文は尾花が書きました。

 

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます。

【京都高校入試】令和2年度前期入試の倍率が発表されました