You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【仕事学】将来の夢って、どうやって探したらいいの…?

 茨木教室

 

「将来の夢」と聞いて、

思い出すのは小さい頃。という人も多いのではないでしょうか。

 

関西あるあるかもしれませんが、冗談まじりに

「あんたおもしろいな、吉本に入ったらいいのに。」(笑)

 

1回くらい言われてみたかったなぁ〜というのはさておき、

どうやって将来なりたい仕事を探すのでしょうね。

 

お母さんが看護師だから、私も看護師になりたい。

お父さんがエンジニアだから、僕もエンジニアになりたい。

 

夢の探し方は様々ですし、正解も不正解もありません。

 

 

しかしながら・・・・

 

心配母
将来なりたいものがないって言うんです。先生どうしたらいいですか?

 

 

実はこのお悩み、結構多いです。

 

というわけで、今後連載で、世の中にある仕事について紹介していこうと思います。

 

が、その前に・・・・

 

日本FP協会の調べによると・・・

「小学生のなりたい職業ランキング」(第12回)のデータによりますと

 

男子 女子
野球選手・監督など パティシエ
サッカー選手・監督など 看護師
医師 医師
ゲーム作成関連 保育士
会社員・事務員 教師
ユーチューバー 薬剤師
建築士 獣医
教師 ファッションデザイナー
バスケットボール・コーチなど 美容師
10 科学者・研究者 助産師

 

 

上のような結果でした。

 

男子では、スポーツ関係が3つもランクインしていますね。

女子では、手に職をつける系の仕事が人気ですね。

 

医師が男女とも3位というのは、コールドブルーの影響でしょうか。

それともドクターXの影響でしょうか。

 

確かに、木村拓哉のビューティフルライフというドラマがやってた時は

カリスマ美容師になりたいという言葉も世の中に流行しました。

 

つまり、世相を映すのも、こどものなりたい職業なのかもしれません。

 

 

 

あこがれの仕事の表と裏

たとえば、私の小さい頃は、

CA(キャビンアテンダント)は女性の仕事の花形でした。

 

キラキラ国際的に活躍している女性という一面が強く印象にありますが、

実際はプロのサービス業です。客のニーズに合わせてプロの接客をし、

時には重い荷物を持ち上げたり、外国語を操ったり、とても大変な仕事です。

 

つまり、どんな仕事にも表面と裏面が必ずあります。

 

 

 

おおまかに仕事を分類すると・・・
医療系      心理・福祉・リハビリ 美容・ファッション 旅行・ホテル    
飲食 販売 教育・研究・保育 自然・動物系
出版・報道 テレビ・映画 音楽・ラジオ 芸能・ネット
スポーツ マンガ・アニメ・ゲーム

デザイン・広告・アート

IT・Web
法律・士業・政治 公務員 金融・コンサル 国際
建築・インテリア・不動産 事務 オフィス 企業
運輸・輸送 保安 総裁・宗教 その他


 

おおまかに分類しただけでも、こんなにあるので、まずはここから

日頃、興味のある分野を探してみてはいかがでしょう。

 

上の表は大まかに、27種類に分類してあります。

ですが、実際は細分化すると600種類以上の分類が可能だそうです。(ひぇぇ〜)

 

「日本はサラリーマン8割・専門職2割」という専門家がいるくらい、

他国に比べてサラリーマン率が多いです。

 

確かに、日本では大学で法学部を卒業した後、

全員が弁護士になるわけでもないですし、

経済学部を卒業したら、経済アナリストになるわけでもないです。

 

一方、海外ではダブルメジャー(専攻の学士を2つ持って卒業できる制度)が多いので、

建築と心理を専攻して、「人にやさしい建築家になる」みたいなことも実現できる背景があります。

 

すみません、脱線しましたので、話を戻すと

 

子どもたちのいう将来なりたい職業の

医者や薬剤師などは専門職にあたるわけですので、

案外まだまだ狭い視野で仕事を探しているのかもしれません。

 

それ以上に、「世の中にある仕事について

あまりよく知らない。」というのが正直なところでしょう。

 

しかし、こうやって並べてみると

世の中は、いろんな仕事をしている人で支えられているのですね。

 

 

 

例えば医療系の場合・・・

 

医師・看護系
医療技師・機器系
医療事務系
薬学系
歯科系
動物医療系

 

また更に分類されていきました。

 

 

給料別に比較すると・・・

 

医師・看護系 医師:平均1000万、看護師:平均500万
医療技師・機器系 平均400万
医療事務系 平均260万
薬学系 平均530万
歯科系 歯医者:平均700万、歯科助手:平均300万
動物医療系 平均580万

 

 

さっくりすぎますが、ざっくりこれくらいでした。

 

もちろん病院の規模にもよりますし、内科医・外科医によっても違います。

歯医者も医師か助手によっても給料に開きがありますし、クリニックで勤務するのか

大きな病院で勤務するのかによっても大きく異なるのが医療系です。

 

働くうえで、やりがい・人のためなど大切な部分が欠かせない仕事ですが、

一方でそこで働く人にとって給与はその後の人生を大きく左右します。

 

自分にとっての一番を決めるのはとても難しい作業ですが、

少しずつ段階的に見ていくことにしましょう。


 

まとめ

今回は、世の中にある仕事を紹介しました。

 

1⃣ 27の仕事から、自分の興味のある枠を選択。

2⃣ その枠の中にある仕事をさらに細分化する。

 

まずは、この2つから仕事の中身が見えてくることでしょう。

 

 

次回は、世の中にある色々な仕事を

少しずつ紹介していきますね。

 

 

 

この記事は、 おおたが書きました。

 

 

私の小さい頃の夢は歯医者さんでした。

 

「君は虫歯がないね!」と褒められてうれしかったのが

歯医者さんになりたかったきっかけです。(笑)

なんでそれで歯医者さんになりたくなったのか、自分でも謎です。