You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【新高1】高校の授業ってどんな勉強をするの?

 太秦教室

中学3年生にとって高校受験は大きな目標で、中学校生活のゴールのようなものですよね。しかし、高校に合格した先には当然高校生活が待ち受けています。部活や新しい友だち、放課後の寄り道、もしかしたらバイトも…?今は高校生活への希望でいっぱいだと思いますが、高校での勉強について少しお話させてください。

高校では科目が倍増

小学校から中学校に上がって勉強のレベルが上がったように、高校では中学校の時よりも勉強が大変になります。どれくらい大変なのかというと、まず科目が倍増します。そして科目が倍増するにも関わらず1つ1つの科目のスピードは中学校の時よりも早くなります。

 

数学→数学機⊃学A

まず、数学です。数学は数学気反学Aの2つに増えます。それぞれが中学校の1年分以上の分量で、その上授業のスピードは中学校の時とは比べ物にならないので少しでも油断をしているとすぐに置いて行かれてしまいます。学校によっては、授業中には問題演習をほとんどしないので、教わったことの定着は問題集を使って自分でしなくてはいけません。数学気反学Aを両方とも並行して進めていく学校と、数学気1単元進めてから数学Aを1単元また数学気北瓩辰藤叡姥…といった感じに交互に進めていく学校があります。

 

英語→文法、長文、英会話など

次は英語です。英語は学校によっても異なりますが、2〜3の科目に細分化します。文法と長文読解は授業が分かれているのが一般的です。中学校のときは、1つの授業の中で文法を習い、その文法を使った長文を読むという流れの授業だったと思います。しかし高校は文法と長文読解が分かれているので、文法の授業と長文読解の授業で全然違う文法が出てくることもよくあります。

 

国語→高1の間は1つ

数学も英語も科目数が増えるので、国語も…と不安になりますよね。でも国語だけは高1の間、中学校の時と同じように1つの科目の中で現代文と古文をすることになっています。現代文と古文を1単元ずつ交互に進めていく高校が多数派です。一部の学校では現代文と古文を並行して進めることもしますが、それは少数派です。

 

理科→物理、化学、生物、地学

理科は大きく分けて物理、化学、生物、地学の4つに分かれます。また物理は物理基礎と物理、化学は化学基礎と化学…といった感じで、基礎科目と本科目に分かれています。物理を勉強したいと思ったら、まずは物理基礎から履修しないといけません。高1で物理基礎を勉強して、高2や高3で物理を勉強することになります。他の科目も同じように、基礎を勉強してからでなければ本科目に進むことはできません。

選択の自由はほとんどない

ただし進学する高校や選択するクラスによって何を勉強することになるかは決まっていることがほとんどです。選択の自由があったらかなりラッキーです。一度クラス選択やコース選択をしたら、最後まで変更できないのが一般的なので、よく考えて選んでくださいね。

 

社会→地理、日本史、世界史、政治経済、倫理、現代社会

社会は地理、日本史、世界史、政治経済、倫理、現代社会の6つに分かれます。社会も理科と同じくすべて履修するわけではありません。また理科同様に選択するコースやクラスによって科目は決まっていることが多いです。社会も興味関心が得手不得手に直結する科目なので自由に選択したいところですが、残念ながらそうもいかないということです。社会には理科のような基礎科目というのはありませんが、日本史や世界史は分量が多いので1年半〜2年間かけて授業をする学校もあります。

 

実技科目は?

保健体育→保健と体育

中学校では1つの科目としてまとめて成績がついていましたが、高校では独立した別の科目になります。とはいえ、保健の授業を担当するのは体育の先生であることが多いので、中学校時代との差はあまり感じません。体育は種目選択ができる学校もあるので、得意な科目を選択して楽しみたいですね。保健はどの高校の生徒を見ていてもレポート課題が多いのが特徴です。

 

美術、音楽、書道→どれか1つを選択

入学前に1科目選択をして、何事もなければ3年間同じ科目を受けるのが一般的です。絶対に変更できない、ということもありませんが道具の購入が必要な科目もあるので、できれば同じ科目で続ける方がいいと思います。

 

技術家庭→家庭と情報

衣食住について学ぶ家庭科は中学校の時と変わらない内容で続きます。しかし技術という科目はなく、情報という科目があります。パソコンやプログラミングを中心とした科目なので、中学時代のような木工や機械づくりはまったくなくなってしまいます。ちょっと寂しいですね。情報の授業では、タイピングのテストもあるのでパソコンに普段さわらない人は大変な思いをするかもしれません。

 

成績について

1,2学期の成績は10段階でつき、学年末の成績が5段階という学校が多いです。中学校のときは、通知表の成績を「内申」「内申点」などと呼んでいましたが、高校生になると「評定」「評定平均」という言葉を使い始めます。不思議ですが、塾や受験業界では慣習になっています。

 

評定平均って?

中学校の成績については、高校受験でどのように使われるか都道府県によって違います。中学3年生の成績だけを使う県もあれば、中学1年生からの成績を使う県もあります。大阪のように、複雑な内申点制度を導入しているところもありますね。大学入試で使用される高校の成績はシンプルです。都道府県に関わらず、高1、高2の学年末、高3の1学期や前期の成績をすべて足して科目数で割った数字が「評定平均」です。

 

赤点って?

高校には、「留年」という制度があります。留年というのは、成績や出席日数に問題があって次の学年に進級できないことです。関係ないまま3年間を過ごせるのが一番ですが、一応お話ししておきますね。定期テストの点数が低いと「赤点」と言って、留年候補になってしまいます。赤点の基準は学校や担当する先生によっても変わりますが、よく聞くのは「平均点の半分未満」「30点未満」です。

 

追試や補修

基準点以下の点数や成績をとると、追試や補修を受けなくてはいけません。ちなみに私は砲丸投げで50センチという記録を出してしまい体育の補習を受けたことがあります。ふざけていたと疑われたようです。放課後、厳しいことで評判だった先生の前であらためてフォームを指導されて真面目に投げましたが、砲丸は手元から離れた途端に垂直落下し疑いは晴れました。その後筋トレと走り込みを課せられたのが良い思い出です。他の科目も同じようなものです。

 

つまり、せっかく高校に合格したのに勉強し続けないといけない

高校入学後にさぼっていると、みるみるうちに成績が下がってしまいます。そもそも中学校と違って高校には同じくらいの学力の生徒が集まります。いろいろな学力層がいるなかで成績が決まった中学校と違って、1〜5の幅が狭いんです。さぼればすぐにテストの点数も成績も下がってしまいます。でも、その代わり頑張ればすぐに点数アップ、成績アップできるのも高校の良いところです。

 

高校の勉強は…

「中学校の3倍は大変だった」と今年卒業する高3生が話していました。「テスト前に勉強するだけだと、追いつかなくて赤点ギリギリだった。でも、やばいと思って日頃から勉強していたら次のテストではクラス3位になった」と不思議がっていましたが、同じ学力層が集まる高校ではそれも当然なんです。

 

楽しい高校生活を!

部活も友人関係も、中学校の何倍も大変で何倍も楽しいのが高校です。ただしそれは、勉強という高校生活ひいては進路の土台になる部分がちゃんとしてこそです。高校合格は確かに中学生活のゴールかもしれませんが、ようやく義務教育が終了し自分の力で人生を進む資格を手に入れたに過ぎません。長い人生の出発点として悔いのない高校生活を送ってくださいね。

 

この文は尾花が書きました。