You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【受験】がんばれ受験生!お母さんができる応援特集〜間食を変えてみる

 太秦教室

この時期になると毎年スーパーのお菓子売り場が受験生応援お菓子で賑わっていますよね!最近は種類が増えましたし、パッケージの可愛さもあって、つい手に取ってしまう受験生を持つお母様も多いのでは…?

 

でも、ちょっと待ってください。甘いお菓子やスナック菓子はお子様の集中力を下げてしまうかもしれません。一分一秒でも集中して勉強してほしい今だから、いつもより少しだけお子様の食事や間食をくふうしてみませんか?

甘いチョコレートやクッキーはNG

一生懸命勉強するおこさまを見ていると、甘いお菓子を用意してあげたくなりますよね。私も甘いものが大好きなので、家にチョコレートのストックがないと不安なくらいです。でも、実は甘いチョコレートやクッキーは集中したいときの天敵なんです。ミルクチョコレートやクッキーなど砂糖が盛りだくさんの甘いお菓子は、血糖値を一気に上げて一気に下げてしまうので、脳がエネルギー不足になってしまうんです。血糖値が一気に下がるとき、頭がぼーっとしてしまいしゅうちゅうできなくなってしまうんです。

 

血糖値のこと少しだけお勉強

血糖値というと、健康診断やダイエットで気にしますよね。あの血糖値がお子様の勉強にも関わっているんです。お子様の受験成功のために、少し難しい話にお付き合いくださいね。血糖値というのは血液中の糖の量のことです。「高いとよくない」というイメージがあるのではないでしょうか?

 

糖って何?

そもそも、糖というのは食事で私たちの体に取り入れられています。チョコレートや果物のように甘いものに含まれている糖だけでなく、ご飯やパンに含まれる炭水化物は糖に分解されて吸収されています。糖は私たちの脳や体を動かすエネルギー源なのでないと困ってしまいます。特に、脳は糖がなければ動かない厄介なものです。

 

血糖値は一定状態を保とうとする

今はおなかがすいたら何か食べられる時代なので、糖が足りなくなったらすぐに補給できます。しかし人類…というか生物は自然状態では常におなかがすいている状態の方が普通です。次にいつご飯を食べられるかわかりません。だから私たちの体には、糖が体に吸収されて血糖値が上がると今すぐ使わない糖を貯蔵する働きがあるんです。すると血液中から糖がなくなるため、血糖値が下がります。血糖値が下がると、体は「糖が足りていない」と判断しおなかがすいてしまいます。

 

おなかがすくということ

「糖が足りないなら、貯蔵したものを使えばいいじゃない」と思いますよね。でも厄介なことに、私たちの体は次にいつご飯を食べられるかわからない飢餓状態を想定して作られているので、せっかく貯蔵した糖を使うことを嫌がります。「糖が足りないよ〜」と空腹感として訴えてくるわけです。空腹感がある…つまり血糖値が下がったということは、脳に糖がまわらなくなってしまい、頭が働かなくなってしまっているということです。

 

糖は必要だけど…

頭を使うには糖が必要です。しかし、糖をとりすぎると急激に血糖値が上がって下がるので、脳に糖が回らなくなってしまいます。では、どうしたらいいのでしょう。

 

甘いチョコやクッキーは血糖値を急激に上げてしまう

急激に血糖値が上がると貯蔵システムが働いてしまいます。吸収しやすく貯蔵もされやすい砂糖が多く含まれたミルクチョコレートやクッキーは血糖値が上がりやすいものの代表例です。食べた瞬間は血糖値が上がり脳にも糖分補給ができますが、すぐに糖は貯蔵に回されてしまい頭が回らなくなってしまいます。

 

貯蔵しにくい糖をとる

糖は糖でも、貯蔵しにくい糖をとるのがおすすめです。実は、食物繊維は糖でできているんですが、お菓子に含まれているような簡単に吸収、貯蔵される糖とは違う形をしているので、血糖値の上がり下がりはゆるやかです。とはいえ間食に食物繊維が豊富な野菜を食べるのはあまり現実的ではないと思います。

 

おすすめの間食は全部で3つ

血糖値を急激に上下させず、腹持ちもいいおすすめの間食は全部で3種類あります。

おすすめその_綿

そこで、おすすめなのが果物です。果物には糖が含まれていますが、同時に食物繊維も含まれているので急激な血糖値の上下は起こりません。しかも、水分の多い果物の消化スピードは他の食品に比べて早いので、食べてすぐにエネルギーにすることができます。スポーツ選手がバナナを食べるのと同じ効果を期待するわけですね。ただし果物は食後すぐに食べると、ほかの食べ物と一緒に胃に長くとどまり酸化してしまうこともあるので、食べるのは「食後おなかがすいたら」にしましょう。

 

おすすめその▲淵奪

ナッツには、勉強にとって良いことしかない間食です。まず、糖がすくないので急激な血糖値の上下が起こりませんが、糖がまったく含まれていないわけではないので、適度に血糖値を保つことができます。特にピーナッツは、食物繊維、脂質、たんぱく質のバランスが良く、血糖値を一定に保ちやすいそうです。果物よりもさらに持ち歩きが簡単なので、塾のおやつに持たせてもいいかもしれません。

 

おすすめそのビターチョコレート

チョコレートはダメと書いておきながら、ビターチョコレートは矛盾しているようですが糖分が少ないビターチョコレートは集中力アップにおすすめなんです。チョコレート…というか、カカオ自体は食物繊維、ポリフェノール、たんぱく質を含み血糖値の急上下を抑える働きがあります。ところがカカオは砂糖なしでは苦みと酸味が強くて食べにくいので、一般的なミルクチョコレートには大量の砂糖が入っています。それではせっかくのカカオの健康効果が台無しです。だから甘いミルクチョコレートではダメなんです。

チョコはチョコでもビターチョコレート

しかしナッツや果物と組み合わせて、少量のビターチョコレートを摂るのはむしろおすすめです。カカオ配合率が90%を超えるとかなり苦味、酸味がきつく食べにくくなってしまうので、70〜90%くらいのビターチョコレートがおすすめです。集中力アップの特効薬にどうぞ。

勉強に効く間食は健康にもいい

ここまで読んでいただいた方はお気づきかもしれません。勉強に効く間食とは血糖値の激しい上下を防ぐものです。つまり、健康にもいいものということです。お子様の勉強を応援するついでに、家族の健康も手に入れば一石二鳥。自分のためにはなかなか変えにくい生活習慣も、お子様のためなら案外簡単にできちゃうかもしれませんね!

 

この記事は尾花が書きました。