You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【大学入試】センター試験当日にやってはいけない3つのこと

 大学受験関連

いよいよ明日はセンター試験当日ですね。

力を遺憾なく発揮するために!

センター試験当日にやってはいけないことを今日はお話ししたいと思います。

今日やってはいけないことは、こちらのページをどうぞ。

【大学入試】センター試験直前!やってはいけない3つのこと



1.普段してないことはしない

特に良くないのは、普段食べ慣れていないものを口にすることです。


例えば、飲み慣れないエナジードリンクを飲むとか。

朝ごはんに、願掛けで「豚カツ」を食べるとか。


それがいつも通りのことなら構わないんです。この一年、模試の日には必ずしてきたルーティンなら止めません。


しかし、飲み慣れないエナジードリンクでかえって調子を崩したり、朝の「豚カツ」で胃もたれしたりするのは、実はよくある失敗話なんですよ。


最悪の場合は、腹痛で試験中全然集中できない、なんてことも……。食事の時間や量もなるべくいつも通りにして、調子を整えましょうね。


風邪や睡眠にも気を使わないといけませんが、「お腹」の管理も忘れないでください。


2.休憩を甘く見ない

センター試験最大の敵は、長い休憩です。


みなさんがこれまで受けてきた模試は、2日分の科目を1日にぎゅっと凝縮したものですよね。休憩は短くて、慌ただしい印象があるのではないでしょうか?


センター試験本番のような長い休憩は初体験だと思います。


この休憩が曲者で、1科目終わる度に集中力を奪っていくんです。かと言って、長い試験なので最初から最後まで集中力を途切れずに済ませるのはとても難しいです。


そこで、休憩の過ごし方を試験前に決めておきましょう。休憩の前半はトイレ休憩や息抜き、終了10分前からは次の科目の復習をして集中する、というのがおすすめです。できれば、友だちとは会わない方がいいです。


会ったら、前の科目の答え合わせをしたくなってしまいますからね。終わった科目の答え合わせ(しかも、本当の正答は誰も知らない)ほど不毛なことはありません。これが1番してはいけないことです。


友だちと過ごす場合でも事前に、終わった科目の話はしない、と約束をしてきちんと休憩時間の使い方を決めましょう。


当日、偶然会場で会ったクラスメートと何となく休憩を一緒に過ごす…なんてことがないようにしてくださいね。


3.1日目の自己採点はしない

「自己採点しなさい」と言う人もいますが、私は自己採点しないことを勧めます。


1日目の自己採点をするのは、2日目の科目で何パーセントくらい取らなくてはならないか戦略を練るためです。でも、そんなこと冷静にできますか?内容のわからない試験に対してどうやって戦略を練ると言うんでしょう?


難易度や自分の得手不得手との兼ね合いで、思ってもいない科目で得点が伸びることもあればその逆もあります。1日目の点数に一喜一憂しても仕方ないんです。1日目の手応えに関わらず、2日目は2日目で全力を出しきる。それだけです。


あっ。

1日目の夜に自己採点をしないついでにネット断ちもしましょうね。受験本番の今、SNSはしていないと思いますが、SNSで「センター試験」と検索するのは愚の骨頂ですよ。試験についての友だちの手応えを知りたければ、2日目のテストが終わってからで充分です。


自己採点も友だちの感想も2日目の夜にとっておきましょう。


4.まとめ

センター試験当日にやってはいけないことはわかりましたか?

”畸覆靴討覆い海箸呂靴覆

休憩を甘く見ない

1日目の自己採点をしない

3つとも、自分のペースを作るために必要なことです。

普段と違う環境で、できる限り「いつも通り」の力を発揮するために守ってくださいね。


大丈夫。落ち着いて。

力が発揮できることをここから祈っています。


この文は尾花が書きました。