You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【中1・2イベント】レベルアップ!3Days!

 茨木教室

 

 

年末の総仕上げ、今回は中1・2年生を集め

古文・リスニング・単語暗記特訓と3日間ガッツリ勉強していただきました。

 

3日間、担当講師は日替わりで行いました。

では、振り返りましょう〜!

 

古文の第一印象ってどんな感じ?

 

「古文がきらい」

「何が書いているかさっぱり分からん」

「古文を勉強する意味が分からん」

「昔の人の書いた文章をなんで読むの」

 

古文について、聞いてみたら

まぁまぁ出るわ出るわの後半悪口です。

 

というわけで、1日目は室長の私が授業を担当しました。

古文を勉強しておくとこんないいことがあるよ〜

という話をしつつ、文法の説明を進めていきました。

 

 

「の」とか、 人名の後の「、」は 主語を表す「は、が」が省略されているよ。

じゃぁ、一緒に読んでいこう!

 

少し読めると、ドンドン楽しくなりますね。

 

楽しくなってきたので、

「春はあけぼの」から「冬はつとめて」を時間区切って暗唱しました。

 

古文の意味を説明していると、

あはれ、をかしがたくさん出てきますね。

 

現代語訳が固いので、

「趣がある、風情がある」って、今っぽく言うとどういう意味なの?

と聞いてみたら、

 

生徒くん:「イイ感じ?」

 

みんな笑ってくれました。

 

リスニングの基本

 

今回参加してくれた生徒の中には、

外部の英語クラブや英会話教室に通ってくれている生徒たちも

参加してくれていました。

 

 

【ある日のカウンセリングで】

 

今回のイベントをするにあたって、

カウンセリングの際に、生徒にリスニングの印象を聞いたのですが、

 

 

 

生徒さん「リスニングって何となくできるし、イベントでなくてもいい?」

 

 

 

お母様「でも毎回、定期テストで数問間違えてくるよね。せっかくだし、イベント出席したら?」

 

 

 

私「なんとなく聞いてしまうと、このまま “なんとない点数” しか取れなくなるから、まずはきちんとルールをおさらいしようか。次は満点取ろう!」

 

 

 

ということで、まずは、きちんとリスニングをきいて何となくわかるのではなく、

「テスト(試験)」として考えた時に、どういうことに気を付けて聞き取れたら、きちんと〇がつくのかを説明しました。

 

1

Do you 〜 ?

Does he 〜 ?

 

と聞かれたら Yes/No で答える。

2

How 〜 ?

 

と聞かれたら 

 

■「どのように?」:方法・手段を質問されているので、

By bus .  など、「交通手段・移動手段」で答える。

 

 

■「どんな?」:様子を質問されているので、

That was interesting . など、「形容詞」を使って答える。 


 

 

普段英語を外部で習っている生徒にも刺激になったようで、

とても有意義な時間になりました。

 

 

3学期の英単語全部覚えましょう!+α

 

3学期の学年末テストは、まだまだ先だと思っていませんか。

 

確かに、受験生の中3生を除けば、

2月末の中学校が多いので、まだそんなに急がなくても…

という気持ちになってしまうのですが、

 

勉強は「段取り」が全てです。

 

どれだけ勉強できたかは、どれだけ「段取り」よくテストまで積み上げたかが勝負を分けます。

 

今、英語の単語をしっかり覚えて3学期に臨めば、

きっと社会や理科の暗記科目にもっと余裕をもって時間を使えるのではないでしょうか?

文法確認のための問題をたくさん演習できるのではないでしょうか?

 

完璧な方法は1つとしてないのかもしれませんが、

それを「自ら」考えて、「実際に行動に移すこと」ができれば、

成績は必ずアップすると思います。

 

私たちは講師一同、これからもそうやって皆さんを

全力でサポートしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

3Daysに参加くれた生徒たちの感想(抜粋)

 

「古文など、普段家では時間が取れずにいた勉強を塾でできてありがたかった。」

 

「最初は3日間もダルいと思ってたけど、古文や英単語を覚えるのにいつもひとりだと時間がかかっていたので、こういう授業があってよかった。」

 

「担当してくれた先生たちみんなとても分かりやすくて、楽しい授業でした。暗記がにがてだったけど、この3日間で治せたかなと思いました。」

 

「3日間となると本当につかれるけど、定期テストにも役立つので参加してよかったと思いました。」

 

「英単語が特によかった。」

 

 

普段あまり生徒から面と向かって言われたことのない言葉に、

少し胸が熱くなった3Daysでした。

 

年始もよろしくおねがいいたします。

 

 

 

この記事は、 おおた が書きました。