You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【大阪府】ころころ変わる公立高校一般選抜入試の仕組みを解説

 高校受験情報(大阪府)

JUGEMテーマ:教育

 

 

今回は、大阪府公立高校一般選抜入試について解説します。

大阪府の2つの入試(一般選抜・特別選抜)

大阪府の公立入試には大きくわけて、2つの入試があります。

前期・後期とわかれていたときとはまた違うので、先輩や、兄弟姉妹の情報を鵜呑みにしないように注意しましょう。

一般選抜入試

ここには、いわゆる勉強系コースのすべてが当てはまります。

  • 千里高校の国際と総合科学
  • 千里青雲高校の総合
  • 槻の木高校の普通科単位制

これらも令和元年現在は、一般入試です。

特別選抜入試

こちらには、勉強系以外のコースがすべて当てはまります。

例えば摂津高校の体育科や、夕陽丘高校の音楽科のような、勉強系以外の特殊な学科が、特別選抜に当てはまるということです。

特別選抜についてはこちらの記事からご確認ください。

【大阪府】ややこしい公立高校特別選抜入試を簡単にわかりやすく解説してみた!

 

入試時期は?

3月の中旬です。

一応中三の内容は全て終わっているとして、出題されますが、対策をしっかりとしていないと演習不足になりますので、予習は早めに終わらせてしまいましょう。

 

ちなみに私立入試は2月の初旬にあるため、私立が終わってから約1カ月後に一般入試があります。

私立の入試が終わったから少し休憩と言えるような状態ではないので、すぐに公立高校に向けた対策を開始しましょう。

評定(内申点)は?

一般選抜の場合、1年から3年の成績がすべて入りますが、その割合が異なります。

1年生:2年生:3年生=1:1:3 の割合で計算されます。

満点は450点満点なので、実際の計算では1年の内申を2倍、2年の内申を2倍、3年の内申を6倍にすれば450点満点で計算できます。

一般選抜入試の試験について

【一般選抜入試】筆記試験問題は?

1教科90点満点、5教科450点満点の試験です。

一般選抜は入試の時期は先述のとおり、3月ですが、中3の最後の内容まで基本的には入ります。

数英国にはA・B・Cの3段階の難易度があります。しかし、実際A問題を採用しているところは少ないです。偏差値60以上はC問題、それ以外はB問題とさっくり思ってもらって構いません。

理社は共通問題です。すべての受験生がうけるものになるので、しっかりと点数は狙いたいところです。ただし、簡単に取れる試験ではなくなってきているので、しっかりと対策を練りましょう。

詳しくはこちらをご参考下さい。

大阪府公立高校入試合格者平均点と難易度・出題分析

【一般選抜入試】総合点の計算方法は?

筆記試験450点・評定450点で一度計算し、そのあとに高校ごとに決まっている比率を計算します。

「試験:評定」の比率には7:3、6:4、5:5、4:6、3:7の5段階あります。

例えば6:4ならば、筆記試験540点、評定360点ということです

その合計点で 9割の合格者が決まります。

残りの1割は?

残りの1割の合格者は、受験者を点数順に並べ、募集人数の9割〜11割までにいる受験者を自己申告書を参考に判断します。

自己申告書は、中学で学んだことや高校に入ってからやりたいことを、事前に書いて提出するものです。

高校ごとにあるアドミッションポリシーなども関係してきます。

自己申告書についても詳しく書いていますのでこちらを参考にしてください。

自己申告書の書き方

 

※内申点が0点扱いの人に対する救済処置もありますが特殊すぎるので説明を割愛しています。

 

一般選抜入試のまとめ

大阪府公立高校一般選抜入試
  • 【解説1】一般的な勉強を学科が行う試験
  • 【解説2】入試時期は私立の1カ月後
  • 【解説3】評定は3年の3学期まで
  • 【解説4】試験も大事だが、自己申告書も大切

一般選抜入試を簡単に解説してみました。

もし、具体的に○○高校についてもっと詳しく知りたい!というからは、直接塾にまでお尋ねください。

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

この記事は瀧本が書きました