You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【大学入試】英語民間試験の導入が延期!!英検・GTEC対策をしてきた人は共通テスト、どう対策したらいい??

 大学受験関連

2019年11月1日、萩生田光一文部科学大臣から英語民間試験の導入を延期することが正式発表されました。

 

民間試験の導入を発表した大学を志望しているなら、英作の対策、スピーキングの練習も開始していたのでは……?

英検を申し込んだ人や、指定されている民間試験を受検できるかどうか心配していた人もいますよね。

 

 

言いたいことは色々ありますよね……。

わかります。私もあります。

 

しかし導入の延期が決定となった今できることはただひとつ。

共通テストの英語対策です。

 

「でも、共通テストの英語って何が出るかわからないじゃん…」

 

確かに高校2年生(2019年11月現在)のあなたが受験するのは共通テスト初回実施なので、過去問がありません。

しかし、試行調査の問題を参考にしてどのような出題になるかを予想することはできます。

今回は試行調査の問題をもとに、共通テストのポイントをお話ししたいと思います。

センターから共通テストへ 何が変わるの?

共通テストの英語は「リーディング」「リスニング」です。センター試験は「筆記」と「リスニング」の試験がありました。「リスニング」は変わっていませんが、「筆記」が「リーディング」に変わりましたね。

 

この科目名の変化が、実は共通テスト最大のポイントです。

 

センター試験 英語「筆記」とは?

センター試験の英語「筆記」の問題は、大きく分けて3つのパートから成っています。

 

“音、アクセント

⊇聾譟語彙、整序も含む文法問題

D絞呼媛

 

「筆記」の試験で、「スピーキング」「ライティング」「リーディング」の能力を測っていることが分かりますか?

“音、アクセントが「スピーキング」、∧庫〔簑蠅「ライティング」、D絞呼媛鬚「リーディング」の検査です。

 

ちょっと無理がありますね。

アクセントの問題に正解することと英語が話せることは別のこと。

発音やアクセントを暗記しても英語を話せるようにはなりません。

「センター試験の内容を変えなくてはいけない!」という文科省の主張も確かに理解できるんですよね……。

 

共通テスト 英語「リーディング」とは?

そこで、共通テストの英語は「リーディング」と科目名を変えることになるんです。「リーディング」つまり、「読むこと」に特化した試験に生まれ変わるということです。

 

「スピーキング」や「ライティング」の問題は、ばっさりと捨てました。アクセントや発音の問題は試行調査では一問も出題されていません。熟語や語彙を選択する四択問題もありません。

 

出題は読解問題のみです。とにかく「読む力」「読むテクニック」が試されます。

 

「なーんだ。長文読解なら文法より得意だよ」と思った人、いませんか?

 

読解と聞いて自動的に「長文」と思ってはいけません。共通テスト英語「リーディング」には、レシピやブログ、手紙、新聞記事など、様々な形式の文が出題されます。文の形式に合わせて、読み方を変える力が必要になるということです。

 

では、ここで2018年に行われた試行調査の問題構成を確認してみましょう。

 

2018年共通テスト英語「リーディング」試行調査の問題構成

第1問 (10) A手紙 小問2、Bウェブサイト 小問3

第2問 (20) Aレシピ 小問5、B記事 小問5

第3問 (10) Aブログ 小問2、B記事 小問3

第4問 (16) 記事 小問5

第5問 (20) 記事 小問4

第6問 (24) A記事 小問4、B記事 小問4

 

雑誌や新聞記事の形式が多いですね。全ての問題に関して求められているのは、問われたことに答えるために必要な情報を素早く正確に拾い上げることです。

 

共通テスト、どう読む?

すべての問題に共通するのは、小問→本文の順で読むことです。小問の問題文だけ読んで、何を問われているか、文の方向性をチェックしてください。

 

この時点ではまだ小問の選択肢は読んではいけません。選択肢はどの問題も4つずつあります。小問が5つあったら、全部で20。

それをすべて暗記したうえで本文を読むことを想像してみてください。本文の内容を入れる容量がなくなってしまいます。

 

小問に対する答えが本文中に出てきたら、その都度問題を解きに小問に戻ってください。ただしその都度小問を戻ると、本文を読む流れが途切れてしまいます。問題を解く前に読んでいた内容を忘れてしまうこともありますよね。

 

長い文章や内容の難易度が高い場合は答えが書いてあった部分に印をつけて、小問の答えを全て得られる部分まで読みましょう。

大体の場所を覚えるのではなく、印をつけておく、というのがポイントです。入試の時は1秒が惜しいので重要な情報は可視化してすぐに使えるようにしておきましょうね。

 

本文、本文って言ってるけど…

高校の英語の教科書に掲載されているのはエッセイや記事からの抜粋が多いですよね。共通テストで出題される手紙やブログ、広告、メール、ウェブサイトなどには、エッセイや記事にはない注意事項があります。

 

例えば手紙が出題されたとき、「本文を読もう」と思った時、きちんと宛名や日付から読んでいますか?手紙問題では、書かれた日付が問題のポイントになることが多いですよね。

 

6月に書かれた手紙の中で、「先月、ロンドンに旅行に行った」と書かれていたら、ロンドンに行ったのは5月だとわかります。

逆に日付にまったく注意が向かわず見ていなかったら、ロンドンに行ったのがいつなのかわかりません。

 

ブログやメール、ウェブサイトなども同じです。広告やウェブサイト、レシピ等文字に大小があるものは大きな字に目が行きがちです。しかし、重要な情報が小さな字で書かれていることもありますの、隅から隅まで目を通す癖をつけましょう。

 

正解のヒントがイラストに?

2019年実施の共通テスト試行調査では第3問のAでは高校の学園祭に関するブログ記事が出題されました。

 

問題用紙にはカラオケ大会に出題したというブログ記事と、カラオケ大会の表彰のイラストが載っています。カラオケ大会は、"we almost won"「2位だった」と書かれています。"almost win"という表現がわかれば、「あっ、2位だったのね」とすぐに分かりますよね。

 

しかし、"almost win"というイディオムを、受験生全員が覚えているかというと微妙なところです。覚えていなくても想像力を働かせると"almost"「ほとんど」…つまり、「ほとんど勝ち」だから2位かな?と思いつくでしょう。しかし確証は得られません。

 

そこでイラストを見ると表彰台に2人で上がっているのは2位だけということがわかります。ブログ記事には、"we almost won"とありました。”we”つまり2人以上で出場したということなので、やはり2位で良かったということが確認できる、というわけです。

 

"almost win"の意味に確証が持てない人にとって、この問題で正解できるかどうかのポイントはイラストです。図表問題でグラフや表も問題の一部であるように、イラストがあればイラストも問題の一部だということです。

 

共通テスト 英語「リーディング」のために今するべきこと

では、このような問題の解き方は共通テストだけに必要なことかというとそうではありませんよね。センター試験でも、英検でも、読解問題には同じように対応すると思います。だとしたら、必要なことは同じですよね。

 

まずは、文章を速く正確に読む力を身につけることです。

 

速く読むために…

速く読めるようになりたかったら、音読と同時訳を繰り返し練習しましょう。

 

音読をしていると、黙読と違って一度読んだ文を前に戻ることができません。意味を考えようとすると前から順に訳していくしかないんです。しかもきれいな日本語に直す時間がないので英語の語順のままで文をとらえていくことになります。これが同時訳です。

音読と同時訳ができるようになると、黙読時の読むスピードも上がります。

 

もしCDつきの教材があれば、CD以上の速さで読めるまで練習してみてください。CD以上の速さで読めるようになるとCDがゆっくり聞こえるようになります。リスニングの練習にもなって一石二鳥ですよ。

 

正確に読むために…

英語を正確に読めるようになりたかったら、英文解釈を丁寧に行ってください。

確かに語彙とイディオムが分かっていれば、共通テストレベルの英文であればある程度意味はわかります。共通テストのことだけを考えれば精密な英文解釈は必要ありません。

 

しかし考えてみてください。

もし、試行調査よりも難易度が上がったら…?

もし、私大を一般受験することになったら…?

 

共通テスト対策に私大を持ち出すのは邪道ですが、私大の英語は現時点でセンター試験よりもかなり難易度が高いです。初の共通テスト受検者のあなたの場合、国公立大学の合格の目安がまったくありません。自分の共通テストの結果が高いのか低いのかすらわからないまま国公立二次を迎えるのが不安で、私大の一般試験を受けることになる可能性がありますよね。

 

共通テストレベルの英文に照準を合わせていたら、滑り止めのつもりの私大に思いがけず不合格……なんてこともあるかもしれません。

 

だから英文解釈は必ずやってほしいんです。SVOC、形容詞句、副詞句をとって、文構造を正しくつかみ、和訳をしてください。

英文解釈は、文法が理解できてからでないと意味がありません。そもそも文法に不安がある人は、文法学習を先に終わらせてくださいね。

 

共通テスト英語「リーディング」の配点は?

先ほどの問題構成をもう一度確認してみましょう。

 

第1問 (10) A手紙 小問2、Bウェブサイト 小問3

第2問 (20) Aレシピ 小問5、B記事 小問5

第3問 (10) Aブログ 小問2、B記事 小問3

第4問 (16) 記事 小問5

第5問 (20) 記事 小問4

第6問 (24) A記事 小問4、B記事 小問4

 

()の中の数字は、大問ごとの配点です。第1問、第2問、第3問は1問2点、一番配点が大きい第5問でも1問5点です。1問2点というと、国語の漢字と同じです。低いですよね…。

 

配点もセンター試験から大きく変化したことの1つです。センター試験では、英語の「筆記」が200点満点でしたが、共通テストでは「リーディング」が100点、「リスニング」が100点に変更されました。

 

センター「リスニング」から共通テスト「リスニング」へ

「リスニング」は共通テストになっても変わらず「リスニング」という科目名で継続されますが、内容は変化します。

 

センター試験では必ずスクリプトを2回繰り返し放送していましたが、共通テストでは1回しか放送されない問題があります。

また、共通テストではアメリカ英語だけでなく、イギリス英語、日本人が話す英語が使われます。アメリカ英語とイギリス英語の差は、日常英会話であればそこまで気にする必要はありません。しかし共通テストでは何があるかわからないので、イギリス英語のリスニング練習もしておきましょう。

 

それよりも訓練が必要なのは、条件整理の必要な問題です。センターにも出題されていましたが、放送を聞いて条件を整理して正解を導く難問が共通テストにも引き継がれています。単なる英語の聞き取りだけでは対応できない問題なので、高得点を狙う人は必ず対策しましょう。

 

共通テスト英語「リスニング」の問題構成・配点

第1問(24) A短文 小問数4、B短文 小問数3

第2問(12) 対話 小問数4

第3問(16) 対話 小問数3

第4問(12) A短文 小問数2、B条件整理 小問数1

第5問(20) 状況整理 小問数5

第6問(16) A対話 小問数2、B対話 小問数2

 

状況のバリエーションはセンター試験と大きく変わりません。共通テストに限ったことではありませんが、注意事項を読み上げている間にどれだけ選択肢を吟味しておけるかがポイントです。時間を有効活用しましょう。

 

また、リスニングが長時間続くと集中力が途切れてきます。入試が近くなったら、必ず試験と同様30分間のリスニング練習をしてください。

 

共通テスト「リスニング」のために今するべきこと

聞き取るためには、話せるようになることが一番の近道です。

 

まずは、1センテンスごとに区切ってCDの発音を真似することから始めましょう。正しい発音を真似るように心がけてくださいね。

一通り音読できるようになったら、次はシャドーイングです。CDの音声を追いかけるよう真似て発音する練習です。CDは止めずに流しっぱなしにするので、最初の頃はCDの速さについていけないと思いますがそれはそれで大丈夫です。音読が飛ばし飛ばしになってしまって構いません。

 

シャドーイングの時に、自分の声を録音してCDと聞き比べるのも効果的です。自分の英語を客観的に聞けます。最初は拷問のような時間に感じられると思いますが(笑)短い文章でも、まじめに毎日繰り返せば1ヶ月で劇的に変化しますよ。

 

共通テスト英語の対策まとめ

いかがでしたか?共通テストの英語の正体がわかる前は不安と怒りやら飽きれやら…マイナスの気持ちだったと思います。

しかし共通テストをよくよく見てみると、スピーキングとライティングの試験がないなど、正直負担が小さくなることがわかりましたね!共通テストに必要な文法や読解、リスニングはこれまで通り鍛えていけばいいんです。(国公立二次で英語の試験が課せられている人は、引き続きライティングの訓練は続けてくださいね。)

 

 屮蝓璽妊ング」対策は…速く正しく

◆屮螢好縫鵐亜彗从は…話せれば聞こえる

 

以上2つのポイントを意識して勉強すれば、たとえ試験の種類が変わっても対応できる!学校や塾で不安なことを言われるかもしれませんが、「そんなにやることは変わらないな」って思って大丈夫。この混乱を笑い飛ばせるくらいの実力をつけて志望大学に合格しましょう!

 

以上、You-学舎の尾花でした。