You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【合格体験記】龍谷大学国際学部合格!一歩一歩、計画的に!

 大学合格者インタビュー

龍谷大学国際学部、合格おめでとう!

今日は龍谷大学の国際学部に指定校で合格したSさんに話を聞きました。

 

いるだけで教室がパッと明るくなる、そんな元気な生徒だったSさん。

私も講師たちも、Sさんの授業を楽しみにしていました。

 

身近な人から社会のことまで視野の広いあなただから、世界を見るために留学をしたい!と言ったときにも驚きませんでした。

大学入学そして留学を経験し、更に視野が広がったのではないでしょうか?

 

持ち前の明るさとコミュニケーション能力に言語力が加わったら敵なしですね。

世界で活躍する日を楽しみにしています!

 

 

 

男性講師

どうして龍谷大学国際学部を志望したの?

女子生徒

小学校の頃から英語の勉強をしていて、大学では英語や国際関係についてさらに深く勉強したいと思ったからです。

 

男性講師

龍谷大学にはもうひとつ、国際系の学部がなかったっけ?

女子生徒

グローバルスタディーズ学科もあるのですが、

私は言語だけではなく、国際関係についても勉強したかったので、国際文化学科にしました。

 

男性講師

決め手は?

女子生徒

国際学部国際文化学科は、英語専修と第二言語選択のどちらかを選ぶことができるんです。

さらに英語専修にしたとしても、スペイン語やポルトガル語も勉強できるので

自分の興味のある言語をいくつでも学べる機会があるのが魅力的だと思います。

また、私の学科は留学が必須ではないので、

「留学はできないけど、国際交流や言語の勉強をしたいと思っている人」にもオススメです。

 

男性講師

勉強はいつ頃始めた?

女子生徒

私の場合は3年生になる前の春休みから勉強を始めました。

受験勉強の開始は早いほうがいいと思いますが、早すぎても疲れてしまうので(笑)

3年生になる前の春休みがベストじゃないかと思います。

 

男性講師

なるほど(笑)

なにか作戦はあったの?

女子生徒

「英語を制するものは受験を制する」というように、他の教科が出来ていても、

英語が出来ていなければ、受験勉強はかなりキツイと思います。

なので、私は高校英語の単語中心に始めました。

 

男性講師

やっぱり英単語は大事だよね。

単語帳は何を使ってた?

女子生徒

ターゲットです。

春休みから始めていたおかげで、夏休み中に1周することができました。

男性講師

勉強は英語がメインだったの?

女子生徒

夏休みに入ってからは、国語と歴史も本格的に始めました。

それでも、英語にかける時間を1番多くしました。

 

男性講師

勉強に関して、意識していたことはある?

女子生徒

1日の勉強量はほとんど変えませんでした。「今日はいつもより多め」とか「今日は少なめ」とか

変えてしまうと自分のルーティーンが壊れてしまうような気がして、なるべく変えないようにしました。

 

男性講師

受験でしんどいこととかあった?

女子生徒

英語と歴史は得意な方だったので、あまり辛くは感じませんでしたが、国語の現代文にかなり苦戦しました。

塾でもらった問題も思うように解けなくて…

あまり嫌々勉強するタイプではありませんでしたが、この時期は初めて勉強から逃げたいと本気で思いました(笑)

 

男性講師

そうなんだ(笑)

どうやって克服したの?

女子生徒

模試でも思ったより解けなかったけど、英語と歴史が得意で、それらがかなり補ってくれていたので、

全体の判定としては悪くありませんでした。

それから、苦手なものは得意なものでカバーするという精神で乗り越えることができました。

1つでもいいので、自分の得意科目を作ることは、重要な部分かなと思います。

 

男性講師

塾ではどんな風に勉強してた?

女子生徒

私は家にいても勉強しないだろうと思ったので、毎日オープン時間から自習をしに行きました。

まいにち何時間も勉強していると、「高3最後なのになんでこんなに勉強してるんやろ」とよイライラしていました(笑)

 

男性講師

イライラしていたんだ(笑)

女子生徒

でも塾の先生方がよく話しかけてくれて、それでリフレッシュすることができていました。

先生方は私の機嫌をよく察してくれていたので、疲れすぎてイライラしてたら、アメや小さいお菓子をくださったり、タイミングよく話しかけてくださったりと、気を遣わせてしまったかなぁと、今では思います。

なので、私のストレスは塾での勉強からきていましたが、逆にそれを軽減してくれたのも、塾の先生方でした。

 

男性講師

合格したときはどんな気持ちだった?  

女子生徒

私は最終的には指定校推薦で大学が決まったのですが、学校で行われた夏の面談では五分五分と言われていました。

だから、合格と言われたときは「やったー!」という気持ちももちろんありましたが、「よかった〜」という安堵の気持ちと驚きが混ざった感情でした。

ですが、1番に考えたことは、「もう現代文の勉強をしなくていい!」という喜びでした(笑)

現代文の勉強が本当に嫌すぎたので、やっと解放されるという気持ちが大きかったです。

あとは、大学生に向けて、大好きな英語の勉強に専念することができるというワクワク感もありました。

実際、推薦が取れてからは、英検対策のために卒業まで週1回、塾に通いました。

 

男性講師

大学ではどんな勉強をしているの?

女子生徒

言語の勉強を中心に頑張っています。

英語に関しては最近英検準1級を取得し、今はTOEIC800点台を目標として勉強しています。

学校には留学生と交流できるブースがあるので、そこに週に1回通って、英会話の練習をしたり、

お昼休みに留学生と話しながらご飯を食べたり、国際交流を積極的に行っています。

また、在学中のカナダ留学を通して、スペイン語に興味を持ったので、スペイン語の勉強も始めました。

英検1級取得、スペイン語検定5級取得を大学卒業までの目標として、勉強しています。

 

男性講師

それでは、これから受験する後輩にメッセージをお願いします!

女子生徒

受験勉強は、きっと皆さんの人生の中で最も辛い時期のうちの1つだと思います。

ストレスが溜まり、家族に八つ当たりしてしまう時もあると思いますが、

陰で1番支えてくれているのは家族だと私は思います。

志望校に合格することも大切ですが、それに向かって頑張ることが1番の親孝行だと思います。

辛い時期だとは思いますが、その後には楽しいことが待っています。ワクワクすることが待っています。

皆さんに合格というサクラが咲きますように!

応援しています。

男性講師

ありがとうございました!