You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【京都高校入試】過去問っていつから解き始めればいいの?

 太秦教室

過去問をいつから解き始めるか、受験生にとっては迷っていることの一つだと思います。

 

塾では「まだ」と言われているけれど、学校で別の塾に通っている友達に聞くと、「もう解き始めてるよ!」と言っている。

 

そんなことがあると、心配になってきますよね。

しかも、「過去問を早く解けば解くほどいい」という変な雰囲気にもなってきます。

 

しかし、早い時期に過去問を解けばいい、ということではありません。

過去問には使いどころがあります!

 

このページを読み終えたころには、「過去問を解く前に〇〇を終わらせなくては!」と思っていること間違いなしです。

 

過去問を解き始めるのは△月×日がぴったり!?

日本では昔から、6歳の6月6日に新しい習い事を始めるといい、と言われていましたが、過去問を解き始めるのにも最適な日があるのでしょうか?

実は、決まった「△月×日」という日があるわけではありません。

 

過去問を解き始めるのに最適な日は、人それぞれ。

 

と言いたいところですが、そんな答えは期待していない…ですよね(笑)

 

過去問を解き始めるのは〇〇を終わらせてから

では、もう少し具体的にしておきましょう。

過去問を解き始めるのに最適なのは、「英語と数学の中3学習内容を終わらせてから」です。

 

考えてみてください。

学校ではまだこの時期、新しい単元を習っていますよね??

でも、入試の問題には3学期の最後に習うことも出題されるんですよ。

今、入試の問題を解いても分からない問題だらけです。

もう習ったことなのに忘れていて解けないのか、それとも習っていないから解けないのか、区別がつかないと、困ってしまいますよね。

 

だから、少なくとも英語と数学は中3の学習内容を一通り勉強してから過去問に手を付けましょう。

「1:2:√3? 関係代名詞?? 何それ???」

という人は、まず教科書をすべて終わらせることから始めましょう。

 

なるべく早く終わらせたい!という人は…

過去問演習のためには、中3の学習内容を終わらせないといけない。

それなら、「早く中3の学習内容を終わらせたい!」と思いますよね。

理想は夏休みの間に終わらせてしまうことなんですが、もう夏休みは終わってしまいました…。

そこで、なるべく時短で終わるように頑張りましょう。

 

英語は時短が難しい。

英語は時短が難しい科目なので、全単元地道に勉強しましょう。

先を急ぐと消化不良を起こしてしまいます。

急がば回れ、です。

 

ちなみにこのことわざ、英語では「make haste slowly」といいます。

直訳すると、「ゆっくりと急げ」。

まさに英語の受験勉強と同じです。

 

数学は時短科目!

逆に数学は時短にぴったりな科目です!

 

数学を勉強していると「〇〇の利用」とか文章題が出てきますよね?

それ、全部飛ばしましょう!

この際「相似の証明」も飛ばして構いません。

 

各単元の基本的な学習内容を習得すれば、過去問や入試レベルの問題を解きながら応用力をつけることは可能です。

 

過去問を解くときの注意事項は?

英語と数学の中3学習内容を勉強し終えたら、早速過去問演習に入りましょう!

でも、焦ってはいけませんよ!

いくつか守った方がいいことがあるので、もう少しお付き合いくださいね。

 

過去問は時間を測る

入試には制限時間がありますよね。

その時間通りに解くのも練習のうちです。

 

「時間があれば解けるのに〜」「時間が足りなかった…」

 

言ったこと、ありませんか?

テストは時間内に解けなくては意味がありません。

 

実際の試験時間と同じ時間を測って時間配分を考えながら解きましょう。

 

時間は短めに設定するのが良いの?

実際の試験時間よりも少し短めに時間を設定して過去問を解く方法もあります。

これは、「焦り」を体感するためです。

 

どれだけ入念に準備して当日を迎えても、試験当日は独特の緊張感があり焦ってしまう可能性があります。

普段の学校のテストでも、焦っているといつもできることができなくなってしまいますよね。

入試も同じです。

だから、時間を短く設定して焦った状態でもミスなく解けるように訓練をするんです。

 

当日あがってしまいそうな人は、試験時間を10%減らして解く練習を2〜3回に1回、織り交ぜるといいと思います。

 

過去問は解いた後が肝心!

過去問を解いたら、必ず復習しましょう!

そして苦手な単元は徹底的にやっつけてください。

 

科目や単元に絞って短期間でぎゅっと復習をすると、「いかにも受験勉強」という気分も味わえます(笑)

受験へのモチベーションも上がると思うので、おすすめですよ!

 

過去問を解くペースは?

早ければいいというものではありません。

過去問を解くたびに見直しをして苦手な単元を復習するので、早い人で1週間に1回。

ほとんどの人が2週間に1回解くのがやっとなのではないかと思います。

 

「もう〇年分解いたぜー」なんていうのは、自慢にならないのでやめましょう。

それで合格が決まるわけでもないのに、そんなことを自慢しても意味がありません。

 

それよりも、「〇年の問題なら何回解いても満点とれるぜー」と自慢できる方がいいと思いませんか?

見直しても全科目満点とれるところまで持って行くのは難しいかもしれませんが、志望校の合格最高点をクリアできるくらいの点数をとれるようになっておきたいですね!

その問題で合格最高点がとれるくらい復習ができたら、次の年の問題に進みましょう。

 

いいですか?合格最低点ではありません。合格最高点ですよ!

がんばりましょうね。

 

何年前の問題を解けばいいの?

志望校の過去問題集を買ってくると、たいてい3〜6年分の問題が載っています。

一番前のページには去年の問題が載っているので、去年の問題から解き始める人が多いです…。

 

でも、それはまだ少し早い!

少なくとも12月までは、まだ最近5年分は解かずにとっておきたい!

 

『志望校が決まって、なんとなく過去問集を買ってきて、時間も測らず試しに解いてみた。

 でも、難しくて途中でやめちゃった!』

 

それ、一番ダメなやつです。

まずは平成24年から平成26年の3年分がおすすめです。

古すぎず、新しすぎずの3年分です。

 

一番大事なのは…

さて。色々と言ってきましたが、一番大事なことを言います。

 

塾に通っている人は、塾の先生の言うことを聞きましょう。

入試って地域によっても志望校によっても全然違います。

皆さんの勉強の状況もひとりひとり違いますよね。

 

だから、皆さんの勉強の状況と志望校のことを一番よく知っている塾の先生の言うことを聞くのが間違いありません。

もし、「いつから過去問を解くんだろう?」「解いてもいいのかなぁ?」と思ったら遠慮なく先生に質問してみましょう。

きっと一番いいタイミングで過去問を解くような計画を立てていると思いますよ!

 

まとめ

1.過去問は中3の学習内容を勉強し終わったら解き始めよう!

2.ただし、時間を測って!

3.解き終わったら復習!合格最高点がとれるくらい見直し出来たら次の年に進もう。

4.平成24年〜26年の問題をまずは解いてみる。

5.過去問を解く前に、塾の先生に「解いてもいいか」確認する。

 

入試本番まであと4〜5か月でしょうか?

がんばりましょう!

 

以上、尾花が書きました。

 

 

●この記事を読んだ人はこんな記事も見ています

【勉強法】公立中期、数学20分チャレンジで30点を越えよう

【京都】公立高校入試「英語リスニング」のコツ