You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【夏期イベント】中3対象地理講座パート1@茨木教室

 社会科の関連記事

地理の学習と聞いて、どのようなイメージを持ちますか?

 

 

山脈や盆地、土地で採れる作物などを覚える科目のイメージではないでしょうか。

 

 

イメージは持っていただくとして、それに文化や気候などの条件をくっつけて覚えていければ、

単純作業に思える地理も面白くなるのではないかと考えたのが、夏の地理イベントでした。

 

 

例えば、アフリカ州の話の場合、

お茶が有名ですよね。

 

それはなぜかというと

植民地時代にヨーロッパ人たちがアフリカ人を労働者として用いて、

プランテーション(大農園)農業をおこないました。

お茶の他には、綿花なども栽培されました。

 

 

 

また、関東地方の話だと、

「群馬県と言えば?」ー「富岡製糸場!」

といったように、連想して、都道府県の特徴をつかむのも勉強の基本ですね。

 

 

 

テンポよく、1日目は世界と日本の基本事項をイメージと図説で関連付けながら

暗記していきました。

 

3時間のイベントでしたが、いつも土日に6時間のテストキャンプに参加している生徒たちでしたので、

もう終わったの?という雰囲気で、そのまま自習をして帰る生徒もおりました。

 

翌日は、暗記した内容を問題形式でドンドン定着させていきます。

タイムトライアルなので、ガンガンに回答してもらいます。

 

お楽しみに!!

 

 

この記事は、おおたが書きました。