You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【大学】大学無償化、新法施行か?

 大学受験関連

先日、新聞を見ておりましたら

 

「大学無償化」についての記事がありました。

大きな記事でしたので、注目度の高い記事かと思います。

 

今回みなさんには、2019年夏の時点でのおそらく最新の情報をお知らせいたします。

 

 

 

 

文部科学省の見解

新法の適応対象者は住民税非課税世帯か、それに準ずる世帯の大学・短大・専門学校などに通う学生だそうです。

 

【住民税非課税世帯の場合】

授業料・・・・国公立大学は、ほぼ免除。私立大学は、最大約70万円を減額する模様。

奨学金・・・・国公立大学は、自宅生で年間約35万円、自宅外生で年間約80万円。

       私立大学は、自宅生で年間約46万円、自宅外生で年間約91万円。

 

これだけみると、かなりの負担減となるが、住民税非課税世帯についての数字なので、

これに該当しない家庭の負担は従来と変わりがない。

 

 

大学入試改革から見た見解

 

来年から入試改革も始まり、大学入試センター試験に代わって、

大学入学共通テストが導入される。

 

記述式の設問が追加され、英語では4技能の評価するための民間資格や検定試験が使用。

 

対策したり、民間資格を受験するための受験費用など、

大学へ進学するハードルが上がったとの見方もできると指摘されています。

 

 

奨学金を受給している人たちの割合

国により支援されている

奨学金は返済必要な「貸与型」がほとんどで、確かに大学を卒業をした後の借金返済については

問題になっていました。

 

就職したあとも10年くらいかけて、毎月少しずつ返済している例もたくさんあります。

特に理系で自宅外生の場合、最大額の借り入れを行った場合、月に10万円以上の借金を大学在学中から重ねることとなり、

卒業後に400万〜500万円の借り入れを、入社後に返済するようなケースも多いです。

 

私たちの世代では、仕方ないそういうものだ、と借りている人も周りにはたくさんいました。

私の母親世代の話を聞いてみると、工面しても大変なお家は自宅を担保にお金を借りたり、山を売る家庭もあったよと聞きます。

 

景気もあり、平成29年度に奨学金を利用したのは129万人で、高等教育を受ける人口の4割を占めるまでになりました。

 

 

働きながら大学へ行く?

 

私の時代は、新聞奨学生という制度がありました。

今でもありますね。新聞屋さんが住居と給与を支給してくれる制度です。

朝刊と夕刊を配り、販売所から報酬として月額およそ20万円の給与をもらいながら、

大学へ通う制度です。

 

 

 

 

 

私も大学の1・2年生の間、この制度を利用して大学の学費を貯めていました。

たまたま同じ大学の別学部の人と隣同士の部屋になり、お互い地元でなかったもの同士、楽しい学生生活の始まりでした。

 

今もある制度かわかりませんが、

卒業までの4年間勤め上げると報奨金をもらえたり、そのまま新聞社に(優先的に)就職する人もいました。

 

私もこれを事故をするまで2年半ほど勤め上げましたが、学費がある程度貯金できた時点でアルバイトに切り替える人もおり、

体力的にもきつかったり、大学生活を謳歌しにくい点では、おすすめできる人とできない人がいるのは確かです。

 

新聞奨学生の仕組み について、詳しく説明してくれているHPがありますので、

良かったら見てみてください。

 

 

この記事は、おおたが書きました。

 

2019年2学期生徒募集中です!

2学期生徒を募集しています。

定員になり次第、一旦夏期募集を締め切りますので、まだ迷っている方も一度ご相談ください。

25年間地域密着で培ったノウハウがあります。

 

お気軽にお問い合わせください。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます