You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【高2生必読】大学入試改革に向けて、高2の夏は何をすべき?

 夏期講習

JUGEMテーマ:教育

現高2は「新大学入試」

大学入試改革は、いよいよ来年に迫りました。

つまり、 今の高2生は、新しい大学入試を迎える わけです。

 

では、1回目を飾る栄えある高校2年生は、夏に何をすべきだと思いますか?

この白紙のスケジュールのように、何かをしなければいけないとは思いつつも、具体的に何をすれば良いのか分かっていない人が多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は夏のオススメの過ごし方について紹介します

大学入試改革に向けて、高2の夏は何をすべき?

大学探しは今のうちに
目標を持って行動

時間が許すのであれば、学校も今のうちから見学に行きましょう。

明確な目標があるのとないのでは、取り組む姿勢が大きく異なります。

 

オープンキャンパスに行けるのであれば、ガンガン行っておきましょう。

高3の夏は勉強に打ち込もう

行きたい大学を探しながら勉強するのと、しっかりと目標が決まっている状態で1年を過ごすのとでは、勉強に使える時間が全然違います。

特に下宿も視野に入れている場合は、オープンキャンパスに行くだけでかなりの時間が取られてしまいます。

 

今のうちから、志望大学は考えておきましょう。

決めてしまえると尚良し。

日程が被ることも

行きたいと思っている大学が複数あってどちらか迷っている場合、日程が被ってしまうとどちらかを選んで行くことになります。

いくつか候補があるのであれば、今のうちから見に行くことをお勧めします。

志望校の決め方が分からない

そういう場合はいつでも相談してください。

今後のことや、やりたいこと、向いていること、様々なことから志望校についてお話いたします。

 

計画的に行動しよう

生活習慣に気をつけよう

高校2年生に限った話ではありませんが、夏休みだからといって、昼夜逆転するような生活をしないように気をつけましょう。

普段はできないこともあると思うので、そういったことや、部活・遊び・勉強の計画をしっかりと立てて、行動することが大切です。

勉強も計画的に

せっかく学校の授業が止まっているのです。

その間に、今までにできていない単元があるならその復習を、復習する単元が一通り終われば予習をしましょう。

復習する単元も最初に決めて、予定を立ててしまいましょう。

 

予定が決まれば、あとは実行あるのみ。

決めてもサボってしまうというのであれば、チェックしてもらうような環境を用意しよう。

 

「共通テスト」対策

来年度から、センター試験が廃止され、共通テストになります。

数学と国語に記述が増える、理社では思考問題が増えるといわれていますが、イマイチ具体的なイメージがわきませんよね。

イメージがわかないものに対策していくことは困難です。

 

ではどうすれば良いのか?

答えは簡単、サンプル問題を見て、傾向を確認すれば良いのです。

 

実は、こういった改革がされるときは必ず、どのように変更するのかを紹介するための「サンプル問題」が作られています。

その問題を見れば自分が解く問題のイメージをつかむことができます。

平成29年度試行調査問題(数学)
(平成29年度試行調査問題(数学I・IA)より)

 

問題のイメージさえつかめれば、あとはひたすら知識をつけていきましょう。

習う内容が変わったわけではないので、知識をつけていくことは大切です。

その知識をどのように使うのかのイメージを持ちながら勉強していくことで、共通テストへの対策になります。

男性講師

You-学舎の夏期講習では、共通テストの傾向と同様の問題に取り組んだり、今やるべき勉強の量、夏のスケジュール作成をしたりします。

来年に向けて、今のうちからしっかりと備えておきましょう。

 

夏期講習の受付を開始しています。

お問い合わせは こちら から。

この記事はたきもとが書きました。