You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【中3公民定期テスト対策】日本国憲法でよく出される穴埋め問題

 社会科の関連記事

JUGEMテーマ:教育

日本国憲法の穴埋め問題、学校によってはたくさん問題を出される場合もありますので、確認しておきましょう。

日本国旗

 

日本国憲法

第一条

天皇は、日本国の(1)であり日本国民統合の(2)であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

第三条

天皇のに(2)に関するすべての行為には、(3)を必要とし、内閣が、その責任を負ふ。

第四条

天皇は、この憲法の定める(4)のみを行ひ、国政に関する(5)を有しない。

第六条

天皇は、(6)の氏名に基いて、内閣総理大臣を任命する。

第九条

1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする(7)を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の(8)権は、これを認めない。

第十一条

国民は、すべての(9)(10)を妨げられない。

この憲法が国民に保障する基本的人権は、(11)の権利として、現在および将来の国民に与へられる。

第十二条

この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の(12)によつて、これを保持しなければならない。

又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に(13)のためにこれを利用する責任を負ふ。

第十三条

すべて国民は、(14)として尊重される。生命、自由及び(15)に対する国民の権利については、公共の福祉を反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

第十四条

すべての国民は、(16)であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的または社会的関係において、差別されない。

第二十五条

すべて国民は、(17)を有する。

第二十六条

2. すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に(18)を受けさせる義務を負ふ。(19)は、これを無償とする。

第九十七条

この憲法が日本国に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる(20)の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試練に堪へ、現在及び将来の国民に対し、(21)の権利として信託されたものである。

 

男性講師

それではみなさん定期テスト頑張ってくださいね。

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

 

この記事はたきもとが書きました。