You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【千里山教室】吹田一中3年生1学期中間テスト対策2019

 千里山教室

JUGEMテーマ:学問・学校

 

1学期中間はいつもより簡単と侮るなかれ、意外と落とし穴があるもんです。

今回は一中ならではのことを五教科で確認していきたいと思います。

 

 

数学

展開と因数分解

 

過去問を見る限りでは、数学は奇問が多い印象です。

一応計算問題ではあるものの、ぱっと見ただけでは確実に解くことを諦めてしまうような問題がありました。考え方的には高校で習う内容です。高校内容とは言っても等式のルールの延長にあるので、そこまで難しいものではありません。塾生に類似問題を解き方を説明しつつ解かせたところ、普通に解いていました。

 

ただ、それを初めて見た場合に合わせられるかはまたちょっと違うかと思います。かといって初見の問題を無くすことはできないので、変わった問題が出やすいことは頭に入れておきましょう。いくら問題の出され方が変でも、計算の方法まで変わるわけではないので、今回の範囲の計算は使いこなせるようにしてからテストに臨んでください。

また、今回も変わった問題が出るとは限りません。純粋な問題の量にやられないように、解くスピードを上げておくことも大切です。

 

文章、説明問題は進度的に入らないので、そこは一つ安心できる点ではあります。

その分、もうひとつの範囲である確率が難しくなるような気もします。

 

確率

確率も今回、恐らくテスト範囲に入ってくるでしょう。

確率も、なぜか中学では習わない、確率同士の掛け算で解くような問題を持ってきます。

過去問で一番難しかったのだと大学の入試問題でした。

大学入試レベルは、もう持ってこないと思いますが、ある程度の難しさは覚悟しましょう。

樹形図で考えるのがメインではあるので、100個以内なら、全て書き出すのも一つの手です。

ただ、書き出しには時間がかかるので、先にミスが無いか見直しをするようにしましょう。

 

理科

 

今年は割と早めに進んでいます。

しっかりと3年内容に入っています。テスト範囲は、力のつり合い、力学台車は確定で、仕事はほとんど入らなそうですね。その代わり二年の天気が入りそうです。

理科は、奇問よりも、教科書には載っているけどシンプルに難しい問題が出される印象です。

天気で言うと、フェーン現象の問題とかも普通にありました。

過去問を見る限りでは、記述もある程度出されますし、計算もしっかり出されます。

しかし、記述、計算問題に関しては、暗記をしっかりと終えてから練習するようにしましょう。

ただ、正解率の高い問題で落とさないことの方が点数を取る上では大切です。暗記を優先しましょう。

もちろん時間に余裕がある人は満点を取るつもりで練習した方が良いと思います。「満点取るなんて無理だっ」て思った人は素直に暗記からはじめてください。

 

 

社会

歴史

歴史が今回の取りどころです。配点でも公民より大きいです。

問題集と学校の配布物、ノートをしっかりと覚えましょう。

範囲的にはそこそこの広さなので、細かすぎるところはある程度後回しでも構いません。

 

公民

範囲的にはページ数は少なくありませんが、一問一答系の問題に使えそうな場所は少ないです。

配布プリントはしっかり覚えておきましょう。

修学旅行先の沖縄の方言なども出るようです。

修学旅行の配布物も確認しておきましょう。

 

今回の公民は、授業の内容を生徒に聞いている限りだと、自己主張系か論理思考系の問題が出ると思われます。

「資料から読み取れる問題点を指摘し、あなたならどのように取り組むか、完結に述べよ」

という問題です。最近、他府県の入試でも出てきている問題です。

基準が作りにくく、採点のやりにくさはあるので、出る可能性はあまり高くありません。

高得点を狙う人は「客観的な事実と、それに対する自身の意見」というフォーマットで書けるように練習しておいても良いかと思います。

この解答じゃないといけない、という正解はありませんが、理に適っている文章を心がけましょう。

 

国語

記述が多めですが、そこまで変わっている印象は受けません。

基本的には書かれていること以外が答えになることはないはずですが、学校のノートはしっかりと確認しておきましょう。

文末表現のミスをしてしまったり、抜き出し問題を自分の言葉で書いてしまったりと、国語でもケアレスミスは出てくるので、必ず見直しで確認するようにしましょう。

 

 

英語

明らかに入試を意識した作りになっています。

二年の間から英作があったり、英訳問題もガッツリ出てたりするので、文章を書く練習は必須です。

逆に教科書の文章がそのまま問題に使われることは少ない印象です。

それでも取れる問題はあるので、取れるところで落とさないようにしましょう。

英検を普段から意識している人であれば、英作よりも、英訳を練習した方が良いでしょう。

指定された日本語を英訳するのと、自由英作では、同じ英語を書くという行為でも書き方が異なります。

 

男性講師

やはり全体的に言えることは、求められるレベルが、他の中学よりも高いです。やることがどうしても多くなってくるので、時間の使い方には気をつけましょう。自分で勉強するところ、教えてもらうところの区別が大切です。

暗記はテスト前おなじみのテストキャンプで覚えましょう。というより、覚えるまで返しませんよ。(笑)

お問い合わせはこちらから。

 

この記事はたきもとが書きました。