You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【高校入試】私立か公立か?公立高校を選ぶポイント(京都市編)

 高校受験情報(京都府)

JUGEMテーマ:学問・学校

私立高校か公立高校か?…それが問題だ

高校入試を控えて、まず最初に悩むのは「私立高校か公立高校か?」ということだと思います。

 

結局はご家庭の方針とお子様の適性ということにはなるんですが、そもそも高校の何を見たらいいのかわからなければ、どうしようもありません。

私立高校に引き続いて、公立高校の見方もお話ししたいと思います。

京都府高校案内パンフレット

公立高校の特徴

学費の負担が少ない

まずは、学費の負担が私立高校よりかなり少ないことです。

 

京都市内の公立高校で言えば、修学旅行・制服代・教材費などをすべて含め、3年間で約70万円です。

修学旅行先の違いで10万円前後の差がありますが、大体これくらいです。

 

私立高校の1年間分の学費で、公立高校に3年間通えてしまいます。

(私立高校の学費は、年間約80万円〜110万円です。)

 

想像以上に私立高校と公立高校で違いがありますよね。

受験には、予備校や塾が必須
女性

公立高校に通えばその分、結局予備校や塾に通わなくてはいけないんでしょう?

という声が聞こえてきそうですね。

 

確かにその通りです。

大学受験、特に、国公立大学や上位私立大学の受験を考えると公立高校に通う場合、高校1年生から予備校や塾に通う必要があります。

塾や予備校では、自分が必要とする科目を効率よく勉強することができます。

苦手なところを丁寧に教えてもらうことも、志望校に向けて入試科目を鍛えるのも自由です。

 

気になる費用面ですが、例えばYou-学舎に週2回ずつ通って3年間で税込みでも100万円弱、それに講習会をつけても、私立高校の学費には及びません。

私立高校に通っていても、結局大学受験に向けて塾通いを続ける高校生が多いという現状もあり、 塾に通うことを考慮しても費用面で、公立高校に軍配が上がるといっていいでしょう。

 

公立高校を見分けるポイント

講師

それでは、次に公立高校を比べるポイントをお話していきたいと思います。

各高校、お金をかけているところがある!

私立高校と違って公立高校は、1年間に使える予算がかなり限られています。

だから、教育を充実させたい上位校は、「SGH」「SSH」の認定を取って、予算獲得を目指しているんです。

ごく限られた予算の中でも、各高校が力を入れたいと思っていることにはお金をかけています。

そこに学校の特徴が現れます。

 

それはグラウンドの夜間用照明設備かもしれませんし、ネイティブの英語教師かもしれません。

学校説明会で先生方が自慢げに話していらっしゃること、オープンキャンパスで案内の先生が入念に案内している設備など。

それこそが各校のウリです。

 

「公立高校はどこも同じ」と言われがちですが、 実際に足を運んで話を聞いてみると、特徴が見えてきます。

宿題の量

同じレベルの公立高校でも、宿題に関しては各高校個性が出るところです。

同じ教科書、同じ問題集を使っていても、授業のたびに小テストをしたり課題を提出したりする学校もあれば、問題集を提出するのは定期テストの時だけ、という学校もあります。

 

どちらが良いかは一概に言えませんが、宿題によって高校生活は大きく左右されます。

担当の先生によっても多少違いますが、学校としての方針はあるので個別相談会でこっそり聞いてみることをおすすめします。

受験は学校主導か?

大学受験が学校主導かどうかも大きな比較ポイントです。

ただし、これは高校の先生から引き出すのが難しい情報でもあります。

 

各高校、上位大学合格者のほとんどが予備校や塾で勉強しています。

とはいっても、高校の勉強が入試の基礎になることは確かです。

 

単語テストや漢字テストを毎授業実施している学校とそうでない学校では、語彙力が違います。

実際に高校に通学している高校生本人から話を聞いたり、見たりしなければわからないことなので、身近に志望校に通っている高校生がいれば尋ねてみてください。

 

学校説明会を活用しましょう

講師

公立高校こそ、実際に行ってみなければわからないことがたくさんあります。

今年も学校説明会が各校始まりましたので、 できるかぎり多くの高校の説明会に参加して話を聞いていただきたいと思います。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

 

以上、尾花でした。