You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【新高1生】高1の最初から塾に行っておいたほうがいいワケ

 高校生の勉強法

JUGEMテーマ:学問・学校

長い長い高校受験を終え、ついに志望校への入学まであと数日!といったところで、ある生徒は言いました。

受験生

大学受験しようと思うし、塾にも通おうと思うけど、高校生活どうなるかわからんねんなー。

しかも、高校って忙しくなりそうだし。

うんうん、ごもっとも。

それでもやっぱり、塾で継続的に勉強しておくことを強くオススメしています。

高1最初のテストは大事です!!!

中学と同じノリで行くと痛い目を見る

高校の勉強は、中学と比べると段違いに難しいです。

中学のときと同じ勉強量では、とうてい間に合いません。

 

つまり、テスト前の2週間では、どうにもならないということです。

高校のテストできちんと得点しようと思うと、普段から予習・復習をきちんとやっているかどうかが、中学生のとき以上に大事 です。

自習できちんと理解することが難しい

必要な勉強量が違うだけでなく、高校では中学よりも専門的なことを学びます。

ゆえに、「テキストを読んでもわからない」「問題の解説の意味が分からない」なんてのはよくある話。

学校の授業で理解できなかったら、もう置いてけぼりにされるしかありません。

きちんと対策すれば大丈夫!

高校は、学力層が狭い集団です。

入試を経て、同じくらいの学力をもった生徒が集まっています。

 

ということは、最初の4月・5月からきちんと予習したうえで授業に臨み、理解しきれなかったところを復習しておけば、すぐにライバルたちを出し抜いて上位層にいられます!

これは、 裏を返せばちょっとサボっただけで、すぐ最下層に転落する危険があるということでもある のですが😨

 

大学受験は、高1から始まっている!

指定校推薦、狙っていこう

まずは、 評定平均4以上を狙いましょう。

高校入試と同じで、入学した時点で次の入試は始まっています。

 

大学入試には、高校入試よりもお得なケースがあります。

「指定校推薦入試」といって、 3年間しっかり高い成績をキープすれば、実質入試を受けることなくトップクラスの大学に入学できてしまう ことがあります。

どの科目も積み重ねが大事

英数国はいうまでもありませんが、特に地歴公民は、中学とは違って覚える量がべらぼうに多いので注意が必要です。

高校受験の社会は、中3の夏からの総復習で間に合った人も多いと思います。

 

しかし、大学受験はそうもいきません。

高1からどれだけ知識を積み重ねてきたかで、受験勉強のスタートラインが変わってきます。

 

高1の1学期でこけると、挽回のチャンスがない

課題の量に圧倒される

しかも、課題になっている問題が難しくて困った…というのはよくある話ですね。

結果として、高校受験の前よりたくさん勉強することになります。

 

しかも、一度大きくこけてしまうと、次々に新しい内容の勉強をしないといけないので、復習する暇がなくなります。

塾での勉強は、学校で配布される問題集を中心に進めることもできますし、余裕がありそうなら別の教材にするなど、柔軟に対応できます。

 

自力で勉強が間に合わない部分は、うまく塾を追い風にしていくといいです。

行事は楽しい!!

復習する暇がなくなる理由は、新しい内容の勉強ではありません。

なんといっても高校では、学校行事が楽しいんです!

山城高校の文化祭や、紫野ハロウィン(正確には、学校行事ではありませんが)などなど。

 

そう、1学期にテストで地獄を見て、夏休みは部活に全精力を尽くし、秋は行事を目一杯楽しみ、そして12月のテストで現実に直面するという闇のコンボが決まる時期なんです。

高校生あるあるですが、冬にドン詰まった頃にはもう手遅れという😥

 

行事や部活を目一杯楽しみたければ、 1学期でこけると、もう挽回のチャンスはないに等しい 、と考えてください。

(まあ、部活ガチ勢が引退後に部活と同じようにモリモリ勉強して、ほかの受験生をごぼう抜きにしていく逆転サクセスストーリーもなくはないけれど…1年生のうちからそんなこと夢見てたらダメです。)

 

自力で十分に勉強できる?自分自身と相談してみよう

予習から復習まで自力でライバルよりもたくさん勉強して、しっかりと上位をキープできる生徒なら、もしかしたら塾なんて不要かもしれませんね。

自分がそういった自力で勉強できる側の人間なのか、じっくりと考えてみてください。

 

決断は早ければ早いほうがいいですよ!

講師

予習から復習まで自力でバリバリやれる自信がない…という高1生は1学期のうちから塾に通うことを検討してください。

早めに大学受験を意識した高校生活を送るのが、大学受験成功のカギです。

 

1学期から頑張る決断をしたら、You-学舎に お問い合わせください。

無料体験授業を受けてから、入塾を決められますよ!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます