You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【合格体験】茨木高校合格のためには効率的な勉強を心掛けよう!!


JUGEMテーマ:学問・学校

茨木高校合格おめでとう

(写真は茨木高校HPよりお借りしております。)

 

2019年度選抜者入試にて、茨木高校に合格した生徒、Tくんにインタビューしました。

 

Tくんが千里山教室に通い出したのが中3の7月です。

学校の勉強は一切問題が無く、受験対策として入塾しました。

 

学校の勉強だけでなく、5教科の基礎はほぼ自身で勉強していました。特に数学の基本が良くできていて、意欲的に取り組み、理解しようとする姿勢が印象的でした。

課題は応用問題です。一般的な知識はあっても利用方法が複雑で、なぜ、この解法を使うのか。そういったことは独学で難しく、質問をするために授業を利用していました。

本番前には、ミスさえなければ大丈夫だと思えるぐらいまで仕上がっていたので、非常によく頑張ってくれていたと思います。

茨木高校合格者へインタビュー

高校選びについて
男性講師

合格した高校と、その高校に行きたいと思った理由を教えてください。

男子生徒

公立高校は茨木高校で、私立高校は関西大倉高校です。

 

学力が高く、進学実績も多くあったので選びました。

また、伝統のある高校で信頼できると思いました。あとは行ってみて合っていると思うところを選びました。

勉強について
男性講師

受験期間、どのような苦労がありましたか?

また、どうやって乗り越えましたか?

男子生徒

数学Cの問題は、本当に難しくて苦戦しました。

毎回の授業に真剣に取り組み、疑問を解消できるようにして乗り越えました。

男性講師

やってよかった勉強法を教えてください。

男子生徒

暗記の際に、無闇に書いて覚えないようにしていました。

書いて覚えるものと、書かずに覚えるものとを区別 していました。

男性講師

効率的な勉強を意識した、ということですね。

試験について
男性講師

試験前日は、どうやって過ごしましたか?

何か気をつけたことはありますか?

男子生徒

少し早めに寝ました。

あと、 忘れ物がないか、最終チェック は絶対にした方が良いです。

男性講師

試験当日に気をつけることは何かありますか?

男子生徒

文字が書いてある筆記用具は持っていかないようにした方がよいです。

気をつけると言うか、意気込みですが、とにかく理社では点数を狙いました。

男性講師

教科ごとの出来具合はどうでしたか?

男子生徒

私立では、理社英は普通、数国は結構できました。

 

公立では、数学はできて、社理は普通でした。

男性講師

入試に出た内容について印象に残っていることを教えてください。

男子生徒

国数は傾向的には過去問通りだった、という印象です。

理社は難化していて、理科では思考問題が増えていたし、社会では公民が難しかったです。

日本地理も結構出ていました。

受験を振り返って
男性講師

受験期にこうすればもっとよかった、と思うことを教えてください。

男子生徒

国語力は身につけておけばよかったと思いました。

受験期に入ってからでは遅いかもしれませんが、 本は読んでおくべきだった と思います。

男性講師

受験期間に我慢したことはありますか?

男子生徒

特にこれを我慢した、ということはありません。

お世話になった人にメッセージ
男性講師

受験に協力してくれたお家の方にひと言お願いします。

男子生徒

ありがとうございました!

男性講師

塾の先生にひと言お願いします。

男子生徒

とてもたくさんのことを教えていただき、ありがとうございました。

男性講師

後輩に励ましのひと言をお願いします。

男子生徒

問題を解いていて、難しくて嫌になることがあると思いますが、挫けずに頑張ってください。

男性講師

高校に入ってからやりたいことは何ですか?

男子生徒

漢検を取りたいです。

あと理科を極めます!

男性講師

高校に入ってからも頑張ってくださいね!

 

難関校を挑戦する場合の塾の使い方

男性講師

彼のケースで言うと、塾の役割は完全に質問応対でした。

 

彼ぐらいしっかりと基礎が出来上がっている場合は、難しい問題をどんどん解くことが大切です。

周囲のスピードを気にすることなく自分のペースで難しい問題に挑戦し、必要があれば解説してもらうというスタイルが、難関校を受けるうえで、もっとも効率の良い方法だと思います。

 

レベルに合わせて授業内容を相談できることが個別の強みです。

自身の目標に合わせて、受験対策はしていきましょう。

こちらから気軽にご相談ください。

関連ページ

 

この記事はたきもとが書きました。