You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【大学選び】生命環境系の学科で学べることについて聞いてみた

 大学学部・学科情報

JUGEMテーマ:教育

 

 

今回は生命環境系についてインタビューです。

 

生命環境系

生命環境で学べること
男性講師

生物環境ではどのようなことが学べますか?

女性講師

生命環境というと、かなり分野として広く、学科によって内容が全然違います。

私は生物が好きだったので、生物の体内などで起こる現象や反応を化学的に分析する研究をしていました。

私のやっていたことは基礎研究なので理学部の化学系に近いと思います。

メインが物理のもの、生物のものもあるので、しっかりと専攻の内容は調べておくようにしましょう。

 

男性講師

選んだ理由はなんですか?

女性講師

高校生物が大好きで、特に遺伝やタンパク質の範囲に興味があったので、それが学べそうな学部を選びました。

就職先について
男性講師

どのような職業を目指している人が多いですか?

女性講師

食品メーカーや製薬メーカー、化学(素材や化粧品)メーカーが多いです。

講義について
男性講師

受けなくてはいけない意外な授業はありますか?

女性講師

学科特有ではありませんが、体育は意外でした。

体力測定を大学でもやることになるとは思っていませんでした。

 

あとは専門ではない理科の科目ですね。

 

男性講師

一番大変なことはなんですか?

女性講師

生物を相手に実験しているので、とにかく何をするにも時間がかかります。無機物と違って、一度、反応がスタートしてしまうと止められません。そうすると時間を十分に用意するために朝が早かったり、夜遅くまでやったりすることが多いです。研究室によってだいぶ違うと思いますが。

 

男性講師

一番楽しいことは何ですか?

女性講師

高校とは違って同じ分野に興味がある人たちが集まっているので、話が合い易いです。

そういう人たちと一緒に頑張れば、辛いことうやしんどいこともありますが乗り切れます。

 

男性講師

忙しさはどうですか?

女性講師

実験を行うので、忙しい時期はめちゃくちゃ忙しいです。

生物相手の研究の場合は、同じ理系の工学部などと比べると、時間に融通は効かないと思います。

イメージでは物量の工学系、1回の実験が長い生物系という感じです。

 

お勧めのポイント
男性講師

お勧めのポイントはなんですか?

女性講師

生物の体内で起こる反応、現象を分子レベルで学ぶことができます!!

ヒトが動くためのエネルギーがどうやって作られるのか、そもそもエネルギーとは何か、そういった濃い内容を学ぶ学科です。

あ、学科の中で、いろいろな分野を行っているので、向いていないと思ったときには分野を変更できますよ。

 

男性講師

理系あるあるを教えてください

女性講師

学術論文が英語なので、結局みんな必死で英語を読むことになります。

高校で英語が苦手だった人は苦労しています。今のうちからちゃんとやっておいた方がいいですよ。

 

まとめ

  1. 生命環境で生命とあるが生物ばかりではない
  2. 生物相手の実験は大変
  3. 深くまで学べるので楽しい

この記事はたきもとが書きました

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます