You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【新中1の保護者様へ】小学校と中学校のテストはどう違う?(理科編)

 保護者様向け情報

今の中学校の定期テストって?

新中1の保護者様、今どきの中学校の授業はどうなのか?テストは難しいのか?新しい環境にすぐに慣れるのか?不安がいっぱいだと思います。

中学校では1年間に5回の定期テストがあります。

 

今回は、新中1の理科について書いていきます。

小学校の理科の特色

単元ごとのテスト

小学校では単元を学習し終えるごとにテストがあります。

1年間で1教科12回ほどテストがあります。

 

小学校では4科目合わせて、1年間に50枚ほどテストをすることになります。

クラス全員分を採点するわけですから、先生も大変だろうな、なんて思います。

 

記憶が新しいうちにテストを受ける ので、特にテスト対策をしなくても、90点前後は取れたのではないでしょうか?

中学校の土台を学んできた

小6のときのお子様の理科のテストを見てみてください。

6年生で学んだ、ものの燃え方、植物の生長と日光・水の関わり、体のつくりとはたらき、生物どうしの関わり、月と太陽、水溶液の性質などなど、 すべて中学3年間のうちに、さらに深く学びます。

 

小学校の理科が、土台になるわけですね。

苦手な単元があったら、今のうちに見直しておきたいです。

 

中学校の理科の特色

生物・物理・化学・地学を並行して学ぶ

中1の理科は生物からスタートします。

 

身近な生物の観察や、植物のからだのつくりとはたらきを学びます。

その後、化学分野・物理分野・地学分野と続いて1年が終わります。

中2・中3でも同じように、生物・物理・化学・地学を1単元ずつ学んでいきます。

 

だから、「物理は嫌いだけれど、生物は好き」というように、理科の中でも得意分野と苦手分野が出てくる子が多いですね。

つながりが少ないから1回勝負

理科は分野が分かれているだけではなく、中1の理科の最初に植物の体について学んだら、その単元は完結します。

中2の生物では動物の生活と生物の進化について学ぶので、1年生の生物の知識を使うことはほとんどありません。

 

入試まで2度と植物の体について、学校の授業で学ぶことはない わけです。

だから、1回1回のテスト勉強が、とっても大切な教科なんです。

 

中1の1学期中間テストの特色

テスト範囲は?

去年の四条中学の1学期中間テストのテスト範囲は、教科書p.6〜26、西ノ京中学のテスト範囲はp.6〜42、朱雀中学はp.6〜37、西院中学はp.6〜34でした。

 

学校によってばらつきがありますね。

社会のテスト範囲と比べると、少し広いです。

植物の単元はそんなに苦手意識を持つところではないので、いいスタートを切りたいですね。

 

社会のテストについてはこちらの記事をご覧ください。

先生によってテストが違う
問題数

中学校のテストは、学校の先生が作成します。

ですから、 学校によって難易度や傾向に差が出てきます。

 

できれば去年の過去問題を見ておくといいですね。

四条中学の1学期の中間テストでは60問、西院中学の中間テストでは81問、西ノ京中学の中間テストでは50問出題されていました。

難易度

難易度も結構バラバラです。

 

例えば、四条中学では「説明せよ」などという記述問題が5問あり、配点も合計19点ありました。

単に語句を覚えているだけでは、80点以上は取れないテスト でした。

テスト範囲が、他の学校に比べると狭かったので、その分掘り下げた問題が出題されたのでしょう。

 

逆にテスト範囲が一番広かった西ノ京中学では、基本的な問題が多かったです。

 

テストの平均点は?

去年の最初の平均点は高め

近隣の中学校の去年の平均点を見てみると、西院中が72点、西ノ京中が85点と結構高めでした。

どちらの学校も、 2学期には平均点が60点前後に 落ち着きました。

 

ちなみに、朱雀中と四条中は平均点が発表されません。

テスト返しのときに平均点を教えてくれる先生もいるようですが、成績表には反映されていません。

学校の方針なのでしょうかね?平均点が発表される方が、先生の指導や試験の作り方に気合が入りそうな気がします。

テスト対策ではアウトプットが大切

テストの問題数は小学校の頃に比べると2倍以上になります。

また、最近のテストではなぜか?理由を問われたり、説明するような問題が増えていて、「思考力」が問われるようになりました。単なる用語の丸暗記では高得点が取れなくなっています。

 

テストの過去問題や問題集で、演習をしておきましょう。

講師

中学1年生の最初のテスト、理科は得点しやすい単元です。

中学生のいいスタートを切りたいですね。

 

You-学舎への お問い合わせはこちらからどうぞ。

 

この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでいます

この記事は、なみまつが書きました。