You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【大学選び】理工学部機械工学科で学べることを聞いてみた

 大学学部・学科情報

JUGEMテーマ:教育

 

今回は、実際に理工学部機械工学科で学んだ人に、どのようなことが学べるのか聞いてみました。

理工学部について

理工学部の理は「理学」、工は「工学」を表します。

 

理学部は自然界の理論を研究し、工学部は理学部の研究によって、わかったことを技術に利用します。

理学が基礎研究で、工学がその応用ですね。

肝心の理工学部は、工学部の仲間と考えて問題ありません。

基本は工学部といっしょですが、基礎研究もやるということです。

理工学部生にインタビュー

理工学部で学ぶこと
男性講師

理工学部機械工学科で学べることはなんですか?

男性

様々な物理現象について、数式で学んだり、実験をしたりします。

科目で言うなら、数学の微分積分と物理がメインです。

 

あとは、物作りに必要な基本知識ですね。

機械関係のことでいうと、設計や製図、ロボットについてです。

男性講師

ロボットと機械って違うんですか?

男性講師

機械は動力を持っているもので、その中でもロボットは自律制御…人が操作しなくても、見たものを自分で考え、動けるものです。

学部・学科を選んだ理由
男性講師

学部・学科を選んだ理由は何ですか?

男性講師

自身の得意分野とマッチしていたのと、就職に有利と聞いたからです。

理工学部の授業内容
男性講師

受けなくてはいけない意外な授業はあったりしますか?

男性講師

化学の実験が必修でしたね。

物理で受験していて化学はやっていなかったので、ちょっとびっくりでした。

 

その後は特に使わなかったので、ガッツリ化学をやるのかというとそうでもないですが、専門とは別のこともやることがあります。

男性講師

一番大変だったことは何ですか?

男性講師

実験レポートが大変です。

あり得ないくらいの量があります。

男性講師

一番楽しいことは何ですか?

男性講師

何度も実験をするので、班の人たちとは自然と仲良くなって実験も楽しめます。

研究や試行錯誤の繰り返しなので、辛いことではありますが、できたときの達成感は大きいです。

男性講師

理系は忙しいと聞きますが、実際、忙しいですか?

男性講師

実験が多いですし、それのレポートも多くなるので基本的にはヒマではありません。

 

サークル・バイトであれば、する余裕はあります。

部活は、個人的には厳しいかなと思います。

理工学部生の進路
男性講師

理工学部では、どのような職業を目指している人が多いですか?

男性講師

自動車関係・家電関係など、やはり機械と関係のある職ですね。

大学院に進む場合も、基本的には就職することを前提にしていると思います。

理工学部のメリット
男性講師

オススメのポイントは?

男性講師

やっぱり、 就職率の高さ ですね。

理工学部のまとめ

  1. 理工学部はだいたいやることは工学部と一緒
  2. 実験がいっぱい、レポートもいっぱい
  3. 忙しいけど、サークル、バイトをする余裕はある
  4. 就職率が良い

この記事はたきもとが書きました

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます