You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【TOEIC】新大学入試で重視される英語力!TOEIC S&Wテスト受験体験記

 太秦教室

JUGEMテーマ:学問・学校

TOEIC Speaking & Writing Testを受けました!

こんにちは。

太秦教室DIY担当の白石です!

 

DIY担当といっても、ずっとDIYをしているわけではありません。

理系科目・英語を中心にちゃんと授業も頑張っています(笑)

 

そんな私が、先日受けたTOEIC Speaking & Writing Test(以下、TOEIC S&W)について少し書いてみようと思います。

 

TOEIC L&Rとは?

TOEICのテストといえば、リスニングとリーディングの能力を測るTOEIC Listening & Reading(以下、TOEIC L&R)を思い浮かべるのではないでしょうか?

 

TOEIC L&Rは、英語を聴く・読む能力を測るテスト です。

年間250万人(2017年度)が受験するといわれる、数あるビジネス英語テストの中でも、最も有名なテストのひとつです。

 

TOEIC S&Wとは?

TOEIC S&Wは、英語を話す・書く能力を測るテスト です。

年間の受験者数(2017年度)が4万人にも満たない、まだまだマイナーなテストです。

しかし、グラフを見てもわかるとおり、TOEIC S&Wの受験者は右肩上がりに増加しています。

TOEIC S&W受験者数の推移
一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会公式発表データより)

TOEICが大学受験に使える?

2020年度から施行される大学入試の新制度では、話す・書くスキルを測る外部試験も導入 されます。

これまではTOEICというと社会人や大学生向けの試験という印象が強かったですが、これからは中高生のみなさんにも無関係なテストではないのです。

TOEIC S&Wの解答方式

そして先日、はじめてTOEIC S&Wを受けてきました。

 

TOEIC S&Wでは、すべての問題をコンピューターを使って解答します。

コンピューター画面に従って操作を進められるので、受験にあたって困ることはありませんでした。

試験の流れ

会場に到着すると、係の方が案内してくれ、控室で待機しました。

控室では、TOEIC L&Rにはなかった「内容漏洩をしないこと」という誓約書へのサインが求められました。

 

実は、このブログを書くのもちょっとドキドキしています(笑)

というわけで試験の内容や形式については、公式の過去問を見てください。

 

時間になると、順次会場に案内されます。

ここでまた、ひとつ驚くことがありました。

 

席についてヘッドセットの確認などを行うと、着席した人から順に試験が始まったんです。

今まで、受験者全員で一斉にスタートする試験ばかり受けていたので少し新鮮でした。

スピーキングテスト

まずは、スピーキングの問題から始まります。

考えたことを瞬時にに言語化する瞬発力が重要視されている と感じました。

正解が1つだけの問題は出題されませんし、与えられたシチュエーションについて、とっさに英語を話さなくてはなりませんから

相当な訓練を積んでいないとかなり難しいです。

 

こういった問題が出題されるということは、相当のスピーキングスキルが国際社会で求められているということですよね。

ライティングテスト

ライティングテストは、 比較的時間に余裕のある中で、いかに論理的に英語の文章を組み立てられるかが問われます。

日本語で考えた文章を訳していくのでは、回りくどい表現になったり時間が足りなくなってしまったりするので、言いたいことを素早く英語にする能力が求められます。

 

私が特に苦労したのは、ビジネスメールへの返信を作成する問題です。

架空のビジネスシーンで直面している課題を把握し、適切な解決策を英語で提案するというのは、中途半端な英語力でなかなかできるものではありません。

 

書く内容を考えることにできるだけ多くの時間を割くためにも、考えたことを英語に変換する能力を鍛えておく必要があると思いました。

 

全体を通しての感想

今回初めてTOEIC S&Wを受験しましたが、国際社会で求められるスキルは、単に英語を読めるだけの能力ではないのだと痛感しました。

実際のコミュニケーション手段として、使える英語を身につけなくてはいけないと感じました。

 

中高生の皆さんにも、今からしっかり英語を「使う」練習をしてもらわないといけませんね!

国際社会の第一線で活躍できる人材になってもらうためにも、英語のレベルを上げてもらいますよ〜(笑)