You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【太秦】究極のアクティブラーニング第2弾!?台湾ひとり旅編

 太秦教室

こんにちは^^

太秦教室DIY担当の白石です!

 

先日、白木先生の記事で香港・マカオへのひとり旅が取り上げられていましたが、

実は私も、台湾へひとり旅に出かけてきました。

今日はその様子を記事にしたいと思います!

(白木先生の記事:【太秦】究極のアクティブラーニング?海外に一人で行ってみてわかったこと

 

自由気ままなノープラン旅!

みなさんは旅行に行くとき綿密な計画を立てるタイプですか?

それとも、行き当たりばったりでそのときどきのノリで楽しむタイプですか?

 

好みはあると思いますが、私は圧倒的に後者です。

そう、今回の台湾旅行もほぼノープランで行ってきました(笑)

 

目的地は2つ。なのに旅程は7日間。

今回、台湾のなかで絶対に訪れたいスポットは2つありました。

いや、2つしかなかったんです。なのに航空券の都合で、7日間滞在することになりました。

 

それでもまぁなんとかなるだろうとほとんど予定を立てずに出かけました。

ブログとしては、この後色々なハプニングに巻き込まれたほうが面白い記事が書けるのですが、なんにも起こりませんでした(笑)

新しい友達が増えて、ただただ楽しい1週間でした(笑)

 

ノープランゆえの出会い

台湾北部の桃園国際空港に着陸してすぐ、最初の目的地に向かいました。

そこは台湾最南端の街 墾丁(ケンディン)にある「国立海洋生物博物館」です。

沖縄美ら海水族館と並んでアジア最大級の水族館ともいわれ、水族館好きの私はぜひ行ってみたいと思い、

桃園空港から夜行バスを乗り継いでいってきました。

そしてその期待通り、圧倒的な規模の展示で見どころも多く非常に満足いく水族館でした。

 

↑国立海洋生物博物館で有名なくじらのオブジェです。

 

しかし、本当の旅の醍醐味はここからです(笑)

水族館から帰ったあとおなかがすいたのでお半を食べに出かけようと思ったところ、

同じゲストハウスに宿泊していた台湾の若者たちが、一緒に行こうと誘ってくれました。

(墾丁は台湾のリゾート地なので国内からも多くの人が訪れます。)

 

そこで彼らのクルマにおじゃまして、南灣というビーチで食事をしました。

それだけでもかなりエキサイティングな体験だったのですが、

翌朝、シュノーケリングにも連れて行ってくれるということで、人生初のシュノーケリングにも挑戦してきました。

わずか1日あまりのおつきあいでしたがとても印象深く、良い出会いでした。

↑人生初のシュノーケリングをした海。海の中は寒かった!

 

2つ目の目的地:九份へ

後ろ髪を引かれながら墾丁をあとにして、今度は台北に向かいました。

ここでの目的地は、あの超有名アニメーションの舞台にもなった台湾随一の観光スポット;九份です。

 

九份へは現地に住んでいる香港出身の友人が案内してくれました。

ここでも観光を楽しんで(日本人観光客が圧倒的に多い)定番の写真を撮り帰路につきます。

↑九份で撮った写真です。あの有名アニメーション映画の舞台にもなりました。

 

友人に、そのあとの予定は特にないと伝えると「うちに来て料理をつくってくれないか」と頼まれました(笑)

その友人、去年日本に遊びに来た時に私が料理をつくってふるまったことを憶えてくれていたのです!

 

そんなに喜んでくれたのなら、とその友人が暮らしているお部屋におじゃまして、

関西風のお好み焼きをつくって一緒に食べました。

まさか台湾に旅行に来て日本のお好み焼きをつくるとは思っていなかったので、新鮮でした。

 

自由ひとり旅、最高!

ここまで書いてきたのが私の台湾7日間の旅です。

 

台湾では、日本語はもちろん英語すら通じないこともよくあります。

 

それでもボディランゲージやスマートフォンなど、自分の持ちうる手段を尽くして目的地へ向かい

日常生活では味わえないエキサイティングな経験をする。そこで起こった出来事を最大限楽しむ。

これこそがひとり旅の醍醐味だと思います。

 

英語や中国語が自由に操れたら…

外国の地理や歴史、政治経済に精通していたら…

それだけで見える世界がずいぶん変わってきます。

そう考えながら普段の授業を受けてみるとおもしろいかもしれませんね。

 

この記事を読んでくれている太秦教室の生徒のみなさん、

もっと詳しい話を聞きたかったり写真が見たい人は、いつでも声をかけてくださいね!

 

それでは今日はこのへんで!