You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【勉強法】算数・数学嫌いを克服する方法

 太秦教室

JUGEMテーマ:学問・学校

好きな科目・苦手な科目

小学生の好きな科目1位はなんでしょう?

 

「算数」だそうです。

そして、苦手な科目1位もなんと「算数」。

 

算数や数学が嫌い!苦手!というお子様、本当に多いですよね。

正直に言うと、私も小学生のときは算数が大嫌いでした。

算数嫌いを引きずったまま中学生になったので、当然数学も苦手でした。

だから、算数や数学、理科が嫌いというお子様の気持ちもよく分かります。

 

4月から中学生になるお子様を持つ保護者の方の中にも、お子様の算数嫌いが気になっている方が多いのではないでしょうか?

私自身が数学嫌いを克服した経験と生徒を指導してきた経験を交えて、算数、数学嫌いの克服ポイントをお伝えしたいと思います。

算数・数学嫌いの原因は?

算数・数学を嫌いになる一番の原因は、「計算」です。

私も計算が苦手でしたし、生徒を見ていても、「算数が苦手」「数学が嫌い」という子のほとんどが、計算に問題を抱えていることが多いです。

 

計算が苦手、というのは算数・数学のつまずきの第一歩なんです。

早めに解消しておきましょう。

 

算数嫌い克服方法<計算ミス編>

計算嫌い克服は、計算練習あるのみ

計算方法はわかっているけれど、間違いが多いという場合は、計算練習が足りていないということです。

解消するためには、とにかく計算問題を解くこと!

これに尽きます。

 

数学ほど、訓練が必要な科目は他にないかもしれません。

その分、解けば解くほどできるようになるのが数学です。

計算は練習を重ねて、習熟していくしかありません

 

でも、お子様にとって、計算練習って苦痛なんですよ。

私もさぼっていました。

 

だから、テストでは計算間違いだらけ。

返却されてからも、「本当はわかってたのに、計算ミスでバツにされた〜」なんて言っていました。

計算ミスを軽く済ませない

計算の間違いって、「ミス」という一言で片づけてしまうことが多いんですよね。

でも、そのミスで失点するわけですから、軽く済ませてしまってはいけません

 

特に単純な計算問題でも「ミス」があるお子様は、危険です。

文章題や比例、図形など計算がメインではない問題での計算間違いは、かなり多いと思われます。

サッカーのパス練習でミスが多い人は、試合でもパスミスをするだろうな〜って想像できますよね。

 

計算も同じです。

計算問題を解いているときにミスがある人は、図形や比例、文章題などの複雑な問題では、計算間違いが増えるんです。

 

無意識に解いていても、 全問正解できるレベルまで計算できるようになることが、まずは数学嫌いを克服する第一歩 です。

計算練習のコツ

では、実際にお子様の計算嫌いを克服するために、計算練習をするときのことを考えてみましょう。

計算練習にも、コツがあるのを知っていますか?

 

それは「時間」を意識することです。

この「時間」には2つの意味があります。

計算練習をする勉強時間

まず1つ目は、計算練習をする勉強時間です。

せっかく計算練習をしていても、だらだらとしていては計算できるようにはなりません。

1日の勉強量をページで決めるのもいいんですが、時間で区切るのも有効です。

 

計算練習は、1日20分と決めてしまうんです。

ただし、その20分はだらだらとしていてはいけません。

目標時間の設定

そこで、2つ目の「時間」です。

目標時間を設定しましょう。

 

「このページを5分で解く!」とか、「ここまで、1分で解く!」と目標を決めるんです。

このとき学年が低ければ低いほど、一度に設定する問題数と時間は短くしてください。

 

小学1年生で1分、中学生でも5分くらいが目安です。

丸付けをして、間違えた問題はゆっくり丁寧に直す時間をとってくださいね。

 

算数嫌い克服法<計算方法がわからない編>

つまずきをそのままにしてませんか?

「計算練習をしようにも、すぐに手が止まってしまう」というお子様もいます。

それは、わからないところをそのままにしてしまったからなんです。

 

全然わからないわけではないけれど、少しずつわからないことや苦手が積もり積もっていることもあります。

高校生からこんな質問を受けたことがありました。

男子生徒

実は0が続くときの繰り下がりの計算って、どうやったらいいかわかんない…

分数や小数の計算も、ちょっとしたつまずきの温床です。

復習が必要なお子様が多い分野だと思います。

思い切って、学年をさかのぼった復習を

計算練習を一人でするのが難しいお子様の場合、勇気を持って学年をぐっと下げて復習しましょう。

中学3年生の数学嫌いのお子様が実は繰り下がりでつまずいていて、それがすべての元凶だった、なんてこともありました。

 

今は簡単な計算問題をネットで無料でダウンロードすることもできるので、気軽に学年をさかのぼって計算練習できます。

男性講師

どんなに細かいつまずきも見逃さない意識で、さかのぼってくださいね!

 

ただし、ご家庭で計算方法を指導するのは難しい場合もあると思います。

そんなときは、You-学舎にご連絡くださいね。

算数・数学嫌い克服法のまとめ

  • 算数・数学嫌いのお子様には、まずは計算練習を。
  • 計算ミスが多いお子様には、時間を意識した計算練習が有効。
  • 計算練習で手が止まってしまうお子様には、学年をさかのぼった復習を。
男性講師

計算練習に、早すぎるということはありません。

お子様の算数嫌いに気が付いたら、計算から取り掛かってくださいね!

 

関連ページ

 

You-学舎太秦教室の尾花でした。