You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【大学入試】あと1年!中堅高校でそこそこ成績が良い高2生がやるべき受験勉強

 高校生の勉強法

JUGEMテーマ:学問・学校

大学受験を控えた高2生へ

高校3年生への進級を目前に受験勉強を始めよう、という高校2年生が多いのではないでしょうか?

もし中堅高校に通っていて、国公立大学やMARCHや関関同立、産近甲龍と言った、ある程度みんなが名前を知っている大学に行きたいと思っているなら、 今すぐ受験勉強を始めましょう

 

少しでも早く受験勉強を始めることは、合格の秘訣の1つですよ!

 

受験勉強、今から始めて間に合うの?

間に合います!

 

中堅高校でそこそこの成績をキープしているということは、基礎はできているということです。

やるべきことを間違えずに一つずつこなしていけば、大丈夫。

志望大学合格に向かって、頑張りましょうね。

 

 

センター試験って、受けなきゃだめ?

受けなくてはいけない人と、どちらでもいい人がいます。

 

センター試験だけで受験できるのは、私立大学の「センター利用入試」だけです。

私立大学のセンター利用入試は、指定された科目のセンター試験の結果で合格不合格を判定します。

センター試験さえ受験すれば、複数の大学に出願できるのでお得な制度です。

私大のセンター利用入試の落とし穴

私立大学のセンター利用入試は、国公立大学受験者が滑り止めに利用することが多いです。

学校別の試験対策をしなくていいから楽ですからね!

つまり、その私立大学を第一志望とする生徒層よりも遥かに高い学力層が、センター利用入試を受験する可能性が高いということです。

実際、センター利用入試の基準は思っている以上に高くなることが多いです。

 

私立大学の公募推薦や一般試験は大学独自の問題が出題されます。

センター試験に似ている大学もありますが、センター試験とは全然傾向が違う大学の方が多いので、 センター試験の対策ばかりしていたら、私立大学の一般試験の問題に対応できなくなる可能性 もあります。

国公立大志望なら、二次試験対策も

国公立大学は、センター試験の他に各大学が実施する個別試験を受ける必要があります。

個別試験では当然センター試験とは比べようのない高いレベルの問題が出題されます。

英作文や記述問題だって出題されます。

 

国公立大学を目指す場合、センター試験の準備だけをしていると個別試験の勉強ができなくなってしまいます。

志望大学の入試形態に合わせた対策を

私立大学を目指す場合、センター試験を受けて構わないけれど、受験勉強をセンター対策に絞るのは危険、ということです。

あくまで、センター利用入試は補助。

各大学の公募推薦や一般入試の問題にあわせた対策をしていく方が合格への近道です。

 

国立大学を目指す場合は、 今すぐセンター対策を始めましょう!

センター試験の結果が悪かったら、二次試験にも進めません。

夏休み中に、センター試験で合格得点をとれるように勉強することが必要です。

今から一年間、勉強以外のことは一切しないつもりで受験に臨みましょう。

 

センター試験って簡単なの?

いいえ、センター試験は、簡単ではありません!

 

確かに正しい勉強すれば、高得点を取ることは可能です。

特に中堅高校の場合、学校の定期試験では大学入試を意識していないことが多いです。

  • 学校で使用している問題集や、配布されたプリントの問題を解いておけば、80点以上はとれる。
  • 理科や社会は教科書やノートを暗記していけば正直、100点が取れる。
  • 国語や英語で、初見の長文問題が出題されない。

中堅高校に通っていると、結構当てはまるのではないでしょうか?

これではまだ入試のための基本準備ができているとも言えない状態なので、気をつけてくださいね。

 

センター試験の勉強を始める前に

まず、今年のセンター試験を解いてみましょう!

 

さっきは、全員がセンター試験を受ける必要はない、と言いましたが、センター試験が学力を測る指針になるのは確かです。

英語・数学・国語だけで構いませんので、時間をとってチャレンジしてください。

 

ほとんどの人が3〜5割程度なのではないでしょうか?

自分の実力を確認するのが目的だったので、今はそれで構いません。

 

失点した単元を徹底的に復習し直してください。

失点の原因が語彙力不足なら、単語を覚えましょう。

読解力がなかったことが原因なら、読解力をつけるための訓練をしないといけません。

 

でも、どうしたらいいんでしょう?

本格的に勉強を始めようとすると、誰かの助けが欲しくなりますよね。

予備校と塾、どちらを選んだらいいんでしょう?

 

予備校がよいのか?塾がよいのか?

今の時期高2生は受験勉強をするにあたって「塾」か「予備校」に通うことを検討すると思います。

 

それぞれの性格や勉強スタイルがあるので一概には言えませんが、逆転合格をめざしているなら「個別指導塾」を選ぶことをお勧めします。

予備校は情報量が豊富で、指導力にも長けているので、集団形式でガンガン進めていきたい人にはお勧めです。

 

ただ、大勢の受験生の対応をしなくてはならないので、特にチャレンジ受験がしたい、という人は断然「個別指導塾」がお勧めです。

ひとりひとりの学力と志望校に合わせたカリキュラムを作って、管理してくれるのが個別指導塾の魅力 です。

意外と高学歴の講師がそろっている個別指導塾もありますし、自分の志望大学に在学中の学生講師がいることも。

中堅高校に通う高2生は、家や高校の近所の個別指導塾を一度覗いてみてください!

 

You-学舎も長年のノウハウを活かした受験対策を行っています。

新学期直前の混み合う時期ではなく、 早めに無料体験授業を受けて塾を決め、受験勉強スタートを万全なものにしましょう

 

受験勉強を始める前にやってはいけないこと

最後に、この時期にやってしまいがちな失敗例を1つ紹介しておきましょう。

 

それは、 ネットで検索して評判のよかった問題集や参考書をとりあえず買うこと 、です。

ネットやアマゾンで評判の良い参考書や問題集には、確かに本当に良いものが多いです。

 

でも、それは今のあなたにぴったり合う問題集なんでしょうか?

志望校に合格するために、本当に必要な問題集なんでしょうか?

 

同じ偏差値の人でも学習状況は違いますし、同じレベルの大学でも問題形式は全然違います。

ネットの記事は、参考程度にしてくださいね。

 

あっ、自分の学習状況をきちんと把握していて、何が必要なのかわかっている場合は例外です。

本屋さんで同じような問題集を見比べるのも時間がかかりますからね。

ネット上での評判や見本ページをよく見比べて良い参考書、問題集を見つけてくださいね😊

 

受験勉強を始める高2生へのアドバイスのまとめ

  1. センター試験は、受けなくてはいけない人と、受けなくてもいい人がいる。
  2. センター試験は簡単ではありません!基本問題だと思うと大やけどします。
  3. 今年のセンター試験を解いて、学力を測ろう。
  4. チャレンジ受験をするなら、個別指導塾がおすすめ。
  5. ネットで評判の参考書や問題集を「とりあえず買う」のはやめましょう。
男性講師

本気で大学受験に取り組めば、今までの人生で1番勉強する1年間になるはずです。

大学受験は、自分の実力だけで人生を切り開く数少ないチャンスの一つです。

 

もし「塾で受験勉強を始めたい!」と思ったら、新学期直前の混み合う時期ではなく、 早めに無料体験授業を受けて塾を決め、受験勉強スタートを万全なものにしましょう!