You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【海外子女】日本と海外の算数・数学で無敵に!

 帰国生向け情報

JUGEMテーマ:学問・学校

日本の算数とアメリカの算数

海外に住んでいる小・中・高校生の指導をしてきて、算数・数学のアプローチが日本と海外では色々違うなぁと感じています。

いずれ日本に帰ってきて、日本の学校で算数・数学を学ぶなら、そして今海外に住んでいて、現地校やインターナショナルスクールに通っているなら、欲張って両方のいいとこ取りをしちゃいましょう。

日本の算数

計算のスピードと正確さが重要

小学生の算数で、日本がいいなあと思うのは 徹底的な計算練習と九九 ですね。

小学生の低学年の頃には、小学校2年生で九九を暗唱するので、誰でも1桁のかけ算はスラスラ解けます。

 

また小学生の頃は、毎日のように計算ドリルから宿題が出るので、計算スピードが速くて正確になります。

だから日本人は、暗算でお釣りが計算できるって言いますよね。

でも、電子マネーが広がっていくと、「お釣り」という概念もなくなるんでしょうね…。

九九は必ず覚えよう

アメリカでは、九九は表を見て、その答えを使うのですね。

 

今年の夏、アメリカから帰ってきた小学生、現地では通える範囲に日本語補習校がなかったということで、九九を覚えていませんでした。

これは大変だ!ということで夏休みの間に九九の練習をして、大急ぎで覚えてもらいました。

日本の小学生なら九九は必須 ですからね。

アメリカの数学

現地校では掛け算を面積図で考える

では、海外の子供たちは計算力が低くても大丈夫なのか?というと中学校になったら電卓を使うようになるので、計算は電卓がするというスタンスなのでしょう。

アメリカの現地校の算数では、かけ算を面積図で考えますよね(州によっては面積図は使わないのかもしれませんが)。

 

これはかけ算のイメージが分かっていいなぁと思います。

日本国内の保護者の方には、「かけ算の面積図って?」という方がいらっしゃると思います。

45×59ならばこんなふうに考えます。

これは日本の小学生にも有効そうですね。

このイメージを持った上で、日本式の筆算を解いていくと、理解が深まりそうです。

現地校では「なぜそうなるのか?」という理屈を重視する

現地校では、面積の公式や体積の公式を学ぶときに、 「なぜそうなるか?」を重視 しますね。

どうしてこの公式が導かれたのかしっかり学びます。

 

これもいいですね。

日本の算数ではさらっと説明した後で、実際に公式を使いながら問題を解いていく(手を動かして計算してみる)のに時間をかける先生が多いように思います。

問題を解きながら、公式の意味をつかむ子も多いです。

 

現地校と日本の算数の両方をマスターすれば無敵!

現地校の学びと、日本式の算数の両方を身につければ無敵! になるのではないでしょうか?

 

現地校で理屈重視の算数を、補習校で徹底演習重視の算数を学べるのは、貴重です。

日本で中学・高校・大学入試を受験することになるなら、思考力とともに計算のスピードも正確さも求められますからね。

算数の計算をコツコツ毎日するのは大変なので、小学生のうちは計算は学習アプリを使ったり、タイムトライアルをしたりして、ゲーム感覚で楽しんでみるのもいいです。

 

アメリカンスクールの数学

論理的思考を大切に

ペルーでアメリカンスクールに通っている高校1年生のT君。

海外の大学に進学するか、日本の大学に進学するか決まっていません。

また急に帰国することになるかもしれません。

 

そんなときに困らないように、日本の高校数学をオンライン授業で学んでいます。

彼によると、アメリカンスクールの授業で公式を扱うときには、「なぜその公式が出て来たのか?」、論理的に考えることを大切にしているそうです。

中学から計算は電卓で

T君の話によると、アメリカンスクールでは、中学になったら電卓での計算を徹底的に学ぶんだそうです。

計算は人間がするよりも電卓がする方が正確で速いですから、ある程度の学年になると計算は機械に任せて、論理的な問題を解くことにシフトするのは合理的ですね。

 

だからこそ、 学力の高い生徒は、ハイスクールで大学レベルまで進む時間の余裕ができる のですね。

電卓もアリだなぁと思います。

 

でも、日本の数学は、今のところ大学入試までは手計算です。

正確さとスピードが求められるので、日本の数学問題を解くときには電卓はなしですよ!

 

日本の高校数学

平方完成って何?正弦定理って何?

T君は日本に一時帰国したときに、数学IAの参考書を買って、自分でも日本の数学を学習していました。

でも、日本の数学はアメリカンスクールとアプローチが違って、一人では混乱してしまったとのこと。

数学Iの二次関数でも、日本では定番の「平方完成って見たことがないなぁ。何のためにするんだろう?」とか、三角比の「正弦定理って何?」という感じたそうです。

日本とアメリカ両方のアプローチで学ぶと、総合力が上がる

オンライン授業で、担当の先生が 「正弦定理の公式」を証明 したところ、納得がいって、公式を使えるようになりました。

平方完成も問題演習と解説を繰り返したところ、納得できたようです。

 

授業では、基本的には日本の高校の数学の教科書と、学校でよく使う問題集(4stepなど)を使いながら数学I数学Aを学びますが、アメリカンスクールのテスト前には、テスト対策の質問も受けています。

大学進学にはハイスクールの成績も重要ですからね。

 

色々なアプローチで数学を学ぶと、理解が深まります。

海外で暮らしているからならではの、贅沢な学びですね。

講師

小学校の算数も、中学・高校の数学も海外と日本では進度も違うし、指導の仕方も違いますが、バランスを取りながら上手に学んでいきましょう。

 

「オンライン個別指導 You-学舎」へのお問い合わせはこちらからどうぞ。

この記事は、なみまつが書きました。