You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【スマホ】スクリーンタイムで上手にiPhoneと付き合おう

 保護者さま向けの記事

お子さんにiPhoneを持たせている保護者のみなさん、まずはこちらをご覧ください。

 

スクリーンタイムを使えば、iPhone や iPad でどのように時間を費やしているのかリアルタイムでまとめたレポートを確認し、管理しておきたいものについては制限を設けることができます。

 

どのアプリ(App)を何時間見たか、一目でわかる優れモノです!!

どう活用するか、見てみましょう。

 

 

まずはスクリーンタイムをオンにしましょう

 

「設定」「スクリーンタイム」「スクリーンタイムをオンにする」「続ける」の順にタップしましょう。

最後に、「これは自分用の [デバイス] です」または「これは子供用の [デバイス] です」を選択すれば設定は終了です。

 

 

使用状況を確認しましょう

 

まずはアプリごとに使った時間を見てみましょう。

SNSやゲームだけで毎日数時間使っていたり、デバイス(iPhone)を持ち上げた回数が1日100回近くになっていたりしませんか?

 

ゲームやSNSを開いた時間を全部足してみてください。

1日1時間を超えていたら、考え直した方がいいです。

 

 

ルールを決めましょう

 

お子さんの状況が把握できたら、iPhoneの使い方をじっくりと考えてみましょう。

お子さんの勉強の時間や、お子さんがiPhone以外にやりたいことがある時間に、

ついうっかりiPhoneを手にとってしまわないように工夫する必要があります。

 

ルールの決め方は、こちらの記事を参照してください。

【保護者様へ】成績を上げるなら「スマホのルールと管理」を考えましょう!

 

 

「休止時間」と「常に許可」を使いこなしましょう

 

「休止時間」とは、iPhoneを操作できないようにする時間です。

たとえば「23時以降」「塾にいる21:30まで」といった感じで、iPhoneに触れない時間を作ることができます。

 

それに対して、「常に許可」として設定したアプリは「休止時間」でも使えます。

たとえば親子で連絡を取らないといけない場合は、メッセージや電話を「常に許可」と設定しておきましょう。

 

 

「App使用時間の制限」で1日あたりのアプリの制限時間を決めましょう

 

 

その日にゲームをした時間の合計が1時間に達すると、その日のうちはiPhoneでゲームができなくなります。

つまり、

 

ママ

ゲームは1日1時間!!

 

といったルールを、iPhone自身が守ってくれるということです。

制限時間は1時間に限らず分単位で設定ができますし、「日曜日だけは2時間」のように、曜日ごとに設定することも可能です。

 

ちなみに、制限時間を超えた際は「今日は制限を無視」という選択肢も出ます。

制限を無視するかどうかは、本人の意志の問題です。

…とはいえ、意志の力が足りずこっそりゲームをしている分も、スクリーンタイムを見ればわかります。

 

 

スマホを管理するのは保護者の役目

 

まさかiPhoneをiPhoneで管理する時代が来るとは思いませんでしたね。

書いている私自身も驚いています。いずれAndroidにも同様の機能が付くのでしょうか…?

 

スマホの管理は学習環境の管理、つまり保護者の役目です。

その役目を果たすための、強力な助っ人が現れたと考えてください。

 

子どもが上手にスマホと付き合えるよう、便利なツールを使いながらしっかりサポートしていきましょう!

 

この記事は、きむら が書きました。