You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【大学入試】入試の日と定期テストの日がかぶったときは…

 西院教室

 

大学入試と学校の定期テスト、どちらを受ければいい?

 

 

毎年この時期になるとちらほら現れる、

「大学入試の日と学校の定期テストの日がかぶった、どうしよう!」という生徒。

そのお悩み、お答えしましょう!

 

 

大学入試を受けましょう。

 

理由は簡単、大学入試はこの時期の定期テストよりも人生を大きく左右するからです。

 

大学入試は、同じ学部・学科を何度も受けられるぶん、多く受ければ受けるほどチャンスは広がります。

志望する大学があるなら、そのチャンスをみすみす逃すわけにはいきません。

 

あっ、定期テストを受けないと卒業できない生徒はもちろん別ですよ(笑)

そういうときは迷わず定期テストを受けてください。

大学に受かっても、高校を卒業できなかったら本末転倒です。

 

テストを受けるべきかどうかわからないような、微妙な成績の人は、

この記事の最後の方に書いた解決策をご覧ください。

 

 

他の日程で同じ大学の学部・学科を受けられないか?

 

同じ大学の学部・学科を何度も受けられるということは、

必ずしもテストがかぶったその日に受験する必要はないという考え方もできます。

 

入試の科目や配点には注意しましょう。日程によって違うことがあります。

科目・最低点を確認したら、試しに過去問を解いてみて、合格最低点と比べてみましょう!

合格最低点より"余裕で"上なら、その日程で受ければ済む話です。

 

ただし、過去問で合格最低点ギリギリならかなり危ないと考えた方がいいです。余裕で上を狙いましょう。

入試当日は想像以上にプレッシャーがかかります。

また、私立大学の入試は数日連続で受験することも珍しくありません。その場合は、かなりの体力・気力を消費します。

そのような極限状況では、今と同じ点数は出せません。

このあたりは、別の記事にして詳しく語ろうと思います。

 

 

担任の先生や教科担当の先生に相談してみよう

 

もしかすると、何らかの対処をしてくれるかもしれません。

テストの代わりに課題を出されるか、あわよくば後日テストを受けさせてもらえたらラッキーです。

見込み点でなんとかなりそうかどうかも、わかるかもしれません。

 

ただし、高校の先生の立場からしたら、ホントは「定期テストを受けなさい」と言わざるを得ないはず。

あまり思い通りに対処してくれることを期待しない方がいいでしょう。

 

最後の手段…「風邪をひきました」

既に定期テストで十分に点数を取っていて、評定も十分にあって、

最悪0点でも問題ないようであれば、使える手段です。

 

 

自分の人生にとって、大学受験と高校での学びのどちらがより大切か考えましょう!

 

4月以降の人生がどう変わるか?

既に書いた通り、大学を受験する機会が1回多くなれば、そのぶん合格の可能性は上がります。

 

大学受験は、その後の人生につながるいろいろな選択の中でも、特に大きなものです。

大学院に進まなければ、以降一生にわたる最終学歴が、この入試でほぼ決定します。

 

これだけ重大なライフイベントなのですから、活かせるチャンスはすべて活かしましょう!

 

今後、高校で履修している科目を学ぶ機会があるかどうか?

今度は逆の立場から。

 

受験に関係ないけど仕方なくとっている科目は、

自分で学ぼうと思わなければ、学ぶ機会はもうありません。

たとえば理系の生徒が履修する倫理や世界史、文系の生徒が履修する生物などなど。

 

さらに、それらをある程度専門的な領域まで高校で学んだうえで、

分野ごとに小分けにした定期テストで習熟度を測る…

そんな機会は、もはや一生ないと言ってもいいでしょう。

 

たとえ受験で使わなくても、やはり高校でのそういった学びは、

人生のうちのどこか思わぬところで役に立つかもしれませんよ。

 

テストを受けないといけないかどうかわからないくらい、微妙な成績のひとは…

 

教科担当の先生や、担任の先生に相談してみましょう。

まずは、テストの日程を聞いてみましょう。

もしかしたら、成績がきわどい教科のテストの日が、入試の日とは別の日になっているかもしれません。

 

秘密の救済策があるかも?先輩の体験談も参考に。

最後までテストの成績が振るわなかった人向けに、もしかしたら追認考査のようなものがあるかもしれません。

もし成績に不安を抱えていた先輩がいたら、どうやって乗り越えたのか聞いてみましょう。

くれぐれも、失礼のないようにね!

 

 

男性講師

今後の人生を決める大事な大事な大学入試、なんとしても受けられるように八方手を尽くしましょう。

高1・高2の生徒も、入試直前に不要な悩みを抱えないように、

高3の1学期のうちにしっかりと定期テストで点を取っておくこと!!

 

この記事は、きむら が書きました。