You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【保護者向け】受験生に恨まれないための風邪&インフル対策

 保護者さま向けの記事

受験生と風邪&インフル

今日は、私が登録しているメルマガで紹介されていた記事が面白かったので、ぜひ家族に受験生をもつみなさんにもシェアしたいなと思い、筆をとりました。

なかなかキャッチーなタイトルですよね?(笑)

正確には「受験生に風邪&インフルをうつして一生恨まれないための『超』風邪対策7つ」というタイトルの記事です。

受験生が風邪をひくとなぜいけないのか?

何を今更?な感じですが、一応根拠もあるので、読んでください…

風邪をひくと、完治するまでに平均5.4日かかるそうです。

となると、ベストコンディションに戻すには6〜7日かかるでしょう(もちろん個人差はありますが)。

 

風邪をひいてしまった間も机に向かったとして、鼻がつまって頭がぼーっとして、能率は当然落ちます。

熱が出て寝込むことだってあります。

約1週間もベストな状態から遠ざかってしまうというのは、一日一日が大事なこの時期の受験生にとってはかなりマズイ状況です。

風邪やインフルを受験生にうっかりうつしてしまい、大事な1週間をパーにさせたということになれば、恨まれるかもしれませんね。

 

風邪・インフルのリスクを激減させる方法は?

即効策として紹介されていたのが、

風邪・インフルのリスクを激減させる7つの行動習慣
  1. ガムや飲み物で常に「のど」を湿らせておく。
  2. できるだけ「鼻」で呼吸する。
  3. 「顔を触るクセ」を意識してやめる。
  4. 公共トイレの「ハンドドライヤー」は使わない。
  5. 手洗い後の乾いた手を「アルコール消毒」して完全に乾かす。
  6. 一日3回以上「うがい」をする。
  7. 手洗い前に「鼻くそ」をほじらない。

「なぜこの方法が有効なのか?」「医学的根拠は?」という方は、元ネタの書籍を読んでみてください。

結構売れているそうです。

記事中では次のように紹介されていました。

 

あなたはどんな予防をしていますか?

私自身もこの冬に限っては絶対に風邪&インフルをうつされたくない人間なので、7つ中5つは知ってました!

「顔を触るクセ」と「鼻くそ」は知りませんでした!

気をつけたいと思います!

 

水分補給喉の調子には気をつけているので、大きめのボトルと飴ちゃんは毎日常備するようにしています。

受験生 風邪 インフルエンザ 予防

You-学舎 千里山教室の簡易風邪予防対策
【その1】アルコール消毒を常備

受験生 予防 You-学舎

【その2】マスクを常備

受験生 予防 You-学舎

 

風邪ごときに受験結果を少しでも左右されては、これほど悔しいことはありません。

受験生の家族は、きちんと風邪&インフル対策をしてあげてください。

講師

受験生自身も、きちんと風邪&インフル対策はしつつ、もし風邪やインフルに感染したとしても、人を恨まない心の広さを持ってくださいね。

 

え、コタツでうたた寝して風邪ひいた?

それは自分が悪いです。

 

この記事は てらおか が書きました。