You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【保護者様へ】成績を上げるなら「スマホのルールと管理」を考えましょう!

 保護者様向けの記事

JUGEMテーマ:教育

スマホ依存急増中!

保護者にとって、子どものスマホ(タブレット)との付き合い方については、かなり大きなテーマになっていることと思います。

カウンセリングのときにも、「それってスマホ依存じゃない?」と思うような話を、度々聞きます。

スマホと子供

私の中高生時代は、メールしかしない携帯電話を持っているぐらいでしたので、今のような心配はありませんでした。

代わりにプレステとか初期のDS、ジャンプなどの漫画、ドラマがみんなの楽しみであり、共通の話題だったように思います。

 

さすがにプレステやジャンプを、家で何時間もしていれば親から叱られるし、親も取り上げるのが簡単でした。

ところがスマホというツールは、手のひらサイズでいろんな使い方があるので、大人としては取り締まりが難しくなってしまいました。

 

個人的には、高校生までの子どもたちには、スマホの検定を受けさせて、スコアに応じて使用できる機能を制限できればいいと思っています。

そうしたらみんな必死に勉強しますよね?(笑)

 

スマホ依存度チェックをしてみてください。

▢ 何もないのに、スマホが光ったような錯覚がある。

▢ 目的がなくても、スマホを触ってしまう。

▢ お風呂やトイレにもスマホを持っていく。

▢ 朝起きたらまずスマホをチェックする。

▢ スマホを持ったまま寝ていることがある。

▢ 家にスマホを忘れたら、絶対に取りに帰る。

▢ SNSのコメント返信、メッセージ既読が気になって仕方ない。

▢ 面白いものを見つけると、写真をSNSにアップしたくなる。

▢ 近くの人のスマホが鳴ったのに、つい自分のスマホかと思うことがある。

▢ 歩きスマホをしてしまう。

半分以上当てはまっていたら、スマホとの付き合い方を、今すぐ真剣に考えたほうが良いです。

 

親子でスマホ使用のルール化をしておく

特に時間・使用目的・場所・ペナルティについては、きっちり決めておくのが良いと思います。

時間について

「帰宅後の何時から何時まで」、「夜は何時から何時まで」ということを決めてください。

「何時間使用したか?」ではなく、「時間帯の指定」しておくことが大事です。

もちろん大人の目の届く時間帯で。

使用目的について

スマホを何に使用しているのか?

大人は把握しておくべきだと思います。

おそらくは、LINE、インスタやTwitter、YouTube、ゲームあたりがメインでしょう。

 

他に、「勉強系アプリ」を使っていることがあります。

ここを把握していないとトラブルの元です。

いつまでもスマホを触っているから注意したら、「今アプリで英単語を覚えてた」「調べものしてた」など、勉強の一環だと主張してくることがあります。

その良し悪しは、ご家庭の判断だと思います。

場所について

スマホを触るのはリビングで。

勉強するとき、寝るときはスマホをリビングに置いていく。

勉強系アプリを使いたい場合もリビングでの使用を基本とするなど、スマホを使う場所の指定をしておきます。

ペナルティについて

もし先ほどで決めたような「ルールを守れなければどうするか?」を決めてください。

たとえば、【1日使用禁止 → 1週間使用禁止 → 1ヶ月使用禁止 → 解約】のように、段階を踏んでもいいと思います。

 

塾でのスマホ対応

塾にスマホを持ってきてもらうのは構いません。

ただし机の上に置いて勉強するのはやめてください。

カバンにしまっておくこと。

 

もし、スマホが原因で「成績が下がる」、「生活習慣が悪くなる」ようなことがあれば、塾でスマホを預かることも検討します。

その際の故障などは、一切責任を持ちませんので悪しからず。

 

特に受験生は、明確なルールをつくって、スマホごときに人生を左右されないようにしてもらいたいです。

 

スマホは「たいせつな時間を奪う恐るべきツール」にもなりうる

最近読んだ本に、こんなことが書いてありました。

大人なら娯楽や息抜きに見るのはかまいませんが、未来ある18歳以下の子どもたちにとってスマホはたいせつな時間を奪う恐るべきツールだと自覚してください。

(3男1女 東大理傾膤壁竿百中 絶対やるべき勉強法 佐藤亮子)

我が子を全員東大のしかも理IIIに合格させたという強者ママです。

すごい説得力や😲

佐藤家でのスマホルールも紹介されていますので、一度読んで参考にしてみてはいかがでしょうか?

子どものスマホの管理は保護者の仕事
講師

子どものスマホ使用を管理することは、子どもの勉強環境を整えてやることなんです。

保護者の仕事です。

スマホ管理が甘いと、子どもの成績も甘くなります。

保護者の責任です。

 

成績を上げたいなら、まずは「スマホのルールづくりと管理」から!

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

 

この記事は てらおか が書きました。