You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【高校受験】年末年始の失敗しない過ごし方


吹田市は今日から冬休み

吹田市の中学校では本日が終業式で、12月22日から冬休みです。

 

受験生にとっては、冬休みが最後の山場ですが、どのように過ごすか計画は立てていますか?

「勉強はできるときにする」とか「当日に決める」とかいうのは結局、だらけてしまう原因です。

 

クリスマス、大みそか、お正月、始業式までの数日間。

家族の行事もあるでしょうから、そういうことも見越して計画を考えていきましょう!

理想のスケジュールはこれだ!

このスケジュールは中3の例です。

 

塾が休みになる12月28日までは塾で過ごしますが、29日から1月4日までは自己管理してもらう必要があります。

年末年始は自分の予定だけでなく家の予定もありますから、あらかじめ予定を確認しておいて、上のように大まかなスケジュールを組んでみましょう。

 

完全オフの日は2日間

「大みそか」と「元日」の2日間だけは勉強を休んでいいことにする 、というのがおすすめです。

この2日間は、問題集も単語帳も開きません!

家の手伝いや外出、初詣で合格祈願をするのもいいでしょう。

勉強から離れて、気分転換することも大事です。

 

実は肝心なのは2日間というところ。

3日間になるとちょっと長いです。

頭がなまってきますし、きっと親も「いつになったら勉強を再開するんだ?」という雰囲気を出してくるでしょう。

 

スケジュールを宣言しておく

上のように大まかなスケジュールを組めたら、 親に知らせておくといいです

冷蔵庫に貼っておいてもいいです。

 

自分はこういうスケジュールで動く、ということを知っておいてもらうと、協力してもらいやすくなります。

また、宣言しておくことで自分自身にもプレッシャーをかけておくことができます。

 

起床時間は厳守する

朝8時起床!

この時間を 何が何でも厳守するのです

生活習慣の乱れの一番の原因は、「昼まで寝てしまうこと」にあると思います。

冬休みは短いので、一度リズムが乱れてしまうと軌道修正が大変です。

 

午前中は、数学など思考力系の勉強をするのに、とても効率が良いとされています。

昼まで寝てしまったせいで、この貴重な数時間を無駄にするのは、入試で数点分を捨てるのと同じだと思ってください。

夜12時就寝!

夜更かしは禁物です。

受験生だからといって夜遅くまで勉強する必要はないのです(当然、日中に勉強していれば、ですが。)。

そして遅くても1時には布団に入り、 8時の起床に合わせて睡眠時間を確保します

 

睡眠時間が減ると、体調を崩しやすくなります。

頭痛がするとか、風邪をひいたとか、寝込んでしまう事態を招かないように。

夜は冷え込むのですから、わざわざ深夜まで起きていてリスクを負うようなことはやめておきましょう。

 

学校の宿題は12月28日までに

「年内までに」という言い方でもよいのですが、そうするとダラダラ先延ばしになって、気づけば大みそかになっても終わっていない、ということになりかねません。

冬休みの宿題は、夏休みの宿題に比べればすぐに終わるものが多いと思いますので、できるだけ早くに終わらせて、実力テストの勉強に舵を切るのが賢い過ごし方です。

世間は浮かれているのに…

年末年始の特番を見たいのに…

休み中だからゲームしたいのに…

 

そんな気持ちを乗り越えてスケジュール通りに行動できた人は、きっとみんなが味方をし、応援してくれます。

誘惑に負けてしまったら、初詣で合格祈願をしても、神様は味方してくれないでしょう。

 

講師

中3の場合はこの冬休みに絶対に、誰にでも、まだ伸びるチャンスがあります。

このチャンスを活かすための第一歩として、年末年始のスケジュールを考えてみてください。

 

日ごろ協力してくれている親へのお礼の気持ちも忘れず、家の手伝いもしっかりしてね!

 

この記事は てらおか が書きました。