You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【京都】専門学科への道!生徒の声 嵯峨野高校編


JUGEMテーマ:学問・学校

専門学科への道!生徒の声 嵯峨野高校編

専門学科への道!シリーズ4回目は、「専門学科への道!生徒の声 嵯峨野高校編」です。

 

嵯峨野高校の学校情報を知りたい方は、「専門学科への道!学校紹介 嵯峨野高校編」をご覧くださいね。

嵯峨野高校の卒業生に全面協力してもらって、可能な限り内部情報も盛り込みました。

嵯峨野高校卒業生にインタビュー

今回は、嵯峨野高校卒業生のTくんに高校生活について聞いてみました。

嵯峨野高校を選んだ理由
講師

Tくんはどうして嵯峨野高校を志望したの?

男子生徒

ぼくは小学校からバスケットボールをしていて、高校でもバスケ部に入りたかったんです。

嵯峨野高校のバスケ部はベスト8まで勝ち進んだ実績があって、高校全体で部活に力を入れていると聞いたので、嵯峨野高校を選びました。

 

勉強と部活の両立は?
講師

勉強と部活の両立は大変だった?

男子生徒

最初は大変でした…(笑)

「朝起きて、授業を受けて、部活に行って、家に帰ったら課題に取り組んで就寝」というルーティンが身につくと、勉強と部活の両立が出来るようになりますよ。

講師

学年が上がると課題も増えてやっぱり大変?

男子生徒

いえ、嵯峨野高校では1年生が一番課題が多くて学年が上がると課題は減り自分で勉強を管理するようになるので、1年生が一番大変でした(笑)

 

部活や進路指導は?
講師

なるほど。1年生で頑張れば、その後は自分のペースで両立して行けるんだね!

でも自分で管理をしていかなくちゃいけないのって大変だよね?

男子生徒

国語や英語は授業前の予習が必須でした。

特に1年生の英語の予習は大変でした…。

講師

それは大変だね💦理系科目は?

男子生徒

数学、理科は授業で新単元を説明してもらい、サクシードや青チャートを自分で進めました。

僕が通っている頃は課題ではありませんでしたが、みんなテスト前までに一通り解いていました。

 

嵯峨野高校の良いところは?
講師

卒業生だからこそ知る嵯峨野高校の良いところは?

男子生徒

先生たちは、部活も進路指導もとても親身になって助けてくれました。

進路のことで相談にのってもらったこともあります。

 

嵯峨野高校ならではの受験対策は?
講師

授業はやっぱり国公立受験を意識した内容だった?

男子生徒

3年生の時は、ひたすら英作をする授業やリスニング対策の授業はありました。

理系科目に関しては、その科目を履修している生徒全員が国公立大学受験レベルで勉強をしていました。

講師

授業のレベルは高めに設定されてるんだね。普段の授業以外に受験対策はあった?

男子生徒

1年生で勉強合宿、3年生の受験期にはレベル別の講習がありました。

それ以外にも、毎年夏期講習はありました。

嵯峨野高校の雰囲気は?
講師

進学に向けてクラスはどんな雰囲気?嵯峨野では休憩中に勉強する人もいるの?

男子生徒

休憩中はめっちゃ遊んでました(笑)

ペンを持ったことがないです。

 

嵯峨野高校の文化祭や体育祭はどんな感じ?
講師

メリハリがあっていいね!

では、嵯峨野高校の勉強以外についてのことも聞いてみようかな。

嵯峨野高校って行事はどう?一番盛り上がるイベントは何だった?

男子生徒

体育祭と文化祭です。

文化祭では、ダンスやのど自慢大会など様々な催しがあって盛り上がりますよー!

先生がダンスを踊るなんてこともありました(笑)

 

嵯峨野高校を目指す中学生にひと言
講師

では、最後に嵯峨野高校を志望する中学生にひと言お願いします。

男子生徒

嵯峨野高校には、勉強も部活も頑張りたい!という人がたくさん集まってくるので、3年間ともに高め合える友達を見つけることができます!

最後まで頑張ってください。

 

インタビューを終えて
講師

嵯峨野高校の卒業生から、貴重なお話を聞かせてもらいました。

何事にも全力投球!という嵯峨野高校の雰囲気を感じることができましたね!

勉強も部活も頑張りたい、という中学生にはぴったりの学校です。

 

個人的には、嵯峨野高校の生徒さんは校内で会うと元気に挨拶をしてくれるところも好印象です。

緑が多くて落ち着いた環境もおススメポイントの一つです。

嵯峨野高校に興味を持った人は、実際に学校に足を運んでくださいね!

 

文:尾花

 

専門学科への道!シリーズ

 

こちらの記事もご覧ください

西院教室 木村先生の「生徒に聞いてみたシリーズ」

 

You-学舎太秦教室へのお問い合わせ

お問い合わせは、こちらから。

お電話でも受け付けています。