You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【海外子女】帰国生入試の面接対策、何をするべき?

 オンライン本部

帰国生入試、面接対策はどうする?

11月〜1月は中学・高校の帰国生入試のピークです。

算数や数学、国語や英語の試験がある、

または作文やエッセイがある場合は、

そちらの対策が優先で面接は後回しになりがちです。

 

でも「入試が近づいてきて、面接も気になり始めた」

という方のために、今回は帰国生入試の面接対策について。

 

 

帰国生入試の面接は重要

日本国内の生徒が受ける一般入試では、

学科試験重視で面接は参考程度という感じですが、

帰国生入試では面接も重要 です。

中学・高校の帰国生入試は、

保護者同伴の面接が多いので、

お父さんとお母さんも面接準備はしてくださいね。

 

日本の中学・高校は、

色々な国で日本とは違う経験をしてきた、

高い語学力がある帰国生を求めています。

語学力は「英検」などで証明するとして、面接では、

「海外で自分がどんな体験をしたか?」

「その体験を通じてどんな成長をしたか?」

をアピールできるようにしましょう。

 

※英検についての記事「帰国生入試には英検何級が必要?」を書きました。

ぜひチェックしてみてください。

 

帰国生入試の面接対策、何をすればいい?

では、帰国生入試の面接対策は、

どう進めればよいのでしょうか?

おススメの方法について紹介してみます。

 

まずは志望校に提出した願書の控えを見て、

志望理由書や自己推薦書に、

何を書いたか読み直しましょう。

そのために、出願書類は控えを取っておいてくださいね。

この志望理由書を見てどんな質問をされるか考えましょう。

質問リストを作ろう

志望理由や海外生活での経験・長所・将来の夢など

一般的に帰国生入試の面接で聞かれそうな質問と、

出願書類に書いた内容から、

聞かれそうな質問リストを作りましょう。

  1. 志望理由を教えてください。
  2. あなたの住んでいた国はどんなところでしたか?
  3. 日本と滞在国の違いは何ですか?
  4. ○○中学・高校で取り組みたいことは何ですか?
  5. 自己PRをしてください。
  6. 将来の夢は何ですか?

というような感じで質問リストを作ってみましょう。

質問リストの回答を作ろう

次に、1つ1つの質問に答えを書いていきましょう。

ここで注意しておきたいのは、

しっかりした原稿を作ろうとしないことです。

 

ほとんどの受験生が人生で初めての面接ですし、

入試本番は緊張するものです。

原稿を思い出しながら話すと不自然だし、

用意した言葉を忘れてしまうと、

焦って何も言えなくなってしまうかもしれません。

答えたいことを箇条書きにしましょう。

回答をチェックしてもらおう

回答作りまでできたら、

客観的に見てもらえるように

家族以外の人、できれば専門家に見てもらいましょう

自分では気づいていないことを

引き出してもらえるかもしれません。

 

私も面接対策で生徒と色々話しているうちに

「えーっ、そんなエピソードがあるのに、なぜそれをアピールしないの?」

ということがよくあります。

  • 実は学校で成績優秀者として表彰されたことがある。
  • ボランティアで小学生のアフタースクールの学習指導をした。
  • 所属しているバスケットボールチームで地区優勝した。

などはもちろんのこと、

  • 英語が話せなくて苦労したけれど、スポーツを通じて友達ができて、英語が聞けて話せるようになった。
  • 最初は英語が分からなくて現地校の授業についていくのが大変だったけれど、知らない言葉はどんどん辞書で調べて覚えていったら、成績が上がってきた。

というエピソードなんか、

帰国生なら当たり前、と思ってしまうようですが、

日本の中学・高校は、

そういう環境で努力して結果を出した帰国生を受け入れたいのです。

自信を持って語ってください。

英語の質問リストも作ろう

帰国生入試では英語の面接がある学校も多いですね。

英語でも同じように質問リストを作って、

答えを書いてみましょう。

  1. Why do you want to study here?
  2. What do you want to do in the future and why?
  3. What is the most important thing in your life?

というような感じで作ってください。

日本語と同様に箇条書きで答えを作り、

先生にみてもらいましょう

 

実際に面接の練習をしてみよう

質問リストと答えが完成したら、

実際に練習してみましょう。

 

帰国生入試でも国内の一般入試でも、

面接練習は家族でやると緊張感もなく、

揉めごとの原因になるようです。

 

できれば面接官役は先生にしてもらいましょう

日常会話で日本語を話すのと、

面接で受け答えをするのは全く違います

繰り返し練習してくださいね。

 

講師

私が面接対策をするとき、Skypeでも必ず座り方や姿勢もチェックするようにしています。

海外滞在期間が長い帰国生は、入退室から椅子の座り方や目線など、専門家からアドバイスをもらっておくと、当日安心して面接にのぞめます。

 

親子で意見を合わせておこう

帰国生入試では、中学入試・高校入試ともに、

保護者同伴の面接が多いです。

保護者も質問リストと回答を作っておきましょう

 

最後に、見落としがちですが大切なこと、

保護者と生徒で志望理由などが大きく違うことのないよう

意見を合わせておきましょう。

 

講師

帰国生入試対策のために、面接のプロに見てもらいたい方は、ぜひYou-学舎の「オンライン個別指導」にお問い合わせください。

指導実績多数なので安心です。

 

文/並松