You-学舎は、大阪(茨木・南茨木・千里山)、京都(西院・太秦)の個別指導・学習塾です。

【高校受験】中学校の三者面談前に準備しておくこと

 千里山教室

高校入試の三者面談の季節

もうすぐ学校の三者面談ですね!

ユウウツですか?

それはきっと、三者面談という場で、

どんな話をされるかわからないからではないでしょうか。

 

高校受験の三者面談

 

中3の12月頃に実施される三者面談は、

他のどの面談よりも内容はハッキリしています。

「家庭でどんな準備をしておけばよいか?」

を紹介していきます。

 

面談当日からさかのぼる形で書いていきますね。

【面談当日】三者面談は志望校を報告する場

友人の公立中学校国語教諭から聞いた話ですが、

「三者面談では、志望校を決めて来てくれないと困る」

のだそうです。

12月の三者面談では、

家庭での 最終的な決定を確認する場であり、

相談の場ではない ということのようです。

 

ですから、高校についての情報は、

ある程度持っていなければなりませんし、

もし先生に相談をしたいのであれば、

三者面談より前にしておく必要があります。

 

【面談前日】質問したいことをまとめておく

調べれば分かることはきちんと調べたうえで、

担任の先生に確認しておきたいことや

質問したいことをまとめておいてください。

たとえば…

  • 内申を上げるためにすべき努力は何か?
  • 次のテストで何点とるのを目標にすれば良いか?
  • どの教科に力を入れるべきか?

 

【面談直前】併願か専願か、第2志望校まで考えておく

大阪府の場合、併願専願かは大きな分かれ道です。

この 三者面談が終わってしまった後で、

「やっぱり併願にする」ということは不可能に近い ので、

どちらにするのかきちんと話し合っておきましょう。

また、第2志望校(コース)まで用意しておくのも忘れずに。

 

 

【面談直前】子どもの成績をまとめておく

当日、先生は進路指導用の成績資料を見ながら話を進めます。

その資料は見せてもらえないこともあります。

家にある中1からの成績表や点数表には目を通しておき、

当日も持参しておくと安心かもしれません。

 

模試や英検などを受けていても、

先生は把握していませんので、

その成績資料や結果も持って行っておくと良いです。

コピーをとってお渡ししておけば確実ですね。

 

【面談数か月前〜直前】入試説明会などに参加しておく

ある程度候補が絞れてきたら、

実際に高校まで足を運んでください。

志望度が高いのであれば、何回行っても構いません。

説明会後に、高校の先生との個別相談ができる場合があります。

せっかくなので、現在の成績(内申や模試の偏差値)を伝えて、

合格まであとどの程度必要か聞いてみるといいです。

 

三者面談のポイント

受験は本人と家庭が責任を持ってするもの

昔は、先生がいろいろと提案してくれることもありましたが、

現在は「受験は本人と家庭が責任を持ってするもの」が基本です。

ですから、面談の場では受け身にならないように、

「何を伝えるか?」「何を聞くか?」、整理しておこう!

事前に家族でよく話し合おう

受験は家族の問題です。

事前に家族でよく話し合ってください。

当日に親子で意見が食い違い、

先生の前で大ゲンカしてしまった、

ということにならないように!

納得いかなかれば保留する

中学校は、

「確実に受かる高校なら『OK』、それ以外なら一つ下げさせる」

という方針です。

あと1〜2か月ののびしろを加味してではなく、

現時点での実力で判断されがちです。

三者面談がもし納得がいかない話になるようであれば、

その場で結論を急がず、

「もう一度家で話し合います」と言って保留にしておきましょう。

 

講師

You-学舎では、地域密着で長年培ったノウハウをもとに、学校の三者面談の前に必ずカウンセリングを行うようにしています。

じっくり時間をかけて相談できるので、まだ志望校を決められていなくても大丈夫です。

 

この記事は てらおか が書きました。